100倍濃縮

もっちの羽が抜けていました。





1598m.jpg
この羽。
小さくてかわいいエビなのですが、かなり危険です。
軸の部分がうっすら白くなっているのがお分かりいただけるでしょうか。
そう。
べっとりギトギトの脂粉がこびりついています。
ええもちろん、分かっているんです。
これを嗅ぐとどうなるか、よーく分かっているんです。
それなのに。
嗅いでしまうのは鳥飼いの性。
くーーーっ!
臭ーーーーーっ!!





1599m.jpg
臭い小エビは○印部分の小さな赤い羽。
この小エビのすぐ上に尾脂腺があるため脂に汚染されているのか、かなり濃厚な臭いを放っております。
彼の尾脂腺、個人的な印象としてはイソギンチャクのようなカワイイ形。
そこを軽く触れると濃厚なもっち脂が確認でき、かなり臭いです。
濃度の濃い脂が酸化したような。
そんな場所の近隣に位置する小エビは臭いに決まっています。
もっちの匂いはほのかないい香りなのですが、これは訳が違います。
脂が100倍濃縮されたような臭い。
アオ子さんの 悪臭 鼻臭とはまったく別物の臭さです。






関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/07 20:29 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://200748aoko.blog82.fc2.com/tb.php/1958-243a595f