彼女の苦手なもの

怖いもの知らずのクー。
どんなおもちゃでもすぐに破壊活動に入るトリ。










IMG_0646.jpg
シリコンのアヒル相手に。










IMG_0642.jpg
勝利の笑み。










そんな彼女にも苦手なものがあるようで。










IMG_0650.jpg
近づきません。










IMG_0607.jpg
それ以上近づけるなアピール。
何だろう、縞模様が怖いのかな。
ヘビみたいだし。










IMG_0612.jpg
そうではなかったようで、タコも苦手。
熱帯魚とタコが苦手と知った夜。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/26 19:34 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

おもちゃ入れのあった場所

ガシャーンと、何かが落ちる音。




















いつものように、もっちがおもちゃの金具を外して落下させたんだろうと思い見てみると。





















IMG_0593.jpg
おもちゃ入れのあった場所にヨウム。
そこにあったはずのおもちゃ入れは。










IMG_0598.jpg
乱暴に床に落とされ、アヒルの頭が落ちているという残酷な光景。
嫌いな小松菜も捨てられています。










IMG_0596.jpg
おもちゃ入れを回してネジ部分を外し落下させ、足はネジ受け部分をしっかり掴んでいるもっち。
意外と器用なオトコです。










IMG_0600.jpg
楽しそうで何よりです。









関連記事
[ 2017/02/23 23:55 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

夜のひととき

アオ子さんともっち、夜のひととき。










IMG_0501.jpg
アオ子さんとの濃厚な時間。
鼻臭も濃厚です










IMG_0492.jpg
ふくよかな腹。










IMG_0495.jpg
「体の一部分だけを撮るのはやめてください」
相変わらずお行儀の悪い飼い主です。









関連記事
[ 2017/02/22 19:07 ] 鳥達 | TB(0) | CM(8)

先祖代々受け継がれる品

掃除の邪魔をするキー。










DSC_7225.jpg
「うん◯搔き」の略奪。










何を隠そう、この「うん◯掻き」。
先祖代々受け継がれている品。
彼女達の先祖ではありませんが先代ボタンの頃からの愛用品。
思い出も詰まっているので買い換えられず、かれこれ20年は愛用しております。










DSC_7230.jpg
鳥が持つにはそこそこ重さがあるので、思うような向きにならず戸惑っています。










DSC_7232.jpg
ケージ扉が開いていることに気づき慌てて出ようとするも、持っているうん◯搔きが邪魔。










DSC_7233.jpg
持ったままではやはり出ることはできなかったので。










DSC_7234.jpg
玄関前に放置。
乱暴に落とすのではなく、そーっと置くあたりが彼女のお上品なところ。










うん◯掻きは平気だが、新しい鳥用おもちゃ(左側にぶら下がっている質素なタイプ)は怖くて未だ触れずにいる謎多きトリ。









関連記事
[ 2017/02/19 23:55 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

どすこい卒業か

うちわの骨を齧るクー。アオ子さんのお下がりです










DSC_7205.jpg
楽しそう。










DSC_7218.jpg
場所を移動し。










DSC_7211.jpg
見つけてしまった次のターゲット。
昨年は巾木を齧り禁止令を出されたクー。
次はケージを乗せている土台部分を齧ることにしたのか。
いやいや、そこも禁止です。










DSC_7215.jpg
床には齧られた木屑が。










そんな彼女。
我が家へ来て間もない頃はMAX630gのどすこいでしたが、ダイエット生活の成果が出ており現在570g前後に落ち着いてます。
見た目も一回り小さくなったように感じます。
60gって、セキセイインコ2羽分くらいの重さ?
センセイからはまだ減らしたいと言われていますが、のんびり行こうと思っております。
うーん、どすこいじゃなくなってしまったら「どすちゃん」って呼べないな。









関連記事
[ 2017/02/16 23:37 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

冬のまつり

北海道民でありながら、今まで一度も行ったことのない場所。
小学校の修学旅行では行きましたが、冬のこの祭りを見たことはありませんでした。










DSC_7280.jpg
層雲峡氷瀑まつり。










DSC_7271.jpg
そこは大雪山の麓、寒さは覚悟をしていましたが運良くこの日は暖かかったようです。










DSC_7275.jpg
真冬のマイナス一度は決して寒くはない気温。










DSC_7274.jpg
入り口があると入ってみたくなる。
その先には驚きの賽銭箱(賽銭氷)。










DSC_7288.jpg
き・・・きもちわるい・・・。
頭上のツララにもびっしり小銭が張り付いているのですから、さすがにこれは。
散々そんなことを言った後、バチが当たるのではと不安になったので小銭貼り付けました。
しかも一円玉。
指で軽く氷に押し付けるとくっつきます。










DSC_7293.jpg
壁も天井もツララだらけで寒そうに見えますが、中に入ると外より暖かいんです。










DSC_7315.jpg
花火を見ておしまい。








関連記事
[ 2017/02/15 13:43 ] | TB(0) | CM(2)

我慢できずに手が伸びる

こういう時。










IMG_0467.jpg
とても気になります。










やはり、我慢できずに手を伸ばしてしまったmaru。










IMG_0468.jpg
「ギャっ!」と言われ、気になるソレはぶら下がったまま。










簡単に抜けそうで、実は簡単には抜けないハミ毛。









関連記事
[ 2017/02/12 22:20 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

アオ子VSもっち パート2

いちいち、もっちに喧嘩を売るアオ子さん。
取っ手を伝い上ってくるもっちを待ち構え。










DSC_6927.jpg
空回り羽ばたき。
羽ばたくことで自分の体が前に移動していることに気づいていません










もっちに近づきすぎていることにやっと気づき、我に返るアオ子さん。










DSC_6926.jpg
そうそう、話し合えば分かりあえるさ。










DSC_6924.jpg
とはいかず。
喧嘩を吹っかけるくせにもっちの強さに即退散するアオ子さん。
もっちには敵わないことを知っています。
ん?
その割には毎回喧嘩を吹っかけてるな。









関連記事
[ 2017/02/10 14:19 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

洗面所にアオ子さん

夜な夜な、洗面所で白髪チェックをするmaru。
一緒に行かないと「連れて行け」と騒ぐのでアオ子さんも一緒です。
いつもは肩に乗ったまま、かき分けた髪の毛の中に潜り込み白髪チェックの邪魔をするのですが、今夜は違う所に興味を示したので試しに近づけてみると窓の手前の出っ張りに乗りました。










DSC_7138.jpg
鏡を味見。










DSC_7140.jpg
洗面台と壁の間を味見。










DSC_7151.jpg
隙間に顔を突っ込んでみる。










DSC_7152.jpg
なんか変。
換羽中につき、所々羽が足りなくて貧乏臭いアオ子さん。










DSC_7153.jpg
飽きた。










興味を示す割にはすぐに飽きるアオ子さん。









関連記事
[ 2017/02/08 21:31 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

切符を切られる日

「今日は羽切りの日でした」










DSC_7190.jpg
「羽が増えるとスピード超過をしてしまうので、切符の代わりに羽を切られます」
「罰金はありません」










DSC_7193.jpg
「停止を求められたらオレは素直に応じるよ」
「抵抗したりなんかしない」
「だって、こうしていると気持ちいいからね」










と、思っているかは定かではありません









関連記事
[ 2017/02/06 22:01 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)