FC2ブログ









北海道マラソン 2018

8月26日の北海道マラソン。
今年もmaru夫は参加いたしました。
残念ながら初のリタイア。

昨年までは全て時間内完走しているので、そろそろリタイアしたらどう?と提案してました。
いやこれは、決して意地悪ではなく、毎年完走しているので次も、その次も・・・とプレッシャーが大きくなっているだろうと思っていたからです。
体の様子がおかしくても完走しなければと無理をし、いつか怪我をするのでは・・・と。
一度リタイアしてみたら、気が軽くなるのでは。
もう一度言います。
意地悪ではありませんよー、決して。

北海道マラソン参加3回、その他道内のフルマラソン7回、那覇マラソン1回。
全て完走していただけに本人は落ち込んでいましたが。
北海道マラソンは夏の開催と制限時間が短いとのことで、過酷らしい。

20㎞を超えた辺りで「無理かも」という弱気な連絡が入ったので、これは完走できないなと予想してました。
30㎞地点で「無理かも」と感じるのと、20㎞地点で「無理かも」と感じるのでは大きく意味が違うだろうなと。
それでも、30㎞地点は無事に通過しました。
限界を感じてから10㎞あまり、よく走った。
などと甘い言葉は掛けてませんが、いつもmaruが応援している地点までは歩いて向かうというので(どういうプライドか収容バスには乗りたくないようです)スポーツドリンクとおやつを用意し待つことにします。
maruがいつも応援する場所とは、北大の構内でマラソンの40㎞地点です。
緑が多く、心地よい場所。
沿道ではたくさんの人が応援しています。
40㎞の関門もいよいよ閉鎖となり、ギリギリ通過できた方、ギリギリ通過できなかった方。
閉鎖後はやはり、maru夫のように歩いてゴールの大通公園を目指す方々もいます。
閉門から30分も過ぎると歩くランナーの数もまばらになり、ふと横を見ると。










DSC_9649.jpg
黒いヒト。
ここでは毎年たくさんの黒いヒト達に出会います。










DSC_9653.jpg
そっと後ろをついていきます。










DSC_9662.jpg
木の根元で何かをほじくっているなと思ったら。










DSC_9664.jpg
くるりとこちらに向きを変え。










DSC_9668.jpg
近づいてきます。
maru夫用のドリンクが入った袋が見えたのだと思います。
何か食べ物が入っていると。
鳥好きな学生さんなどに食べ物をもらったことがあるのかな。
しまったー、なぜこんな時にパンを持っていないのだろう。
この時持っていたのはチョコレートと塩飴。
今から買いに行くには遠すぎるし。
なぜか黒いヒトに平謝り。










IMG_3248.jpg
maruがコース脇で見ていると彼も一緒に。










以下スマホ画像です。










IMG_3252.jpg
こうしてmaru夫が来るまで一緒に待っていてくれました。










IMG_3257.jpg
スマホでこの距離、手が届く。
可愛い。










IMG_3254.jpg
可愛すぎる!










あ、そうだった。
その後maru夫は無事戻りました。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/08/29 01:18 ] その他 | TB(0) | CM(8)