ただいま

若いヒトの引越しが終わり、一人で帰ってきました。
あっという間に終わってしまったY浜の旅。
最終日の札幌は雪だと連絡があったので欠航を祈っていましたが、残念ながら予定通り飛んでしまいました。
旅の画像など、詳細は後ほど。

トリ達は変わらず元気です。
リビングのドアを開けた瞬間、ミドリ組大興奮&大騒ぎ、もっちの弾丸トーク炸裂。
家に着いたのは夜遅くでしたが、久しぶりの再会なのでお相手をさせていただきました。

行きはY浜に雨を持ち込み、帰りは札幌に雪を持ち帰るといういつも通りの天候トラブルに見舞われましたが、引越し作業はトラブルもなく無事終了し、初めて一人暮らしをする彼にとって快適な場となりました。

最終日は若いヒトと1日観光し、帰りは一人で空港に行くから見送らなくていいと言ったのですがそれは彼が納得いかないらしく却下され、羽田まで一緒に。
羽田に着いたのは離陸の1時間ほど前でしたが、最後に空港内で一緒に食事をしギリギリで保安検査場へ向かいました。
15分前、間もなく呼び出しが掛かるところです。

荷物を台に置き、スマホの画面をかざしながら何度も振り返ります。
若いヒトが見ています。
2〜3歩進むごとに振り返りますがやはり見ています。
この時点で、もう無理です。
荷物を受け取り彼のほうを向き、大きく手を振ります。
若いヒトも手を振りながらゆっくり歩き始めます。
姿が見えなくなるまで手を振り、とうとう見えなくなってしまいました。
もう、涙が止まりません。
悲しいことではないのに、若いヒトの輝かしい未来が待っているのに。
マジ喧嘩もたくさんしたし、頭にくることもたくさんあったけど、大切な若いヒト。
やっぱり寂しい。

時間だったのですぐに機内に乗り込みますが、滝のように流れ出る涙を止めることができませんでした。
着席してからスマホの通信を切ろうと画面を見ると若いヒトからのLINE。
若いヒトに贈った一言メッセージのお礼と、今まで育ててくれてありがとう、と。
しかし、maruが寂しがらないようにと思ったのか、これからも世話になるから!とも。
こんなの反則です。
心配するだろうと、今まで若いヒトの前では堪えていたものが一気に崩れます。
今にも漏れてしまいそうな嗚咽を口に強く当てたタオルで塞ぎ、体を震わせながら泣き続けました。
いつもは楽しい気持ちで乗る大好きな飛行機が、こんなに寂しくて辛いものになるとは。










DSC_7490.jpg
一緒に見たY浜の桜。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/25 17:34 ] その他 | TB(0) | CM(14)

maruさんのお気持ち、お察しします。

お帰りなさい!
色々と大変でしたね。
ほんとお疲れ様です。
お母さんってとても大変ですね。
結婚もしていない私には想像できないようなご苦労が
沢山おありなのでしょうね。
母強し!でしょうか。

家族が減ってしばらくはきっとお寂しいでしょうね。
でも、maruさんにはまだ四人のお子さん達がいらっしゃいますから
きっとみんなが寂しさを埋めてくれることと思います。
勿論ご主人様もいらっしゃいますしね。

どうぞお疲れが出ませんように!

[ 2017/03/25 21:38 ] [ 編集 ]

切なき春、だね~(;_:)

ホントにホントに、お疲れさまでした~~~!

昨年大ヒットした某アニメ映画「What’s your name。」(←日本語読みでw)では
一滴の涙も出なかったのだケド
この記事読んでボロ泣きしますた(´;ω;`)
母の愛、海より深し空より広し。

札幌はダメ押し的ななごり雪も降ったりで寒暖の差が激しいから
お心さびしき今は特に風邪ひかないように気を付けてくださいまし~~m(__)m
[ 2017/03/26 05:57 ] [ 編集 ]

お帰りなさい!

読んでいて、、もらい泣きしてます。(;_:)
お疲れさまでした。

それにしても、、息子さん
お母さんの寂しさ気遣って、いい息子さんですね~~~
[ 2017/03/26 08:32 ] [ 編集 ]

お帰りなさい!

帰りの飛行機では予想通りの事態でしたか。
迷子とどっちだろう?と考えてしまいましたが(笑)
母も子もいいですね。ジーンときました!

トリ達もみんな元気で良かったです。(^^♪
緑組は大興奮でしたか。(笑)
みんなmaruさんの帰りを待ちわびていたことでしょう。
[ 2017/03/26 16:55 ] [ 編集 ]

やっぱり泣きましたか。
記事読みながら、私も鳴いてしまいした、
高速を泣きながら走って、、
SAで号泣したのを思い出して・・・。

4/7うちの末っ子が寮に入ります。
月に2度は家に帰るし、夏休み冬休みあるから、
寂しい別れではないですけど、
子どもって巣立って当たり前なんでしょうか。

人間って鳥と違って巣立った後、
次の子が産まれるわけじゃないから寂しいですよね。

maruさんに、ABBAのSlipping through my fingersって曲を送ります。

もう一度泣いてください。
[ 2017/03/26 23:51 ] [ 編集 ]

お帰りなさい

お疲れ様でした。
きっとmaruさんの気持ちは痛い程、わかっていらっしゃる若い人ですね。
でもきっと次に会う時には一周りも二周りも大きくなってますよ。
それを楽しみに、maruさんはこちらで私たちとワイワイ楽しく過ごしましょ。
[ 2017/03/26 23:54 ] [ 編集 ]

これからですよ!

私が大学に進学した時、母は私のアパートに1週間一緒にいてくれました。
近くの湖に行った事を思い出しました。
母が帰った後、とても心細かった事を思い出します。

そんな母も今では、「孫は可愛いけど、私は自分のやりたい事がいっぱいあって忙しい」だそうです(笑)
社交ダンスの教室に週三回、ピアノの独学、脳トレetc.……
最初の数年は寂しいと思いますが、これからがmaruさんの為の時間ですね。
[ 2017/03/27 23:40 ] [ 編集 ]

ミッチさん

今月に入ってからというもの、本当にあっという間に時間が過ぎて行きました。
何度も就職祝いをしたりして(笑

手のかかった子供の頃は早く大人になればいいのに
なんて思っていましたが
今となっては時間が戻ればいいのにな、なんて。

まだまだ寂しい気持ちは引きずりそうですが
きっと時間が解決してくれますよね(⌒▽⌒)
賑やかな鳥達の存在がありがたいです。
[ 2017/03/27 23:51 ] [ 編集 ]

KIKUさん

千歳におりた時はもう、ボロ雑巾のよう。
しかも吹雪・・・。
雨女って本当にいるんだな〜と実感いたしました!

まだまだ寂しい気持ちは続くと思いますが
鳥達がいること、仕事があることに感謝ですね。
あれ、ここにmaru夫が出てこないのはなぜだろう(笑

KIKUさんが泣けなかったあの映画、シンガポール行きの機内で観ようと思いましたが
開始後3分で爆睡しちゃいました〜。

[ 2017/03/28 00:02 ] [ 編集 ]

keiさん

寂しいですね。
みんなこうして子離れ親離れするんですよね。
keiさんが言っていたさだまさしの曲、今聴いたら間違いなく号泣です。

親の心配はよそに本人は楽しくやっているようですよ〜。
同じ大学で同じ会社に入社する友人と
一緒に夕食作って食べている画像が送られてきました。
楽しそうでよかった。

さて、次はいつ横浜に行こうかと考え中です(笑
[ 2017/03/28 00:15 ] [ 編集 ]

あきらさん

いや本当に、嵐を呼ぶヘンタイでしたね(笑
もしかして、あきらさんの鼻()も私が呼び寄せたのかも。
千歳に着いたら吹雪で冬に逆戻り、驚きました。

意外に電車も一度乗ってみたら簡単ですねー。
頭上に案内板があるし。
次に行った時は行動範囲も広がるはず!と信じております。

リビングのドアを開けた瞬間、疲れ切った体と心に鳥達の雄叫びが沁みました。
彼女達の存在は大きいですね。
[ 2017/03/28 00:23 ] [ 編集 ]

ぽぴちょこさん

ぽぴちょこさんが娘さんを送った帰りに号泣したこと
以前聞いた時にもらい泣きしてしまったのですが
自分がこの立場になった時、同じ状況になってしまいました。
どうにもこうにも涙が止まらないんですよね、号泣です。

寂しい気持ちはしばらく続くと思いますが
次はいつ横浜に行こうかと考えると楽しみです。

末っ子くん、自分のやりたい事が見つかって本当によかった!
応援してますよ〜。
[ 2017/03/28 00:35 ] [ 編集 ]

kozuさん

帰ってきた日、吹雪いていて驚きましたよー。
行った日は横浜が雨だったし・・・どこまで雨女なんだろう。

同じ大学から同じ会社に入社する友人がいるので、親としては安心なところです。
彼が唯一心配しているのはmaru夫と仲良くできるか、ということ(笑

でも、今は便利だね〜。
なんでも画像ですぐに送る(送られる)ことができるから。
今日は初炊飯とか言って、夕食画像を送ってくれました〜。
一人暮らしを満喫している様子。


[ 2017/03/28 00:50 ] [ 編集 ]

るなさん

初めて実家を出た時って本人は心細いし、お母様も心配だったことでしょう。
でも、みんなこうして大人になっていくんですね、親も子も。

若いヒトは今のところ楽しくやっているようです。
友人とご飯作ったりして画像も送ってくれました。
それを見てちょっと安心!
私は一人暮らしの経験なく結婚してしまったので、羨ましいな〜って思います。

今回はあまり時間がなかったけれど、次に行く時には
ゆっくり観光したいと思ってます。
[ 2017/03/28 00:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://200748aoko.blog82.fc2.com/tb.php/2281-81d11390