FC2ブログ









オレの晩酌

お盆休み、帰省していた若いヒトに「一杯」の楽しみを教わってしまったもっち。










DSC_0851.jpg
「赤いブドウが美味いです」










DSC_0856.jpg
残り少なくなったら傾けて。










DSC_0857.jpg
「顎が疲れたので置きました」









関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/08/29 23:34 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

誘われている

ジムもどきに乗るどす美。
じっとこちらを見ている。










DSC_0706.jpg
熱い視線。「オレ達のタマゴを産みたい・・・」










DSC_0707.jpg
昨年は初めての出産を経験してしまいましたが、どうやら今年は出て来なそうです。










DSC_0709.jpg
「タマゴ産みてぇぇぇ!」










※勝手な想像です




関連記事
[ 2019/08/28 23:57 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

北海道マラソン2019

2019年8月25日。
毎年恒例、今年も地元の北海道マラソンに参加のmaru夫。
2019年は京都、東京、千歳に続き4度目の出場。










DSC_0858.jpg
応援隊のmaruは今年もこちらから。










DSC_0860.jpg
この先がコースになっており熱い声援が聞こえてきます。
ここは40㎞地点。










DSC_0862.jpg
がんばれー。










DSC_0865.jpg
アンパンマンがんばれー。
今年は例年になく気温が低く、風も冷たい。
雨が降ったり止んだりの変わりやすい天気の中、ほぼ予定のタイムで進んでいるmaru夫。
時刻は13時半。










DSC_0867.jpg
見えてきた。










DSC_0876.jpg
「マルヲ満面の笑み」を公開できないのが残念です。
足がつりそうと言いながらもmaru夫45歳、決してマラソン体型ではありませんが元気そうです。










DSC_0880.jpg
ここまで来たら大丈夫でしょう。
残り2㎞、がんばれ。










その後13:50に40㎞関門は閉鎖され、惜しくも通過できなかったランナーに沿道のみんながお疲れ様の拍手を贈ります。










DSC_0883.jpg
終了です。
みなさまお疲れ様でした。










maruは任務を果たしたので次の目的へ。
ここに来るもうひとつの楽しみ。










今年も黒いヒト。










DSC_0897.jpg
嘴の脇がまだ赤い今年生まれの子。










DSC_0901.jpg
頭とお腹がふっかふかで目もまだまだ幼い。










DSC_0912.jpg
今日は賑やかだったね。
みんな無事に大人になるんだよー。










完走メダルとの記念撮影はもっちに任命しましたが、ぶっ飛んでしまったのでアオ子さんに交代。










DSC_0922.jpg
maru夫、無事完走。
2019年残すは10月の別海(北海道)と11月の神戸。
11月はもちろんmaruもお供します。









関連記事
[ 2019/08/25 23:59 ] 行事 | TB(0) | CM(2)

若いヒト 帰る

若いヒトが帰る日。
台風が北上し、夕方から北海道は大荒れに・・・という日でした。
朝からJRは運休しているし飛行機も欠航になりそうな予報でしたが、やはり幼い頃から運の強いヒト。
条件もつかずに普通に元気よく飛んでくれました。










この日も飛行機が見えなくなるまで見送ろうと展望フロアに移動。
彼が乗った羽田行きの搭乗口9には。










IMG_4246.jpg
『HELLO 2020 JET』
羽田で見たことはあるけれど、搭乗したことはない。
天候といい特別塗装機といい若いヒト、やはり強運の持ち主。
よだれが出るほど羨ましい。
「中からは見えないでしょ」などと言う方もいますが、そういうことではない。ヘッドレストカバーその他は特別仕様です
数少ない特別塗装機に運良く乗れるということに意味があるのです。










強運の持ち主とは反対に。










IMG_4260.jpg
ひとりだけ虫に刺された運のないヒト。
虫刺されとは気付かずに掻いてしまった。
あっという間に赤が広がり表面はカチンコチン。
痒い、痒すぎる。










首も痒かったので「あせも」かなと思っていましたら。










発赤。










IMG_4258.jpg
「ばば・・・首に変なモノついてるよ?」
日焼け止めもしっかり、肌も出さないようにしているのに黒くなるので画像では分かりづらいですが、昼間の気温が上がっている時は特に鮮やかに発色をするのでかなり恥ずかしいです。
現場は動物園との情報。
なぜ、ひとりだけ刺されるのか。










そして、若いヒトが帰った日はきっ子とどす美が家族になって5年目の日。
数日後に思い出したなんてことは、ここだけの話で









関連記事
[ 2019/08/22 00:42 ] 若いヒト | TB(0) | CM(0)

8月の旅 その3

この日、若いヒトは朝から友人と函館に出かけたのでmaruとmaru夫で近場へ出かけます。










IMG_4243.jpg
右側には羊蹄山がありますが、雲がかかっていて見えません。
蕎麦がなくなり次第終了なのですが、自分達の次に来たお客さんで終了でした。
ギリギリセーフ。










IMG_4242.jpg
ようてい庵のそばがいちばん好き。
奥様が揚げてくれる天ぷらも美味しい。
この日は野菜天ととうきび天。










で。
食後はもちろんここ。










DSC_0839.jpg
ダチョウ園。
もう、何度足を運んだことだろう。










DSC_0782.jpg
本日の餌袋は中吉。
お正月に北海道神宮で引いたおみくじより運がいい。










DSC_0803.jpg
もちろん手から直接。










DSC_0801.jpg
嘴の勢いで若干エサは飛びますが、この子は上手に食べます。










しかし、次のエサに手間取ると。










DSC_0804.jpg
こうなります。
奥の子は待ちきれずに指を噛みまくり。
イタイイタイと喜ぶヘンタイ。










DSC_0835.jpg
「良い子のみんなは真似しちゃダメだよ」










DSC_0824.jpg
エサはここに蒔きましょう。










DSC_0827.jpg
8月の旅、おしまい。









関連記事
[ 2019/08/20 23:38 ] | TB(0) | CM(4)

8月の旅 その2

動物の次も・・・動物。
久しぶりの帯広動物園。
閉園間近に滑り込んだので空いてます。










DSC_0770.jpg
美しいのだけど、どうしても釘付けになってしまうのが目。
なぜなら、ヨウム並みの点目だから。










DSC_0764.jpg
閉園までのわずかな時間をほぼ、ワシタカ舎前で過ごしました。










DSC_0765.jpg
ここの猛禽達はみな保護された鳥ばかり。
事故で翼を骨折するなどして治療を受けましたが、自然には戻れないそうです。
人間には便利な世の中になっているけれど、動物達には本来必要のない危険が増えている。










DSC_0760.jpg
ヒロコさんと(一方的に)お話ししているとずっとこちらを見ています。
そして、maruの周りには誰もいなくなります










DSC_0776.jpg
こちらのふたり、ケンカしているのかと思いきや。










DSC_0778.jpg
種を超えた愛情のようです。









関連記事
[ 2019/08/19 23:34 ] | TB(0) | CM(0)

8月の旅 その1

若いヒトが帰省中の北海道の旅。










DSC_0723.jpg
濃い霧の中、クマに会いに。
向かっている道中、連日住宅街にお邪魔してしまったクマが駆除されたという、個人的には大変納得いかない嫌なニュースを耳にしてしまい複雑な気持ちを抱えたまま。










DSC_0757.jpg
バスに乗り門をくぐりクマの山に入山。










DSC_0728.jpg
車内からはこのようにクマを見ることができ。










DSC_0731.jpg
この時は気づきませんでしたが、ピンポイントで出会えるには理由がありました。










DSC_0735.jpg
クマのご飯を一緒にいただく黒いヒト。










DSC_0744.jpg
20分ほど乗車した後はバスを降りて遊歩道へ。
ここからクマを探していると先ほどのピンポイントの理由がわかりました。










DSC_0742.jpg
バスが来る直前に別の車両がご飯を置いている。
なるほど。










DSC_0751.jpg
20頭ほどのクマには名前がつけられており、体重性別や性格などの紹介が写真とともに展示されていました。
素人目に見分けるのは難しい。
こうして見ると強そうだなと思いますが。










DSC_0741.jpg
目がとても可愛い。










DSC_0755_20190818200323c2b.jpg
クマの山はこのように柵で仕切られており自然の山の中で暮らしています。
餌がなくてうっかり人里に下りてしまって簡単に人間に命を奪われてしまうより、ここで安全に暮らせる方がいいのかも。
なんて思ってしまう。
意見は色々でしょうけれど。
自然を奪い動物達の餌を奪っているのは人間なのに、いとも簡単に野生動物を殺めてしまう愚かな人間。
地球は人間だけのものではないのにね。
野生動物と共存できる国になってほしい。










DSC_0740.jpg
団子尻尾萌え。









関連記事
[ 2019/08/18 23:37 ] | TB(0) | CM(4)

若いヒト 帰省

毎度のことですが。










IMG_4236.jpg
maruとmaru夫はここで待ち構えます。
若いヒト、帰ってきました。
真夏日が続いていた時に帰省じゃなくてよかった。
北海道は涼しいと大変喜ばれました。
北海道人なのに相変わらずハマ男気取りです










翌日。










DSC_0718.jpg
ハダカの付き合いをしてご機嫌なもっち。










DSC_0720.jpg
風呂の後の一杯で友情を確かめ合うふたり。










若いヒトは帰省中の友人達と函館へお出かけなど、長い休みを満喫しております。
maru家のお出かけレポートはのちほど。









関連記事
[ 2019/08/15 22:09 ] 若いヒト | TB(0) | CM(0)

オトコの〜

オレです。
もうすぐ待ちに待ったお盆休み。
明日、若いヒトが帰ってくるんだって。
そこでお願い。
オトコの友情を確かめ合うために。










IMG_4157.jpg
爪の手入れを頼みます。









関連記事
[ 2019/08/10 23:39 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

真夏の放置キュウリ

うっかり収穫し忘れ巨大化してしまったキュウリ。
そんな種だらけのキュウリはアオ子さんの好物です。
放鳥中に食べていた彼女。
しばらくして見に行くと。










IMG_0913-1.jpg
アオ子さんとキュウリ。










IMG_0912.jpg
大好きな種部分だけを食べ、残りはご丁寧におもちゃの上に置いてある。
後で食べようと思ったのか。
真夏の放置キュウリ。
何でも片付ける癖も良し悪しです。









関連記事
[ 2019/08/07 23:09 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)