バレていた「その日」

先月中旬頃のこと。
maru夫より「◯月◯日と◯日は休みを取ってほしい」「オレも休み取るから」と言われました。
まず、その時点で普通ではないことに気づきます。
日付限定で休んでほしいなどということは、もちろん今まで一度もありません。
maru夫も用事がない限り土日は仕事なので、よほどのことだと想像できます。
何の用事かとしつこく問いつめても口を割りません。
普段はうっかり口を滑らせるのに、頑としてバラしません。
しかし、動物的勘かな。
何となく気づいてしまったのです。

サプライズの日までの間「その日は何時に出発するのか」とか「カメラは持って行った方がいいのか」とか。
何を計画しているのかは99%分かっていたのですがチクチク攻撃してみると、一見平気そうな顔をしつつ若干目が泳いでいるmaru夫。
嘘の答えを出すのも大変だったことでしょう。

「その日」は土曜か、もしくは金曜の夜のはずです。
maruの勘が当たっていれば。
いよいよ金曜日、仕事を終えると「帰りが遅くなるので先に飯食っててください」と、maru夫から連絡が入っており「その日」は100%今夜だ!と確信いたしました。
「その日」が金曜の夜ということはmaru夫が戻るのは23時半頃、といったところでしょう。
もちろん気づいていないことになっているので、このワクワクする気持ちをどうしよう・・・と、もっくんに伝え一緒に分かち合いました。
サプライズだから知らないはずなのに、喜びを隠しきれないmaru。
そして23時過ぎ頃、玄関ドアの開く音。
きた!
特に声は聞こえません。
だろうな、気付かれないようにしているはずだから。
こちらも知らないフリをしなければならないので、不自然に新聞を読むフリなどしながらじっと待ちます。
間もなく。










「ただいま!」と入ってきたのは若いヒト。
驚く(フリをする)maruと、喜びを全身で表現するもっち。
無事、計画が成功してよかった。
夜のニュースで、まさに若いヒトが乗るであろう時間帯に京急が架線トラブルで運休中と聞いていたので最悪の事態も想像していました。
飛行機は20:30。
職場から空港まではJRと電車を乗り継ぎ30〜40分で着くので、仕事を終え余裕で19:00にJRに乗ったとのこと。
ところが、JRを下車し空港行きの京急に乗り換えようとしたところ、電車のドアは全開のまま止まっていたと。
「運休しています」のアナウンスに「終わった・・・」と思ったそう。
慌てて駅員さんに聞いたところモノレールに乗れば空港へ行けるとのことで、今まさに乗ってきたJRで乗車駅まで戻りモノレールに乗ったそうです。
時刻はすでに19:40。
今までの人生でいちばん焦ったようです。
その時のmaru夫との切羽詰まったやりとりを聞いて大爆笑。
ギリギリセーフで無事に乗ることができた若いヒト。
持っているオトコです。
小さい頃から、トラブル時に運の強い子です。

思わぬ最高の土産話と、仕事の話もたくさん聞きました。
たった一ヶ月半ほどしか経っていないのに、随分大人になっていて驚きました。
鼻水垂らした黒いヒト使いだった子が、しっかり社会人している様子に喜びと安心と。

短い滞在でしたが札幌の友人にも会い、お互いの近況報告などをしたそうです。

そして、モッコモコに膨らんで喜びを表したのはもっち。
乙女のような瞳で若いヒトの手に乗ります。










IMG_1156.jpg
若いヒトの膝に乗り得意気なもっち。










滞在期間は僅かでしたが、楽しい週末でした。
帰りはmaruが空港まで。










IMG_1157.jpg
検査場前で別れ、maruは展望フロアへ移動。










IMG_1173.jpg
飛行機が点になり、さらに点になり・・・必死で見ようとすると意外と見えるものです。
一瞬、視力が5.0くらいになったはず。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/15 23:28 ] その他 | TB(0) | CM(10)

素敵

maru夫さんと若い人さんの素敵な企みですね♪
そんなサプライズならいつでも大歓迎ですよねー
モッくんも嬉しそうでよかった♡
[ 2017/05/16 09:07 ] [ 編集 ]

帰省してたんですね、若い人
もっち君もうれしそう~

こうして、だんだんお別れするのに慣れていくんですね(^^)/
[ 2017/05/16 15:46 ] [ 編集 ]

maru夫さんと若いヒトの素敵なサプライズでしたね!

勘がが働いてしまいましたか。(笑)
でも、勘が当たって良かったです!

もっちくんも久しぶりに会えて嬉しかったでしょうね。
あっ、実はもっちくんも勘が当たった!と思ったりして。(笑)

素敵な週末を過ごすことができましたね。(^^♪
[ 2017/05/16 20:10 ] [ 編集 ]

素敵なほっこりなお話でした。

おはようございます。

maruさん、久しぶりの息子さんとの再会はいかがでしたか?
そしてご主人様の素敵な演出、最高です。
もっち君もうれしかったことでしょうね。
息子さんにはまた会うたびに一回り一回り大きくなっていくのでしょうね。
素敵なご家族です!
[ 2017/05/17 07:54 ] [ 編集 ]

maru夫さんと若い人素敵!
もっち君もうれしそう。
maruさん、もっち君以上にもっこもこになって喜んだことでしょう。

私も今年から末っ子を寮に入れて、
2週間に一度の帰宅日が待ち遠しい。
先週末は我が家でも、長女が帰ってきましたよ。

子どもの一人立ちって、
母親にとって体の一部が離れたような気分ですもの。
子どもが立派になるのはうれしいことですけど。

ちなみに、あお坊は長女を見て、
「げっげっげぇぇぇぇl!!!」って表情でしたよ。
[ 2017/05/18 15:43 ] [ 編集 ]

kozuさん

バレバレのサプライズ。
maru夫の脇が甘いのか、私の勘が鋭いのか。

なーんかさ、随分大人になっていたよ♪
私だけが何も成長してなくって、老いるのみ(笑

もっちの喜びようは半端なかったけど、ボウシ達は「シーン」。
[ 2017/05/19 00:04 ] [ 編集 ]

keiさん

隠し事をするのが下手すぎるmaru夫です(笑

再会時のもっちの顔、それはそれは嬉しそうで
顔だけではなく全身で喜びを表現してました♪

keiさんの言う通り
さよならすることに慣れていくものなんですね〜。
[ 2017/05/19 00:11 ] [ 編集 ]

あきらさん

雨にも当たりますが勘も当たるヘンタイです(笑
でも、予想が外れていたら相当落ち込んだだろうな・・・。

もっちとは「あと◯日寝たら帰ってくるね」と
こっそり喋ってました♪
喜ぶもっちと静まり返るボウシ達、対照的でした〜。
[ 2017/05/19 00:15 ] [ 編集 ]

ミッチさん

完璧なサプライズではなかったですね(笑

たった一ヶ月半なのに、随分大人になっていて驚きました。
家から出すのは親として寂しいし心配ですが
本人のためにはなりますね♪
きちんと生活していて安心しましたよ〜。
[ 2017/05/19 00:21 ] [ 編集 ]

ぽぴちょこさん

あはは、私も負けずにモッコモコですよ(笑

一人でちゃんと生活できているのは嬉しい反面、寂しくもあります、正直。
こうして親離れ子離れしていくのですね。

喜ぶもっちとは対照的にボウシ達はシーンとしてて
アオ子さんは息子を見た瞬間、固まってました〜。
[ 2017/05/19 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://200748aoko.blog82.fc2.com/tb.php/2301-86e04923