無防備なトリ

天然アオ子さん。
そして、無防備なアオ子さん。
飼い鳥は身の危険がないため無防備であることが多いとは思いますが。










IMG_1522.jpg
キエリアオボウシインコ。









  
IMG_1523.jpg
アオ子さんの黄色い襟はきっ子の落し物。
襟に埋められた黄色い羽に違和感はないのだろうか。










関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/31 00:35 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

2017年 北海道マラソン

8月の最終日曜日。
毎年恒例の北海道マラソンです。
今年も参加しました(maru夫が)。
毎年応援に行っているmaru。
仕事だからと応援に行くのをやめた時に限って救急搬送などされてしまったら責任を感じるので、やはり仕事を休み応援に向かいます。










DSC_8231.jpg
いつもの場所へ。
この辺まで来ると、熱気が伝わってきます。
さらに沿道に立つと、息づかいや汗のにおい、この場でしか感じることのできない空気があります。
maru夫がここ、40km地点に到着する予定時間まではまだまだ余裕があるので沿道から離れ。










DSC_8255.jpg
黒いヒト観察。
巣立ち間近の子がたくさんいます。
そうこうしているうちに、間もなく到着しそうなmaru夫。
スマホの画面を見ると刻々とmaruのいる地点に近づいてきています。
マラソンのアプリ、昨年よりもリアルにランナーの位置を確認することができるようになってました。










DSC_8237.jpg
おおー、maru夫が気づいたようです。
笑って手を振っているので余裕かな。










DSC_8246.jpg
嬉しそうなmaru夫。
残りあと2kmあまり、頑張れ。
ここまで来ると本人も安心するそうで、残りの2kmは周りを観察しながら楽しんでいるらしい。
こちらも、maru夫の無事が確認できて安心して応援することができます。










DSC_8249.jpg
目の前を通り過ぎる白バイ。
かっこええ。
でも、なぜか、反射的にちょっとドキドキ。










DSC_8251.jpg
閉門時間までに通過できなかったランナー達も。
しかし、沿道からは大きな拍手が送られます。
この暑さの中、40kmも走るなんて、5時間近くも走り続けるなんて、すごいです。










DSC_8254.jpg
黒いヒトを観察しながら歩きます。










DSC_8259.jpg
子カラスがたくさん。










DSC_8263.jpg
裏方の支えあっての大会ですね。
お疲れさまでした。
Pカーは今の丸い形より昔の角ばった形の方が好き。いや、それ自体は好きではないけれど
やはり、Pカーを見ると反射的にドキッとする自分。
ちょっと挙動不審。










IMG_1693.jpg
交差点ポリスのみなさま、お疲れさまでございました。










IMG_1697.jpg
今年は昨年より早いペースで走ることができたので自己ベスト。
毎年ペースを上げ自己ベストを更新し続けているmaru夫。
完走し続けているのもプレッシャーになり無理してしまうのではと心配し「来年あたりリタイアしてみたら?楽になるよ?」と提案してみましたが却下されました。









関連記事
[ 2017/08/27 23:11 ] その他 | TB(0) | CM(4)

忘れてた

気が向いた時にだけケージの外に出てくる「どす美」(クー)。
失礼極まりない呼び名ですが、我が家では愛情込めて「どすちゃん」とか
「どす美」などと呼ばせて頂いております。
ちなみに、「もっち」とか「もっくん」とか呼んでいますが彼の本当の名は
「もも太」です。
キーは「きっ子」。
「アオ子」と「きっ子」、女子には「子」をつければいいと思っているのか。
今夜は気が向いたのでケージから出て、ジムもどきで遊ぶどす美。










IMG_1525.jpg
最近のお気に入り。










IMG_1526.jpg
ふと思い出したこと。
若いヒトが帰ってくる前まではちゃんと覚えていたのに、帰ってきたら嬉しくてすっかり忘れておりました。
3人でニセコ方面へ出かけていた日は、きっ子とどす美の誕生日でした。
17歳おめでとう。
翌日にはニセコ土産のとうきびをあげたので、よしとしよう。









関連記事
[ 2017/08/25 00:34 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

2017年 旅 鳥編 

旅の2日目はニセコ方面へ。
昼を過ぎると麺が完売につき閉店してしまうこともあるので、まずは昼食。










IMG_1619.jpg
ようてい庵の蕎麦、久しぶりです。
今や人気店となってしまい、30分ほど待ちました。










IMG_1617.jpg
ざると野菜の天ぷら。
ここの蕎麦を食べるために、車を1時間半走らせたこともあるほど美味しい蕎麦です。










食後はダチョウの牧場へ。
コーンとオート麦の入った餌を買い。










DSC_8127.jpg
餌やり。
こうして見ていると静かに食べているように見えますが。










DSC_8118.jpg
実はこんな。
食べ方はかなり激しい系。
の結果。










DSC_8077.jpg
餌は激しく飛び散ります。










DSC_8110.jpg
餌の乗せ方を間違うと手を食われます。
後ろで心配そうに見つめる仲間。
もしくは「その5本付いている細長い物は美味いのか?」と言っているのか。










DSC_8079.jpg
ヘンタイ②も手から餌やり。
ん?
注意書きの看板が・・・。
そうなんです。










DSC_8116.jpg
本当はここに餌を撒くのです。
が。










DSC_8155.jpg
手から与えるヘンタイ①と、勝手にお触りヘンタイ②。










DSC_8164.jpg
手から与えるヘンタイ②と、勝手にお触りヘンタイ①。
誰か、通報してください。










触った感触はゴワゴワ硬いです。
産毛のように柔らかく見える頭の毛、なかなかの剛毛です。
そんなことをして喜んでいると、小さな子を連れた家族が続々やってきたので、悪い見本のヘンタイ達は餌やり終了。










DSC_8181.jpg
長いまつ毛に。










DSC_8180.jpg
極太ツクツク。










DSC_8183.jpg
モモはツルっツル。










DSC_8223.jpg
こちらはニセコ道の駅にあるツバメの巣。
毎年営巣しているようで、下に糞が落ちないように傘を逆さに取り付けてあります。
巣の下には売店があり、人が歩く通路になっています。










DSC_8224.jpg
温かく見守る心遣いが嬉しいです。










DSC_8185.jpg
8月の旅、おしまい。









関連記事
[ 2017/08/21 01:29 ] | TB(0) | CM(2)

2017年 旅

今春より横浜市民となり、東京勤務をしているシティーボーイ。
しばらく自然に触れていないだろうと余計な心配をし、1週間の滞在中、2日間だけ北海道の自然の旅に付き合ってもらいました。










DSC_8053.jpg
崩落のため今年で見納めではないか、とも言われているタウシュベツ川橋梁へ。
今年春、湖面より姿を現した時に大きな崩落箇所があり、2003年の十勝沖地震でも一部が崩落しているそうです。










DSC_8055.jpg
橋の近くまで行けるガイドつきツアーもあります。











昼食は近くの洋食屋さん。
ハンバーグが出来上がるまでの待ち時間に記念撮影を。










IMG_1609.jpg
ん?
腕に梅干し?
いいえ、梅干しではありません。
2日前に熱々の鍋の縁でジュっと焦がしてしまった腕。
パンパンの水ぶくれが丸2日続きました。
※水ぶくれは破れることなく、現在は無事しぼんでおります










IMG_1612.jpg
おろしポン酢のハンバーグ。
自宅の1階がお店になっている小さな洋食屋さん。
ご主人が調理、奥様が盛り付けやホール、そして小学生の姉弟が手伝っています。
その子達の見事な仕事っぷりには感動を覚えました。
「いらっしゃいませ」から始まり、姉がお水を運びオーダーを取り、料理を運ぶ。
弟は食後の食器の片付けやテーブルセッティングを担当。
無駄な動きは一切なくヘタなバイト君よりよっぽど真面目で働き者です。










DSC_8056.jpg
標高約800mのナイタイ高原牧場。
天気が良ければ素晴らしい景色を見ることができたのに。
残念だなと思っていると「ニャーン」と鳴く声。
振り返るとこちらに向かって走ってくるニャンコ。










DSC_8064.jpg
すり寄ってきますが。










DSC_8061.jpg
ベタベタ触るとすり抜けていきます。
首輪には名前と連絡先。
「つむつむ」です。










DSC_8068.jpg
売店の方に聞くと元は捨て猫だったそう。
今は売店の店主の方のお家で飼われているそうです。










DSC_8060.jpg
雲が厚く、高原の風景は残念。










DSC_8073.jpg
道路はこんな。
相変わらず嵐を呼んでいるようです。










IMG_1615.jpg
帰りは帯広で豚丼。
若者の胃袋に合わせて食べていたため、かなりもたれています。
脂っこいもが食べられなくなったなと、寂しさを感じる今日この頃。









関連記事
[ 2017/08/19 21:41 ] | TB(0) | CM(6)

変なオバサン現る

仕事終わりに大通りへ。
テレビ塔に上ってみようと大通り公園を歩いていると、約10分後に盆踊りが始まるとのこと。
しかも、生Pインコ登場とか。
愛するPインコが見られるとはラッキーです。
しっかりPインコうちわを貰い、主役の登場ですが・・・何せこの体型につき。










IMG_1570.jpg
上りも。










IMG_1599.jpg
下りも介助が必要です。










そして。










小さなお子さま達に囲まれるPインコの横に。










IMG_1568.jpg
変なオバサン登場。
しかも、さり気なくお触り。
今日の疲れも吹っ飛びました。
満足です。










IMG_1604.jpg
テレビ塔からの眺め、大通り公園。









関連記事
[ 2017/08/14 00:38 ] その他 | TB(0) | CM(4)

若いヒトが帰ってきた

土曜日夜に帰ってきた若いヒト。
「ただいま〜」と言ってリビングに入ってきた時のもっちの顔。
驚きと喜びと「夢じゃないよね?」とでも言いたげな顔。










IMG_1551.jpg
ケージ扉を開けると、すぐに若いヒトの手に。










IMG_1552.jpg
若いヒトがポケットから出した紙を丁寧に細かく切り刻むもっち。
「これ齧ったら横浜に帰れなくなるかも!」残念ですがそんなことはありません
この日のもっち、若いヒトのそばから離れませんでした。
満足そうなもっち。









関連記事
[ 2017/08/14 00:37 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

もっちの好きな

今年2玉目のらいでんスイカ。










IMG_1466.jpg
もっちは先端の甘い部分のみを食べ、種は口にしません。
アオ子さんは種を狙うので種を取り除いてから。
もっちの好きなスイカ。
明日はもっちの好きなヒトが帰ってきます。
3ヶ月ぶりの再会、反応が楽しみです。









関連記事
[ 2017/08/11 23:49 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

アオ子さんのこだわり

今年のmaru菜園、枝豆はやめました。
彼らの大好きな枝豆ですが「アレ」はさすがに耐え辛い。
毎年葉には付いていたのですが、昨年は大発生。
黒っぽい体に黒くて長い毛がモジャモジャ生えた幼虫。
あっさり枝豆卒業を決意いたしました。
今年はトマトやキュウリ、シシトウ、ピーマン、ネギなど、虫のつきにくい野菜達のみの菜園です。
maru夫の希望によりサツマイモも仲間入りしました。

そんなわけで、枝豆はお店で買うことになった我が家。
あんな辛い思いをしなくて済むと思うと気が楽になりました。
生の豆を茹でて冷凍しますが、茹でた日は茹でたてを冷ましてそのまま食べます。
香りいいし食感もいい。
もちろんみんな大喜び。
そんな中、ひとり。
納得いかない方が。










IMG_1515.jpg
このお方。










写りがボケボケで見づらいですが・・・。










IMG_1513.jpg
一齧りして捨てられてます。
なぜなら。
彼女は茹でたての歯ごたえある豆が好きではありません。
最終的には渋々食べるのですが、極力食べたくはない様子。
豆の香りもして、歯ごたえもあって美味しいのに。
冷凍して歯ごたえのなくなった柔らかめがお好み。
年寄りか。









関連記事
[ 2017/08/10 00:03 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

なめられ太郎がやってきた!

トリトモあきらさんより、旅行のお土産が届きました。
ありがとうございます。










DSC_8030.jpg
バードパークのキーホルダー。
シンガポール、また行きたい!
そして、辛いもの好きヘンタイ用の香辛料たち。
最近黄金を使っていなかったから嬉しいです。
ついつい、香辛料たちにピントを合わせてしまいました。
で。
箱の中で一際目を引いたのがこれ。










IMG_1538.jpg
なめられ太郎!!
まさか我が家にやってきてくれるとは。
このおもちゃはあきらさんの愛娘、愛息子たちのお気に入りで、ブログにて太郎の行く末を見てツボに入りまくりだったのです。
「太郎の頭が取れた」とか。
我が家でもぜひ、そんな遊び方をしてほしいものです。










とは言いつつも、どんな反応を示すかは分かりきっています。










DSC_8037.jpg
「怖いーーーっ!」










DSC_8044.jpg
アオ子さんは割と冷静にガン見。










DSC_8042.jpg
はい、想像通りのこの方。
「オレは今、何も見えないトリになりました」










こんなビビリなトリ達ですが、やはりこの方は違います。










DSC_8046.jpg
「おりゃーっ!」
手も出る足も出る。
怖いもの知らずな我が家の用心棒。
こっちが怖いです










DSC_8050.jpg
太郎、ジムもどきで待機中。










あきらさーん、ありがとうございました。
関連記事
[ 2017/08/08 18:22 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)