新品の輝き

今年始めまで換羽だったクー。
行き届いたツクツクほぐしサービスを提供できなかったため、許可された部分以外はツクツクだらけだったクー。
その後は鞘から出た羽が櫛状に束になっていましたが、水を浴びてすっかり綺麗にふわふわになりました。







水浴びした日のクー。







IMG_0478.jpg
光沢仕上げ。
彼女は大量の脂粉を放出するので、表面がうっすら白くなってしまいます。







IMG_0479.jpg
近すぎ。







IMG_0484.jpg
彼女もたくさん脂粉が出ますが背中が白くなることはなく、いつも光ってます。
ん?
同じだけ脂粉が出るのにキーの背中は光ったまま、クーの背中はうっすら白くなる。
その違いは何だろう。
キーはどこでもお触りできるがクーは頭周辺しか触らせてくれない。
お触りで表面の脂粉が落ちているのかな?

彼女達が来て驚いたことは、ボウシインコって脂粉が出るんだ!ってこと。
アオ子さんは出ません。






関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/24 19:25 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

ボウシインコでも脂粉が多い子がいるのにビックリ
ですよね。違いは何なのでしょうね。

やっぱりキーちゃんとクーちゃんをお迎えしてからは
空気清浄機やエアコンのフィルターの汚れ具合は
酷くなりましたか?

[ 2017/01/25 21:07 ] [ 編集 ]

あきらさん

ボウシインコって脂粉の出ない鳥だと思っていたので(勝手に)
ケージが白くなっているのを見た時には驚きました。
ヨウム並みに白くなるんですから。

エアコンは夏の少しの間しか使わないからかな?
汚れ具合に変化は感じられなかったです。
ダイキンは2台ともに真っ白です(笑
[ 2017/01/27 11:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://200748aoko.blog82.fc2.com/tb.php/2256-9781b009