FC2ブログ









2019年 京都その5

寺院を拝観後は2年坂を散策。










DSC_0050.jpg
階段の両側にはたくさんのお店が並びます。










DSC_0058.jpg
美しい。










DSC_0061.jpg
擬態しているかのようなハト子さん。










DSC_0052.jpg
ひねり大福をいただきます。










DSC_0078.jpg
ハト夫さん、陽の光を浴びながらお散歩中。










DSC_0086.jpg
八坂神社。










DSC_0092.jpg
和服姿のお綺麗な娘さん達もたくさんいました。










IMG_3766.jpg
おばちゃんはガランゴロン。










あちこち見ているうちにお昼を過ぎたので。










IMG_3746.jpg
祇園の街へ移動し。










IMG_3764.jpg
こちらで昼食をいただきます。










IMG_3762.jpg
店内に入るとすぐ右側にお会計をするところ。
歴史の映画で見たような光景が広がります。










IMG_3760.jpg
履物を脱ぎ階段を上がります。










IMG_3752.jpg
お座敷での食事。










IMG_3754.jpg IMG_3755.jpg
再び湯豆腐。










IMG_3753.jpg IMG_3757.jpg
やはり湯葉も美味しいです。
食後にお抹茶とイチゴ風味のわらび餅をいただき。
あっという間の京都観光も終わり。あ、本来の目的はマラソンだった










IMG_3742.jpg
帰りのタクシーで、草履。










IMG_3767.jpg
maru夫、今までで最高の記録だそうです。
えー、4時間以上もかかってるのに?と意地悪を言うと、15000人中6500位だと言い返してきました。










DSC_9992.jpg
「2時間台になったら褒めてあげるよ!」
それはプロレベルにつき絶対に無理です










2019年京都の旅、おしまい。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/02/28 00:07 ] | TB(0) | CM(4)

2019年 京都その4

マラソン翌日は観光に出かけます。
清水は午前中早めに行くと空いているとお聞きしたので9時頃に到着。










DSC_0014.jpg
空いてます。










DSC_0015.jpg
仁王門。
清水寺に着いた頃には少しずつ観光客が増えてきました。
某国のツアーの方々が多いです。










DSC_0029.jpg
改修工事中の清水寺。
現在は檜皮屋根の葺き替え工事をしているそうです。
50年に1度しか見られない工事中の清水寺を拝観させていただくのも貴重な経験かと。










DSC_0026.jpg
下の様子。










DSC_0032.jpg
全体はこんな感じ。










DSC_0035.jpg
正面から。










DSC_0040.jpg
下から。
丸太が使われている足場の美しさと迫力に圧倒されてしまいます。









DSC_0043.jpg
伝統技術が受け継がれているのですね。










DSC_0038.jpg
願いが叶うとされている音羽の滝。
奥にはひしゃくが並べられています。










DSC_0039.jpg
ハイテク時代ゆえ。










DSC_0046.jpg
三重塔。










DSC_0064.jpg
東山の霊山観音。
入り口でいただいたビッグなお線香を。










DSC_0066.jpg
土香炉へ。










DSC_0067.jpg
こちらの階段を上り観音様の中を体内巡り。










DSC_0068.jpg
十二支の守り本尊が安置されています。
maruともっくんは子年、十手観音菩薩。
穏やかなお顔です。










DSC_0069.jpg
酉年のアオ子さんは不動明王。
険しいお顔をされています。
きっ子とどす美の生まれ年は分からず










DSC_0063.jpg
八坂の塔。










DSC_0073.jpg
梅の花が綺麗でした。








関連記事
[ 2019/02/26 21:24 ] | TB(0) | CM(0)

2019年 京都その3

無事完走し、少々体を休め夕食へ出かけます。










DSC_9996.jpg
完走祝いの席は鴨川のほとりにあるお店です。










DSC_9997.jpg
鴨川の鴨。










DSC_0007.jpg
夕食まではまだ時間があるので散策しながらみたらし団子を。
温まります。










DSC_0002.jpg
祇園の街も日が暮れて、そろそろ夕食の時間。










DSC_0013.jpg
予約を入れておりました、こちらでの夕食です。










IMG_3723.jpg
箸置きが鳥。










IMG_3725.jpg IMG_3728.jpg
前菜とお造り。










IMG_3726.jpg
お豆腐を温めてます。










IMG_3729.jpg
おぼろ湯豆腐と生麩。ほうれん草も入ってます










IMG_3731.jpg
生麩と焼き湯葉の豆乳仕立て。










IMG_3732.jpg IMG_3733.jpg
鮟肝のクリーム掛けと小蕪の焼き物。
海老芋と道明寺粉の湯葉包み。










IMG_3734.jpg IMG_3739.jpg
唐墨豆腐挟み揚げ。
公魚南蛮漬けと湯葉の酢の物。










IMG_3740.jpg IMG_3741.jpg
京揚げと聖護院大根の炊き込みご飯。
伊予柑と豆乳のシャーベット。










DSC_0010.jpg
水が綺麗な京都。
お豆腐も湯葉もとても美味しかった。
大満足です。









関連記事
[ 2019/02/23 23:37 ] | TB(0) | CM(2)

2019年 京都その2

京都マラソン当日。
の前に。
昨夜の地震、揺れの大きかった地域では一部断水などが続いているようですが、命に関わるような大きな被害がなくほっとしているところです。
地震発生後は地下鉄が全線運休となり(翌日朝には開通)タクシー乗り場には長い列ができていたようですが、帰宅が困難な方のために地下歩行空間を解放したりと対応をされていたようです。
お仕事柄、対応に追われている方々もたくさんいらっしゃると思います。
どうかお体お大事になさってください。
我が家の地域の震度は4とされていましたが、昨年のような大きな揺れを感じることはなく物が倒れたりなどの被害もなしです。
しかし、羽の被害に遭われた方がひとり。










IMG_3771.jpg
「派手に暴れちまいました」
幸いにも被害は1本だけ。
昨年は数えきれぬ余震のため揺れにも慣れてしまい暴れなくなっていたのですが、久しぶりの揺れに驚いたのか。
それとも直前の地震警報の音に驚いたのか。それもアリなような気がする
ミドリ色の3羽は暴れることもなく平気です。
ボウシインコ強し。










旅の続きです。
マラソン大会当日。
maru夫は早めの朝食を済ませ出かけて行きました。










IMG_3717.jpg
おひとりさまで遅めの朝食。
湯葉が美味しくて朝から幸せです。










IMG_3713.jpg
一旦部屋に戻りコースの地図を眺めます。
京都へ来たのは高校の修学旅行以来なので、ほぼ初心者。
まったく位置関係が分かりません。
一応「ゴール手前で応援してるよ」と伝えてあるものの、いつものようにインチキ応援につきmaru夫の位置がスタートから35㎞を過ぎたあたりで沿道に並ぶ予定です。
ゆっくり目にホテルを出発し。










DSC_9950.jpg
西本願寺などへ寄り道をして。
想像以上に寒いんです。
寒いとは聞いていたので暖かい格好をしていったのですが、北海道の寒さとは違う底冷えするような寒さに感じます。
この日の昼間の気温は9度ほど。
本当はここからタクシーでインチキ応援場所まで行きたいところですが、マラソンコースである主要道路は交通規制につき車が通ることはできません。
頑張って電車と地下鉄乗り換えで向かいます。
張り切ってホームで電車を待つこと数分、なにやらアナウンスが聞こえてきます。
嫌な予感。
「線路上に小動物が侵入し確認作業を行っています。お急ぎのところ申し訳ありませんがしばらくお待ちください。」
旅にトラブルはつきものです。
しかし、10分待っても15分待っても確認中のまま。
ホームには人が溢れかえっています。
このまま待ってもいつになるか分からないし、この混雑では次の電車に乗れないかもしれない。
と、別のルートを検索し列から外れ、別のホームへ向かっている時。
遠くから聞こえるアナウンスの声。
先ほど待っていた電車が今まさに、到着したようです。
タイミングが悪いのか、見極める能力が無さすぎるのか。










IMG_3719.jpg
地下鉄のホーム、何か見覚えがあるな・・・と思ったら。
苦い思い出のT湾地下鉄ホームと似ている。










IMG_3720.jpg
無事に目的地へ到着です。
平安神宮の鳥居。
この先にゴールがあります。
少々早めですが応援位置に向かい歩いていたところ。










DSC_9960.jpg
猫背のヒト発見。
トリ達を見つけてしまったmaruがそのまま通り過ぎるはずは、ない。










DSC_9961.jpg
首が伸びた。










DSC_9962.jpg
何かを見つけたのか川に飛び込む。










DSC_9963.jpg
水面で足をバタつかせながら何かをしています。
サギダンス、なワケないよな。










DSC_9964.jpg
獲物を捕らえたのかな?と思った瞬間。










DSC_9965.jpg
横から黒い子が飛んできて何かを横取りされたように見えます。
水鳥は詳しくないのですがこの子は、鵜でしょうか。










すっかり時間を忘れてしまいましたが本来の目的はここではなかった。
寄り道をしている場合ではない、応援に行かねば。










DSC_9969.jpg
平安神宮、この左側がコースになっていてそこで応援してるよーと連絡を入れました。
待つこと40分くらいかな。
マラソンアプリで確認していたmaru夫の位置がいよいよゴールに近づいてきました。










DSC_9972.jpg
見えた。
連写で撮っちゃいます。
「ここだよー」と叫ぶもmaru夫気づかず反対方向見てます。
目の前を通過した瞬間やっと気づいていただけました。










DSC_9975.jpg
振り返るmaru夫。
おつかれー。










若干通り過ぎてしまったものの、任務は果たしたので野鳥観察でもしてこよう。










DSC_9987.jpg
ゴールの先では完走メダルやドリンク、軽食を配るボランティアの方々。










IMG_3769.jpg
沿道ではこのような応援もあり。










DSC_9984.jpg
みなさんお疲れ様でした。










DSC_9966.jpg
今回もお世話になることがなく一安心。










DSC_9983.jpg
ゴール付近は応援の方々とハト達で大混雑。










DSC_9995.jpg
今日は賑やかだったね。









関連記事
[ 2019/02/22 16:30 ] | TB(0) | CM(2)

2019年 京都その1

上空からの新千歳空港。










IMG_3691.jpg
雪。










IMG_3692.jpg
空を飛ぶこと2時間ほどで大阪伊丹空港に到着。
ここからリムジンバスで移動し。










IMG_3694.jpg
京都に到着です。










IMG_3706.jpg
ピカピカ仕様の京都駅。
日本一長い駅だそうです。










さて、京都へは何をしに来たのかと言いますと。
maruとしては観光がメインですが、maru夫としての目的はこちらです。










IMG_3703.jpg
京都マラソン2019。
好きだなー、マラソン










DSC_9939.jpg
ゼッケンその他を受け取る会場内には応援メッセージがたくさん。










DSC_9940.jpg
京都感満載です。










待ち時間の間に外の様子を観察。










DSC_9946.jpg
歩道ではカラスから何かを奪い取ったトビの姿。
かなり近い距離での出来事。
しかし。









DSC_9945.jpg
すぐに落としてしまいます。
横のカラスは口に何かをくわえていますが、茶色い物体は食べ物ではないような気も。
再びトビが舞い降りて掴んでいきますが、やはりすぐに落として行く。
詳細は不明です。










DSC_9943.jpg
川に黒い子。










外で遊んでいるうちにmaru夫の用事も終わり、翌日に備えてこの日は早々にホテルに戻ります。










IMG_3698.jpg
中庭も和。










IMG_3700.jpg
エレベーターも和。










IMG_3699.jpg
この日は結婚式が行われていたようです。










IMG_3695.jpg
ご結婚おめでとうございます。
末長くお幸せに。









関連記事
[ 2019/02/20 00:37 ] | TB(0) | CM(8)

家政婦の仕事

ある日のもっくん。










DSC_9935.jpg
おもちゃ入れのおもちゃで遊び。










DSC_9937.jpg
飽きたらポイ捨て。
プラスチックの彼らをこの高さから落とすと、結構な音となり皆を驚かせてくれます。
もちろん、アオ子さんのように片付けるなんてことはしません。










DSC_9936.jpg
「オレには片付けてくれる家政婦がいるので大丈夫です」









関連記事
[ 2019/02/15 23:49 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

どす美VSバナナ

そういえば。
どす美ときっ子に丸ごとバナナを見せたことがないな、と思い。










DSC_9905.jpg
ビビる。










皮をむいたら。










DSC_9906.jpg
気づいたかも。










DSC_9908.jpg
一口食べるとバナナであることに気づき。










DSC_9909.jpg
止まらない。










もう。










誰も彼女を止められません。










DSC_9911.jpg
バナナ鷲掴み。










絶対に離したくないので爪は食い込んでゆく。
無理に引っ張った結果。
掴んでいる部分からバナナがもげました。
1/3のバナナを足にし得意気などす美、ワイルドすぎ。










もぎ取られた残りのバナナをきっ子に。










DSC_9914.jpg
期待を裏切らないきっ子。









関連記事
[ 2019/02/11 21:42 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

とかげクン

我が家の新しい仲間、トカゲくん。










IMG_3618.jpg
アオ子さん動じず。
※ボウシインコ色なので分かりづらいですが、手前がトカゲくんです 










そして、ビビリなもっくんも。










IMG_3619.jpg
優しい眼差しを向けている。
彼の怖いポイントが理解できません・・・










そして。










こんなことしたらさすがのmaru夫も驚くかなーと。
いまだかつて、彼の驚く場面を見たことがありません










IMG_3625.jpg
maru夫の椅子にセッティング。










仕事から帰り夕食の時間。
どんな反応を示すのか、ワクワクが止まりません。
背もたれに手をかけた瞬間、驚くmaru夫の姿が頭を駆け巡り必死に笑いをこらえ。
聞こえてきた第一声。
「あ、トカゲ」
え・・・それだけ。
全く驚く様子はなく、フツーに「あ、トカゲ」。
びっくり、しないんだ・・・ね。
けっこう長い付き合いですが、本気で怒ったり喜んだり驚いたりする場面を見たことがない。
maru夫の喜怒哀楽ポイントが知りたい。

それよりも、40も後半に入ったというのにこんなイタズラをしてワクワクしている自分がちょっと心配です。









関連記事
[ 2019/02/07 23:02 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

2019年 節分

毎度変わらず。
今年もやっちまいました。










DSC_9919.jpg
インコ恵方巻き。鬼飾りつき










DSC_9923_20190203190911e35.jpg
「オレんちに鬼、入ってます・・・よ?」










DSC_9926_20190203191431479.jpg
さすがのアオ子さんも鬼には引き気味。










DSC_9928.jpg
黙って撮られる「鬼ボウシインコA」。










DSC_9929.jpg
2階に避難する「鬼ボウシインコB」。










DSC_9932.jpg
肩幅以上に足を開く「鬼ボウシインコC」。










誰が誰だかお分かりかと思いますが、やはり一番似合っているのは鬼ボウシインコC。









関連記事
[ 2019/02/03 23:14 ] 行事 | TB(0) | CM(2)