2017年 旅

今春より横浜市民となり、東京勤務をしているシティーボーイ。
しばらく自然に触れていないだろうと余計な心配をし、1週間の滞在中、2日間だけ北海道の自然の旅に付き合ってもらいました。










DSC_8053.jpg
崩落のため今年で見納めではないか、とも言われているタウシュベツ川橋梁へ。
今年春、湖面より姿を現した時に大きな崩落箇所があり、2003年の十勝沖地震でも一部が崩落しているそうです。










DSC_8055.jpg
橋の近くまで行けるガイドつきツアーもあります。











昼食は近くの洋食屋さん。
ハンバーグが出来上がるまでの待ち時間に記念撮影を。










IMG_1609.jpg
ん?
腕に梅干し?
いいえ、梅干しではありません。
2日前に熱々の鍋の縁でジュっと焦がしてしまった腕。
パンパンの水ぶくれが丸2日続きました。
※水ぶくれは破れることなく、現在は無事しぼんでおります










IMG_1612.jpg
おろしポン酢のハンバーグ。
自宅の1階がお店になっている小さな洋食屋さん。
ご主人が調理、奥様が盛り付けやホール、そして小学生の姉弟が手伝っています。
その子達の見事な仕事っぷりには感動を覚えました。
「いらっしゃいませ」から始まり、姉がお水を運びオーダーを取り、料理を運ぶ。
弟は食後の食器の片付けやテーブルセッティングを担当。
無駄な動きは一切なくヘタなバイト君よりよっぽど真面目で働き者です。










DSC_8056.jpg
標高約800mのナイタイ高原牧場。
天気が良ければ素晴らしい景色を見ることができたのに。
残念だなと思っていると「ニャーン」と鳴く声。
振り返るとこちらに向かって走ってくるニャンコ。










DSC_8064.jpg
すり寄ってきますが。










DSC_8061.jpg
ベタベタ触るとすり抜けていきます。
首輪には名前と連絡先。
「つむつむ」です。










DSC_8068.jpg
売店の方に聞くと元は捨て猫だったそう。
今は売店の店主の方のお家で飼われているそうです。










DSC_8060.jpg
雲が厚く、高原の風景は残念。










DSC_8073.jpg
道路はこんな。
相変わらず嵐を呼んでいるようです。










IMG_1615.jpg
帰りは帯広で豚丼。
若者の胃袋に合わせて食べていたため、かなりもたれています。
脂っこいもが食べられなくなったなと、寂しさを感じる今日この頃。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/19 21:41 ] | TB(0) | CM(6)