よいお年を

2017年は若いヒトの巣立ちという大きな変化があったmaru家。
それを理由に3度も横浜へ旅をしてしまったヘンタイ。
あっという間の1年でした。

本日は年越しソバの実と、年越しそばです。










 DSC_3647 のコピー
今年もおつきあい頂き、ありがとうございました。










DSC_8385_201712231416362ca.jpg
大変お世話になりました。










DSC_7190_20171223142601345.jpg
「え・・・オレだけお包み画像?」










IMG_1112_20171223142558c4a.jpg
来年もみなさまにとって佳き年となりますように。










IMG_1720_201712231426026b3.jpg
よいお年を。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/12/31 11:08 ] 行事 | TB(0) | CM(4)

おかえりー

若いヒトが帰ってきました。
久しぶりの再会。ウソです
夕方の飛行機、1時間遅れで到着しました。










IMG_2245.jpg
またここで、ガラスにへばりついて出迎えてしまいました。
恥ずかしいです。










我が家のトリ達。
嬉しくないのはアオ子さん。










IMG_2247.jpg
嫌すぎて、天を見上げてます。










きっ子は社交性があるのでとりあえず興奮の舞。
驚いたのがどす美。
基本オトコ嫌いな彼女は若いヒトも大嫌いなので、以前は固まって動けずだったのですが今回は平気な様子。
固まりもせず逃げもせず。










いちばん嬉しいのはもっち。
姿を見るなり全身で喜びを表現します。










IMG_2246.jpg
どや顏。










もっちが喜んでいるのもつかの間。
若いヒトは友人と出かけてしまいましたとさ。










IMG_2243.jpg
空港は思っていたほど混雑していませんでした。









関連記事
[ 2017/12/30 01:06 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ARデビュー

今年の健康診断、終わりました。
春と秋の2回、それぞれ4羽ずつ無事終了。










IMG_1918.jpg
キャリーを用意してあった前日の夜。
自らスタンバイしているアオ子さん。
いやいや、今じゃないし、みんなで楽しいお泊まりではないのだよ。
どちらかというと、かなり嫌いな場所へのお出かけです。










IMG_1924.jpg
と、ここまでは余裕のもっちですが。










今回はmaru夫を持参。
いやいや、maru夫にキャリー持ちを手伝ってもらうため一緒に。
もっちの診察を見るのは初めてなので興味深々なmaru夫。










で、体重測定のもっちを撮ってしまいました。










あぁ、これは・・・いかんです。









IMG_2240.jpg
「オレの辱めを!!」










多分、激怒だと思います。










で、結果。










春の健康診断から一向に体重は減ってません。
むしろ季節柄増加しております。
毎年冬の時期は10gほどの体重増加があります
ペレット減量決定。
おまけに、おデブさん用ペレットで様子を見ることに。










IMG_2237.jpg
重度に肥満した鳥の・・・。
「オレのプライドはボロボロです」
「しかも、マズいです」
さすがのもっちも一口食べて動きが止まりました。
しかし、背に腹は代えられないので渋々食べることに。
マズいので一気に食べることもなく、完食するまでにはいつものペレットよりずっと時間がかかります。
当面はおデブ用とズプリームと半分ずつの配合で、慣れたら全量おデブ用。

対するアオ子さんは美人すぎると褒められまくり、アイドル事務所への所属を勧められ得意気。
飼い主も調子に乗り親バカっぷり炸裂な2017年最後の健康診断。
「せっかくのクリスマスなのに、オレは最悪です」byもっち









関連記事
[ 2017/12/26 00:14 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

ツリーとインコ

クリスマスツリーを出した夜、確認のため近づくきっ子。
初めての間近でのツリー。










IMG_2227.jpg
肝っ玉きっ子、何にでも興味を示します。
ちなみに、このツリーを長年見ているアオ子さんともっちは怖くて近づきません。










IMG_2228.jpg
とりあえず、味見。
ツリーが禿げそうな予感。









関連記事
[ 2017/12/23 22:43 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

どす美邸の玄関

とある日の夜。










どすちゃんの家の玄関にはこんなものが置かれていました。










IMG_2223.jpg
木刀・・・。
うまい具合に立てかけられている











IMG_2224.jpg
「護身用だよっ!」
と、自慢気に見せてくれます。










いざという時は頼りになりそう。
しかし、男性を目の前にするとビビって固まるどす美。
やはり、頼りにはならない。









関連記事
[ 2017/12/21 00:06 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

内緒だよ

こんばんは、オレです。
ダイエット中のオレは残り物に目がありません。
だから、ここに残っているペレットが、どうしても気になります。










IMG_1932.jpg
ごめんなさい。










IMG_1937.jpg
食べちゃいます!










IMG_1941.jpg
ダイエット知らずなヤツが羨ましいオレ。
そう、ここはアオ子の家。









関連記事
[ 2017/12/17 19:45 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

2017旅 江ノ島編

旅の最終日、前日と同じように朝食を頂きました。
違いといえば、おかわりの明太子ご飯だけでなくカレーも少々頂いたことです
食後は部屋で景色を楽しみ、出発です。
本当は夏の鎌倉旅行の時に食べた山路の白玉あんみつを食べたかったのですが、残念なことにこの日は水曜日で定休日。
違うお店で。










IMG_2189.jpg
栗入り。










食後は江ノ電で移動します。










IMG_2190.jpg
普通の緑の電車となんだかオシャレな電車が連結。










IMG_2192.jpg
江ノ島に行ってみました。










IMG_2195.jpg
橋の向こうが江ノ島です。
軽く考えていましたが、意外と距離があります。










DSC_8714.jpg
さて、ここからどうやって進むのかと思っていましたら。










DSC_8716.jpg
鳥居の横にこんな乗り場が。
このような物があるということは、かなりの距離があるのだと想像できたので迷わず購入。
せっかくなので展望台入場券とエスカーのセットにしました。
ちなみに帰りは自力で下らなければなりません。










DSC_8717.jpg
長いエスカレーター。










DSC_8718.jpg
一旦降りて次の乗り場へ向かいます。










IMG_2198.jpg
島の頂上部分から。
右に写る展望台へ向かいエレベーターで展望室へ。










DSC_8726.jpg
展望台からの眺め。
右寄りに写るのが先ほど渡ってきた橋。
その奥が江ノ島の駅です。










DSC_8727.jpg
江ノ島側の様子。










DSC_8740.jpg
実際に行ってみるとこんな感じです。
歴史を感じさせる建物ばかり。










戻る途中、木の上から聞いたことのない鳴き声が。










DSC_8735.jpg
リスでした。
あんな声で鳴くんだ、初めて聞きました。
その姿からは想像できない獣っぽい声でしたけど。










DSC_8728.jpg
江ノ島の黒いヒト。










DSC_8729.jpg
北海道でも見られる野鳥達がたくさん。










DSC_8730.jpg
こっちは雪が降らないからいいね。










DSC_8732.jpg
帰りは自力なのでひたすら石段を下ります。










DSC_8744.jpg
江ノ島ニャンコ。










DSC_8712.jpg
古くて心地よい空気を楽しむことができました。










DSC_8745.jpg
江ノ島周辺はトビがたくさん飛んでいます。
狙いは食べ歩きする人間の食べ物。










DSC_8748.jpg
なんだか、時代をタイムスリップしたような不思議な一日でした。










と、キレイな締めくくりで終わりたいところですが。
最後の最後に遭遇した仰天な出来事。
羽田で飛行機に乗り込んだ時のこと。
帰りは急いで降りる必要もないので、いちばん後ろの窓側の席を取っていました。
その座席を目指し進んでいたところ。
どう見ても自分が座るべき座席に変なおばちゃんが座ってます。
嫌な予感。
席の横に立ち、その変なおばちゃんに座席番号の書かれた紙を見せ、間違ってますよ、そこは私の席だと伝えます。
ところが、悪びれた様子もないそのおばちゃん。
あちらの国の方々でした。
面倒くさそう。
間違いなく嫌な予感。
変なおばちゃんは怯むことなく、自分はここの席に座りたいのだと意志表示をしてきます。
どうやらその一帯、窓側通路側ともに変なおばちゃん達の仲間だらけ。
自分の席である中央席とチェンジしてくれと訴えてきます。
なぜ、私が中央席に?
窓側に座りたいから早くから予約していたのに。
おばちゃん、なかなか諦めません。
ANAの客室乗務員、助けてー。
と、見回しましたが、運悪く他のお客さんについていてこちらには気づいてくれません。
変なおばちゃんは諦めることなく腕をグルグル回しながらチェンジチェンジを繰り返し、あなたはそっちにに座れと中央の席を指差します。
え、あなた達の仲間の間に、私が座れと?
飛行機の座席は座ったもの勝ちではないですよ?
親切に代わってあげられない自分もいい年をして大人気ないな、という思いもよぎりました。
しかし、こういう強引なのはやっぱり納得いきません。
あぁ、もう我慢の限界。
「Noーーーーーーーっ!!」
毅然とした態度で臨むと、大人しく自分が座るべき座席に戻りました。
あなたの国ではこんなこと日常茶飯事なのかもしれませんが、ここは日本。
窓側に座りたいならば窓側の席を予約しなさい。
離陸後はぐっすり眠りについてくれたので一安心。
っていうか、爆睡するくせに窓側に座りたいって、どういうこと。
どうか、千歳まで目覚めることがありませんように・・・と祈らずにはいられません。
やはり、旅にトラブルはつきものです。










おしまい。




関連記事
[ 2017/12/14 23:59 ] | TB(0) | CM(8)

ウワキ編 その2

温室内を見学後は屋外へ。










DSC_8697.jpg
黒い子も可愛い。
カモに餌やりをしたところ、ボス白鳥が突進してきて餌を横取り。
ボスを避けて餌やりするとmaruへ突進。
よほど面白くなかったのかmaruのパンツ(ぱんつじゃないです、ズボンのことです)へ嚙みつき離しません。
こちらは笑いが止まりません。
ズボンに噛みつかれたまま笑いが止まらないヘンタイを想像してみてください。
ゾッとしますね。










DSC_8687.jpg
羽の浮き具合がすでに戦闘態勢。
ヘンタイ親子はすっかりボスの虜に。
なかなか気性が荒くて気に入りました。










DSC_8693.jpg
こちらは。
脇に小枝が引っかるペリカン。
なんだか、アオ子さんみたいなタイプかも。










DSC_8695.jpg
掛川の黒いヒト。
その他、エミューなどもいました。
陽が当たり暖かそうに見えますが、風が強く寒かったので中に入ります。










DSC_8700.jpg
花を眺めながら。










IMG_2169.jpg
フクロウのロールケーキとコーヒーでひと休み。










DSC_8702.jpg
本日2度目のショーを見て。










再度、ハシビロコウの元へ。










DSC_8652.jpg
いたーーーっ!
なんだろう。
定位置というか、正面の見学しやすいベストポジションでじっとしてます。
人間のことを観察しているのだろうか。










DSC_8657.jpg
正面。










DSC_8665.jpg
右。










DSC_8666.jpg
後頭部。
正面から見ると髪飾りのように見え、後ろから見ると寝癖にも見える、てっぺんに生える飾りのような羽。
たまらんです。










DSC_8667.jpg
「はーい。今日のサービスタイムはおしまいだよー」
しばらくすると自宅へ戻っていきました。










DSC_8668.jpg
帰宅後はしばらくこのまま動かず。
興味深いトリ、ハシビロコウ。
間近でお会いできて満足です。










IMG_2175.jpg
帰りの新幹線。
人も少なく静かで快適です。










IMG_2179.jpg
横浜駅近くの若いヒトがよく行くという居酒屋で夕食。










IMG_2184.jpg
美味しかったです。
若いヒトとはここでさよならです。
次に会うのはいつになるだろう。
なーんて。
年末に帰ってくるんだった。









関連記事
[ 2017/12/13 20:25 ] | TB(0) | CM(0)

ウワキ編 その1

ウワキ当日は午前中早くに出発するので、朝食も早い時間に済ませます。










IMG_2133.jpg
メゾンカイザーのパン。
これだけでも朝からガッツリ食べました画像なんですが。










IMG_2134.jpg
おかわり。










ちょっと食べ過ぎたことを反省しつつ、横浜駅へ向かいます。
若いヒトと待ち合わせ。
しつこく横浜へ旅をするmaruのために1日有給を取ってくれたのです。
そろそろ横浜旅行禁止令が発令されそうです
お礼にウワキの旅へ招待しました。
行き先は内緒にしていたのですが、さすがはヘンタイの子。
名古屋方面のホームを目指した瞬間に気づかれました。
ヘンタイの勘、恐るべし。










DSC_8546.jpg
新幹線でいざ、ウワキの旅へ。
かっこいいなー。
北海道(札幌)は新幹線がないので普段は見ることができない。
ホームで行き来する「のぞみ」やら「こだま」やらにワクワクが止まりません。










IMG_2145.jpg
途中、富士山ポイントで車掌さんからのアナウンスがあり。
座席が反対側だったので、連結部分へ移動。










富士山・・・ということは。
そう。










DSC_8563.jpg
ウワキ先はここ。
10年ぶりの訪問です。










DSC_8567.jpg
温室に入るとアンソニーとバロン。
アンソニーはずっとケージの隅をレロレロ舐めており、こちらには全く興味はないご様子。
バロンはプールで水浴びをするところ。










DSC_8588.jpg
葉の上を器用に移動するヒト。










DSC_8575.jpg
ヘンタイ臭をばらまくヒト。
全身リンゴだらけです。
みんながリンゴを食べる中、一人だけ違う行動をするチャックマニア。










さて、今回ここへ来たいちばんの目的はここ。










DSC_8597.jpg
ハシビロコウ。
なんとなく静かな空気を感じつつ、いざ中へ。










やはり。










DSC_8598.jpg
休憩中。
しばらく待ってみましたが、出てくる気配はないので一旦諦めます。










ショーが始まる時間。
出演者はコンゴウやフクロウなどなど。











この日の当番ヨウムはアンソニーでした。










DSC_8635.jpg
ショーの後は再び温室内でトリ達と戯れ。










DSC_8683.jpg
ヘラサギとヘンタイ。










DSC_8632.jpg
みんな慣れているけど、この子がmaruの心を鷲掴みにしました。
背中や尻尾にはうん○がついちゃってますが。
そういうトコロも好き。
あ、うん○が好きというわけではなく、そんなことは気にしないというか気づかないというか、そういう性格が。










DSC_8627.jpg
ほら、うん○だらけ。
若いヒトもホント、トリ好きだよなぁ。
将来は彼の嫁もヘンタイ、孫もヘンタイ、先祖代々ヘンタイ!が夢です。










DSC_8613.jpg
「このおばちゃんキモい〜」と言われているかもしれません。










DSC_8670.jpg
キソデちゃん。
ちょっと寂しそうに見えてしまったのは、気のせいだろうか。
キソデボウシやオオハナなどいわゆる大型インコと呼ばれる彼らは下に下りてくることはなく、直接餌やりは出来ませんでした。
昔来た時にはヨウムも放し飼いされており、肩に乗ってくれたのだけど。
あ、それでヨウムが欲しいと思った記憶がある。










DSC_8594.jpg
無防備すぎる昼寝の様子。
もしかして日光浴してたのかな。
だとしたら・・・日の当たる場所が移動しちゃってますけど。
あぁ、このモフっとした背中に顔を埋め、その匂いを思い切り吸い込みたい。
ちなみに、餌やりをした鳥達の匂いは鳥の匂い。
あれ、意味が分からんな・・・。
アオ子さんやもっち、きっ子のニオイとは全く違うニオイ。
どすちゃんは?というツッコミはなしで。彼女の匂いを嗅ぐならば、顔の一部が欠ける覚悟が必要です。










次は屋外へ。
そして、ハシビロコウリベンジ。




関連記事
[ 2017/12/12 00:23 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

2017旅 鎌倉紅葉編

到着後に向かったのは鎌倉。
鎌倉での紅葉見学をする前に腹ごしらえです。










IMG_2048.jpg
三段のお重。










IMG_2050.jpg
お重を広げるとこんな。










IMG_2051.jpg
台の物はブリ大根。
唐揚げしたブリと大根の餡仕立て。










IMG_2052.jpg
二段目お重の包みの中はサーモンと茸の奉書焼と書かれていました。










IMG_2053.jpg
ご飯物はしらす丼と湯葉トロあんかけ丼の2種類から選べます。
珍しいので湯葉トロあんかけ丼を。
あっさりした卵かけご飯のような味です。

見た目も美しく、大変美味しかったです。
もちろん全て完食しましたが、やはりかなりのボリュームがあり。
苦しいお腹を抱えながら紅葉見学へ向かいます。










前回閉門時間を過ぎていて見学できなかった高徳院へ。










DSC_8426.jpg
大仏と紅葉。
10円で大仏の胎内へ入ってみましたが、これといって何も。










DSC_8420.jpg
高徳院リス。
鎌倉では何度もリスを見かけました。










DSC_8444.jpg
次は長谷寺です。
高徳院の拝観料は窓口での現金払いでしたが、ここ長谷寺では窓口の他に自動発券機が設置されており、現金の他Suicaでも支払い可能でした。
せっかくなのでSuica払いで。
今やお寺も時代の流れに乗りハイテクなのですね、便利。










DSC_8454.jpg
長谷寺の紅葉。










DSC_8469.jpg
長い階段を上り、見晴台を目指します。










DSC_8481.jpg
散策しながら日没待ち。










DSC_8467.jpg
鎌ニャンコ。










DSC_8485.jpg
見晴台から眺める鎌倉の街。
いよいよ日没。










今回の旅の目的その1はこれです。










DSC_8492.jpg
日没後のライトアップ。
11月下旬から12月上旬の2週間ほどの期間限定です。
照らされた紅葉を見ながら下山し。










DSC_8510.jpg
入口付近の様子。
ライトアップされた紅葉をお腹いっぱい楽しみました。










IMG_2080.jpg
長谷駅もライトアップ。










IMG_2089.jpg
ホテルへ戻り夜景を楽しみます。
しばらくベランダに出ていましたが、時期が時期だけに寒さに震え長時間の滞在は無理でした。










DSC_8528.jpg
左側の夜景。
今年3度目になるこの夜景。
1度目は若いヒトの引越しで来た時、ホテルの窓から何とも言えぬ寂しい思いでこの観覧車を見たな。
2度目は母娘旅で楽しんだ。
3度目の今回はのんびり一人旅。










DSC_8521.jpg
右側の夜景。










IMG_2090.jpg
お気に入りはここ。










IMG_2128.jpg
お気に入りポイントからの眺め。
日常を離れ、自分だけの時間。









関連記事
[ 2017/12/11 00:21 ] | TB(0) | CM(2)