梅干し その後

梅干し・・・ではありませんが。
先月中頃の火傷。
面白いほどのパンパン水膨れでした。
日々観察しておりましたので結果報告を。
火傷の水膨れは破ってはいけないので大切に大切に保護しておりました。
パンパンだった水膨れは3日後にはしぼみ始め、さらに3日後には消えました。
が、焼けてしまった表面の皮膚と、その内側にできつつあるだろう新しい皮膚の間にはうっすら水分らしきものが滞在し、表面の焦げた皮膚を触ろうものならペロリと剥がれてしまいそうな危なっかしい状態が2〜3日。
特大絆創膏を貼りVIP待遇で過ごした結果。










※そんなに気持ち悪くはないですが、苦手な方は拡大しないでね










IMG_1641.jpg
完全に乾燥し、焦げた皮膚が少しずつ剥がれていきます。










IMG_1669.jpg
剥がれは進み、新しい皮膚が顔を出します。










IMG_1713-1.jpg
現在の様子。
赤かった新しい皮膚が落ち着いた色に変化しつつあります。
火傷した部分は日光に当てると跡が残るので、外出時は万全の紫外線対策を受けるというVIP待遇。
とはいえ、歳とともに傷を治す力も落ちているのは事実。
無駄な努力かもしれない。










IMG_1686.jpg
しぼんだ梅干しの話なんていいからー、足マッサージして!









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/03 22:26 ] その他 | TB(0) | CM(4)