FC2ブログ









夏と秋の味覚

8月初めに撮った写真より。
もっちの好きな夏の味覚、らいでんスイカ。
果肉のシャリシャリ感が好き。
きっ子以外はみな食べます。










IMG_3091.jpg
スイカの季節ももう終わり。
今年はいつもの年より甘くなかったので、今月初めに1玉食べましたが、その後は買ってません。
毎年3玉〜5玉は食べるにの、こんな年は初めて。










IMG_3092.jpg
スイカの汁が滴り落ちる瞬間。
鼻水じゃありませんよ










IMG_3096.jpg
でも、オレが好きなのはスイカの中心部限定。
メロンは皮と果肉の間が好きなのに、スイカは中心の甘い部分が好きという難しいこだわり。










IMG_3095.jpg
アオ子さんはmaru夫肩で食べます。
というか、食べさせてもらいます。










IMG_3094.jpg
ここで食べるともっちと争うこともなく、ゆっくり味わうことができます。
利用されまくるオトコ、maru夫










そして、秋の知らせ。










IMG_3268.jpg
今年も大きな梨をたくさん頂きました。
手から溢れるサイズ。
もっちやどす美より重いです。
毎年梨が届くと秋だな〜と季節を感じます。
ごちそうさまでした。









関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/08/30 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

北海道マラソン 2018

8月26日の北海道マラソン。
今年もmaru夫は参加いたしました。
残念ながら初のリタイア。

昨年までは全て時間内完走しているので、そろそろリタイアしたらどう?と提案してました。
いやこれは、決して意地悪ではなく、毎年完走しているので次も、その次も・・・とプレッシャーが大きくなっているだろうと思っていたからです。
体の様子がおかしくても完走しなければと無理をし、いつか怪我をするのでは・・・と。
一度リタイアしてみたら、気が軽くなるのでは。
もう一度言います。
意地悪ではありませんよー、決して。

北海道マラソン参加3回、その他道内のフルマラソン7回、那覇マラソン1回。
全て完走していただけに本人は落ち込んでいましたが。
北海道マラソンは夏の開催と制限時間が短いとのことで、過酷らしい。

20㎞を超えた辺りで「無理かも」という弱気な連絡が入ったので、これは完走できないなと予想してました。
30㎞地点で「無理かも」と感じるのと、20㎞地点で「無理かも」と感じるのでは大きく意味が違うだろうなと。
それでも、30㎞地点は無事に通過しました。
限界を感じてから10㎞あまり、よく走った。
などと甘い言葉は掛けてませんが、いつもmaruが応援している地点までは歩いて向かうというので(どういうプライドか収容バスには乗りたくないようです)スポーツドリンクとおやつを用意し待つことにします。
maruがいつも応援する場所とは、北大の構内でマラソンの40㎞地点です。
緑が多く、心地よい場所。
沿道ではたくさんの人が応援しています。
40㎞の関門もいよいよ閉鎖となり、ギリギリ通過できた方、ギリギリ通過できなかった方。
閉鎖後はやはり、maru夫のように歩いてゴールの大通公園を目指す方々もいます。
閉門から30分も過ぎると歩くランナーの数もまばらになり、ふと横を見ると。










DSC_9649.jpg
黒いヒト。
ここでは毎年たくさんの黒いヒト達に出会います。










DSC_9653.jpg
そっと後ろをついていきます。










DSC_9662.jpg
木の根元で何かをほじくっているなと思ったら。










DSC_9664.jpg
くるりとこちらに向きを変え。










DSC_9668.jpg
近づいてきます。
maru夫用のドリンクが入った袋が見えたのだと思います。
何か食べ物が入っていると。
鳥好きな学生さんなどに食べ物をもらったことがあるのかな。
しまったー、なぜこんな時にパンを持っていないのだろう。
この時持っていたのはチョコレートと塩飴。
今から買いに行くには遠すぎるし。
なぜか黒いヒトに平謝り。










IMG_3248.jpg
maruがコース脇で見ていると彼も一緒に。










以下スマホ画像です。










IMG_3252.jpg
こうしてmaru夫が来るまで一緒に待っていてくれました。










IMG_3257.jpg
スマホでこの距離、手が届く。
可愛い。










IMG_3254.jpg
可愛すぎる!










あ、そうだった。
その後maru夫は無事戻りました。









関連記事
[ 2018/08/29 01:18 ] その他 | TB(0) | CM(8)

オレの季節

もっくんの大好きな季節。
なぜなら、好きな果物が目白押しだから。
さくらんぼに始まり、メロン、スイカ。
肥ゆる夏。
夏が終わればブドウ。
肥ゆる秋。
ちなみに、アオ子さんときっ子はメロン食べません。
どす美は何でも食べます。










頂きもののメロンを。










IMG_3063.jpg
メロンは好きですが、網目模様は怖いんです。
暴れた理由がメロン皮だったと気づいた時の記事はこちら
   ↓
メロン皮の乱










IMG_3074.jpg
オレンジの果肉部分ではなく、皮と果肉の間の部分が好き。










IMG_3076.jpg
ごちそうさま。









関連記事
[ 2018/08/23 00:02 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

若いヒト Y浜へ

今回の帰省は長かったです。
1週間の滞在。
友人達と函館や飲み会などなど、充実した長期休暇だったようです。
最終日は観光客に混ざり羊ヶ丘展望台へ。
生まれも育ちも札幌ですが、実は初めて行きました。










IMG_3203.jpg
帰る日に、やっと晴れ。










IMG_3205.jpg
空港へ向かう前の若いヒトときっ子。
アオ子さんがガン見しています。
何をしているのかと言いますと。










IMG_3207.jpg
フン掻きでカキカキ。
気持ちいいようです。










空港に到着後はいつものように食事をし、保安検査場で見送ります。
で、maruとmaru夫はいつものように展望デッキへ移動。
ボーディングブリッジを通過する若いヒトを目で追い、離陸して見えなくなるまで見届けるというヘンタイっぷり。
ちょっと怖いです。
こんなス◯ーカー紛いの行為をしているなんて若いヒトは知りません、もちろん。










そして、なんとこの日の機材は。










IMG_3213.jpg
黄色い。










IMG_3211.jpg
スターウォーズ特別塗装機。
昨年春に国内線で就航した第4段。
他の2種は国内線と国際線でそれぞれ乗ったことがありますが、これには乗ったことがありません。
スターウォーズに興味はないけれど、特別塗装機は好き。










IMG_3215.jpg
いよいよ動き出します。
黄色い機体から目が離せません。
見送りに来ていることをすでに忘れております










IMG_3216.jpg
滑走路へ近づいていきます。










IMG_3219.jpg
色のせいかな。
同じB777型機でも、通常塗装の機体より大きく見えるような気がする。
こんな大事な時に、カメラを持ってきていないなんて。
大後悔。










IMG_3220.jpg
間もなく出発。










IMG_3221.jpg
整備士さん達に見送られ、出発。
この時の、出力を上げたエンジン音。
中で聞いていても外から聞いていても、毎回興奮します。
偶然にも黄色い機体を見ることができて大満足。
あ、飛行機を見に来たんじゃなかった。
若いヒトを見送りに来たんだった。
ということで若いヒト、無事Y浜へ帰りました。









関連記事
[ 2018/08/20 01:25 ] 若いヒト | TB(0) | CM(0)

2018年 旅 その2

道東の翌日は近場の富良野方面へ。










DSC_9644.jpg
この日もかなりの悪天候です。










IMG_3185.jpg
お昼。
若いヒトとmaru夫は壺焼きカレー。










IMG_3189.jpg
壺の蓋はパリパリに焼けていて美味かったです。










IMG_3187.jpg
maruは富良野野菜のチーズフォンデュ。
間違いない。
美味いに決まってます。
新鮮な野菜をいただけるのが嬉しい。










DSC_9646.jpg
昼食後も天気は回復せず。










IMG_3191.jpg IMG_3192.jpg
トリ達への土産に2色とうきびを。
この日8月16日はきっことどす美の誕生日。
18歳です。推定










IMG_3149.jpg
どす美、ワイルド食い。










IMG_3193.jpg
きっ子はゆっくり食べる派。










IMG_3172.jpg
これは、前日に道東へ行った時の自動タマゴ販売機。
コインロッカーに400円入れると扉が開き、タマゴを買うことができます。
次から次へとお客さんが来ていたので、地元では人気のタマゴなのかも。
「カッパの健卵」










IMG_3183.jpg
「あぁ・・・このくだり、いい加減やめてほしいんだよねーアオ子」










IMG_3182.jpg
「こんなものを何度見せられても、オレの心臓は生涯ノミを貫きます」









関連記事
[ 2018/08/19 00:56 ] | TB(0) | CM(2)

2018年 旅 その1

若いヒトの帰省中、2日間は3人で北海道観光へ。










DSC_9598.jpg
ここはどこかというと。
サロマ湖です。
天気が悪すぎて外にも出られず車中から。
どう見ても普通の海にしか見えませんが、サロマ湖です。










IMG_3175.jpg
せっかく来たのでホタテをいただき。










DSC_9600.jpg
屋外での活動は無理と諦め水族館へ。
北見市留辺蘂町の「北の大地の水族館」です。










DSC_9616.jpg
入り口すぐにドクターフィッシュがいたので角質を食べていただこうと手を入れます。
数匹は寄ってきてひと舐めするのですが、一口食べると離れていきます。
その後は寄りつかず。
なぜ。










DSC_9613.jpg
対する若いヒト。
うじゃうじゃです。










DSC_9614.jpg
あまりに大量なのでちょっとお触り。










DSC_9626.jpg
田舎町の小さな水族館。
展示にも工夫がありとても見ごたえあります。










DSC_9628.jpg
変わった魚達もいて。










DSC_9629.jpg
さて、どうしても気になったのがこの方。










DSC_9631.jpg
「ゼブラ ダニ夫」なのか「ゼブラダ ニオ」なのか「ゼブ ラダニオ」なのか。
はたまた「ゼブラダニ 夫」なのか。
ネームプレートの左端を見ると他の魚は「・ダニオ」となっている。
この魚もダニオの前で区切るのだろうか。
とても気になる。










DSC_9633.jpg
小さな水族館ですが楽しい。










DSC_9635.jpg
変わった模様も楽しい。










で。










リベンジ。










DSC_9636.jpg
水槽に身を乗り出し落ちそうになりながら、隣の小学生に負けまいと手を突っ込みましたが誰も来ず。
納得いかない。










隣で一部始終を見ていたアカミミガメに、全て悟られているような気がしてならない。










DSC_9640.jpg
「それはね、初老の角質はマズいからだよ!」
そうか、角質も若い方が美味なのか・・・










IMG_3181.jpg
帰りはO広で豚丼。
若者はやはり肉好きです。









関連記事
[ 2018/08/18 00:00 ] | TB(0) | CM(2)

帰省後半

先週の金曜日に帰ってきた若いヒト。
今回の滞在は今まででいちばん長いのではないでしょうか。
金曜夜に帰ってきて、翌週金曜夜の便で戻ります。
1週間の滞在も、いよいよ後半に入りました。
昨日は福岡から帰省中の大学時代の友人と函館観光に出かけ、今日はススキノへ。
長い休暇を楽しんでいるようです。

明日、明後日はmaru家の人間3人で北海道の旅を楽しんできます。
若いヒトが帰ってきてから雨続き。
雨男疑惑浮上中。










IMG_3125.jpg
「若いヒト、まだかなー」
なかなか、遊んでもらう時間がないもっち。









関連記事
[ 2018/08/14 21:24 ] 若いヒト | TB(0) | CM(0)

若いヒト 現る

若いヒト、GWぶりの帰省。
いつまで帰ってきてくれるかな










この日も20時台の便で帰ってきましたがいつものように出発遅れが出ており、定刻より30分以上遅れて北の大地に到着しました。










IMG_3162.jpg
maruとmaru夫の定位置。
待ち構え感満載。










若いヒトの第一声。
「北海道、寒っ!!」
東京で働くようになってから「札幌」ではなく「北海道」と表現するようになった若いヒト。
「札幌」と「北海道」。
んー、何となく・・・違う。










IMG_3163.jpg
嬉しいもっくん。
若いヒトが帰ってくるともっくんトークに変化が起こります。
いつもは発しない言葉と声色。
若いヒトそっくりな声で若いヒトの言葉を喋ります。
ちゃんと覚えているんだなー、もっくん。










IMG_2572.jpgIMG_3171.jpg
翌日は3人飲み会。
3次会まで。










IMG_3168.jpg
その翌日、もっくんは若いヒトと一緒にハダカのお付き合い。









関連記事
[ 2018/08/13 01:10 ] 若いヒト | TB(0) | CM(0)

Y浜より

先月末はmaruの誕生日。
なんと、若いヒトからのお届け物。
自立してから初めてのことなので、驚きを隠せません。
学生の頃は遊びに忙しくそんなことはすっかり忘れ、とってつけたかのような即席プレゼントで誤魔化されていたっけ。
社会人になり1年目は仕事でいっぱいいっぱいで、2年目の今年は気持ちに余裕ができたのかな。
そういえば、今年は母の日にもプレゼントを贈ってくれたな。










IMG_3082.jpg
輪ゴムで締め付けられている緑色の物体。










これは。










↓↓↓










IMG_3083.jpg
小学生へのプレゼントではありません。
40代後半に入ってしまった初老の母へのプレゼント。
よく見つけたなと感心します。
コーヒーにも鳥柄が。










IMG_3084.jpg
インコの尻はクリーナー仕様。










で。










なぜか。










IMG_3080.jpg
牛。










なぜだろう・・・牛。










昔から、ちょっと変わったことをする子でした。
そんな若いヒト。
今週末は帰省します。
maruとmaru夫はいつものように、千歳空港の到着口にへばりついて待ち構えることでしょう。
怖い怖い。









関連記事
[ 2018/08/07 01:01 ] 若いヒト | TB(0) | CM(6)