FC2ブログ









命懸けのお付き合い

今年の夏、推定18歳で初の出産をしたどす美。
母性というのは母を強くし、そして優しく穏やかにさせるものなのだろうか。










あのどす美が、いつもオラオラでケージ越しにしか触らせなかった我が家で最強のどす美が。
それすら気に入らない時にはガンガン体当たりしてくる、あのどす美が。










IMG_3312.jpg
嘴が自由自在に、どこへでも届いてしまう大変危険な距離で掻かせてる。
こ・・・こわい。










彼女が来て間もない頃、誤って床に落ちてしまい助けようと手を出すと、一目散に手をめがけて走ってきたどす美。
そうかそうか。
普段はオラオラでも、困った時にはさすがに助けを求めてくるものなんだ、と。
これから手に乗るであろうどす美に優しく語りかけ。
甘かった。
あと一歩で手に乗るという瞬間、激痛とともにはっと我に返る。
そこには、親指と人差し指の股に食いつき離れないどす美が。
どうやっても離れない、手を持ち上げて振り払っても離れない。
あの時の恐怖が脳裏をよぎる。
とはいえ、今の彼女の想いを無にするのも申し訳ない。










IMG_3313.jpg
こちら側としては、史上最高の集中力で掻かせていただく次第でございます。










そんな訳で現在、命がけでの付き合いをさせて頂いております。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/10/02 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

間違いなく

maruさんとどすちゃんの間に間違いない絆ができてきていますね♪
どすチャンもキッコチャンも昔より明らかにお顔が優しくなってますものね!
[ 2018/10/04 22:14 ] [ 編集 ]

お迎えした頃のあお坊を思い出します。
この種類の鳥は付き合い方によって、いつかは手乗りになりますという言葉を信じ、たまに痛い目に遭いつつ過ごした日々。
懐かしい。
maruさん、たいへんよくできました💮
[ 2018/10/05 15:21 ] [ 編集 ]

kozuさん

なんたって、タマゴの父親だから♪(笑
我が家は一夫多妻制。
誰か、maru夫のことを好きになってください・・・。
[ 2018/10/05 23:34 ] [ 編集 ]

ぽぴちょこさん

アオ子さんも、そうだったな〜。
その分、距離が近づいた時の喜びは大きいです♪
あの頃より傷の治りは悪くなってるし、跡もなかなか消えないけれど(笑
[ 2018/10/05 23:44 ] [ 編集 ]

もう少し!ですね。

噛まれたときの恐怖、わかります。
大ちゃんも結構痛いし
一度は一針縫ったこともありました。
噛まれた後の接し方、ちょっと引いちゃいますよね。
噛むには理由があると言いますが
理由もなく突然キレることもあるような気がします。

でも、掻かせてくれるって凄い進歩ですね。
信頼関係ができつつあるのではないでしょうか
もう少しですね、頑張ってください!。
[ 2018/10/11 20:22 ] [ 編集 ]

ミッチさん

トリの嘴、凶器にもなりますね( ̄▽ ̄)
あれでも加減しているのだろうけど
どす美がぶら下がった時には命の危機さえ感じました(笑

それが、まさか無防備な状態で掻かせる時が来るとは。
ボウシインコは慣れると扱いやすいと言いますが
アオ子さんの時に続き、本当だと実感しております♪
[ 2018/10/12 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://200748aoko.blog82.fc2.com/tb.php/2460-31d2f69f