FC2ブログ









2019年 洞爺湖の旅

足元にはウッドチップが敷かれ、フカフカです。










DSC_1046.jpg
セミの声や野鳥の声を聞きながら進む道、気持ちいい。










DSC_1043.jpg
運がよければ鹿に会えるそうですが、運が悪かったもよう。










DSC_1054.jpg
散策路脇に「風穴群」の案内板。










DSC_1053.jpg
積み重なった石の隙間の穴に手をかざすと、冷たい風が吹き出ているのがわかります。










入山してから30分以上が過ぎた頃。










DSC_1047.jpg
見えてきた。










DSC_1049.jpg
「大平原」と呼ばれるここからは羊蹄山を見ることができます。
ここが洞爺湖の真ん中だなんて不思議な感覚。
音もなく静寂に包まれる平原。
ここで折り返し下山します。










DSC_1051.jpg
「ミィーンミンミンミン・・・」というセミらしい当たり前か、セミくさい。何と表現すればよいか
ザ・セミ!って声余計分からんを聞きながらのんびり下ります。










DSC_1056.jpg
無事、船着場に到着。
正面の頂上茶色が昭和新山、右手奥が有珠山。
出発の時間まで休憩しようと思っていたら。










DSC_1058.jpg
首を突っ込むヒト、水浴びするヒト発見。










DSC_1059.jpg
「見たな・・・」
種は違うけれど、とってもいい感じのふたり。










DSC_1064.jpg
水浴び、もう一回。










DSC_1067.jpg
かなり激しい系。










DSC_1065.jpg
あ・・・足が。










DSC_1071.jpg
船が来たので帰ります。










帰りの船は。










DSC_1085.jpg
ど派手なお城バージョン。










DSC_1089.jpg
湖畔から羊蹄山。









関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/09/12 23:59 ] | TB(0) | CM(2)

中の島って、こんなふうになっているんですね
森林浴散歩にいいですね。船の時間を気にしなくていいならもっといいのに(^^)/
[ 2019/09/13 08:43 ] [ 編集 ]

keiさん

初心者の私には丁度いい登山でした♪
いい汗かきましたよ〜。
天気も良かったので暑かったけど木漏れ日が気持ち良かったです。
思っていたより奥深く、帰り道は生い茂った草の中を通ってきました。

万が一、置き去りになることのないよう
入山ノートには下山時刻と携帯番号記入欄がありました。
[ 2019/09/14 23:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://200748aoko.blog82.fc2.com/tb.php/2581-58047203