maru夫 収容されず

昨日8月30日は北海道マラソン。
昨年から参加していますmaru夫。





4193h.jpg
maruは某大学の構内で今年も応援します。





4194h.jpg
maru夫がここ(40km地点)を通過するのは13時半頃でしょう。
今年も5kmごとの通過時刻を確認しながら待ちます。
スタート前に足にタグを取り付けるので、ゼッケン番号もしくは氏名を入力すると5kmごとの通過時刻がネット上に表示される仕組みになっています。
便利な世の中です。





4195h.jpg
こんな車両や。





4196h.jpg
こんな車両に乗せられませんように。
などと呑気に構えていると応援場所の1つ手前の35km地点を通過したとの表示。
あと5kmでmaruのいる40km地点です。
そろそろ沿道に立たねば、うっかり通り過ぎてしまうかもしれません。
見やすい場所に立ち、大勢のランナーを応援すること30分ほど。
間もなくかと思い、髪でも結ぼうかとヘアゴムを腕から外した時、maru夫が見えてました。





4197h.jpg
慌ててシャッターを切る。
間に合った。
40kmも走ってきたのに手を挙げる余裕。





4198h.jpg
前向かないと転ぶぞー。





4199h.jpg
さてさて、さきほどの収容バス。
北海道マラソンでは約5kmごとに閉門時間が決まっていて、過ぎてしまうとそれ以上進むことはできず収容バスに乗せられるそうです。
今年も収容されずに済んでよかったね。





4200h.jpg
お疲れさん。
昨年より30分ほど早くゴールできたと喜んでおりました。
2015年、春には千歳、札幌、道東の大会に参加し、秋には十勝、年末には沖縄。
今年もマラソン三昧。
来年は東京にもエントリーするとか言ってます。






関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/31 19:07 ] その他 | TB(0) | CM(6)

それは突然に

夜のケージ掃除。
初めの頃はケージに手を入れ糞切り網を拭いていると怒り気味だったクーちゃんも最近では怒ることもなくなり、じっと掃除の様子を見守ってくれるようになりました。
一歩前進。

キーちゃんは頭を掻かせてくれたりするフレンドリーな面があるので掃除も楽々だったのですが。
いつものように前扉を開け糞切りを拭いていたところ、餌入れに乗ったキーちゃんがmaruの腕に向かって何度も足を伸ばしてくるので試しに届く位置に腕を近づけ様子を見ていました。
片足を腕に乗せ若干迷っていたものの、なんと両足で腕に乗ってきました。

齧られるのは覚悟の上、とはいえビビります、正直。
腕の肉がえぐれるのだろうか・・・などと考えながら、彼女が怖がらないように話しかけます。
齧りません、キーちゃん。
嘴で腕を触り確認していますが決して齧らないんです。
しばらく確認した後。





18k.jpg
迷うことなく肩に上ります。
勘違いでなければ、すごく嬉しそうです。
顔が近くなったのでこれまたビビりますが齧らないんです、これが。
ホント、これには驚きです。
クーちゃんもすごく気になっているのでケージ前面角にへばりついて足を出していたのですが、カメラを向けるmaru夫にビビり離れてしまいました。





20k.jpg
Tシャツの襟を触り。
耳やら首やらをレロレロ舐めくり回しますが(それはそれで辛いんですけど)決して齧ることはなく肩の上で頭を掻かせたり毛繕いまでする始末。
ついでにmaruの髪の毛まで毛繕いしてくれました。
正直、乱れるだけなんですけどね。





19k.jpg
顔をつけてべったり甘えくるので頭を掻いているところ。
maruの顎と首の間に頭突っ込んでます。
これ、アオ子さんじゃないですよ。
安心しているのか目を瞑っています。
もしかしたら、前の飼い主さんとはこういう付き合い方をしていたのかな。
人と触れ合うことを望んでいたのかな。
本心は分かりませんが、とても嬉しそうな顔に見えたのはmaruだけでしょうか。
このまま20分ほど肩で掻いて毛繕いして、ケージに戻してもすぐに足を伸ばしてきて乗せてくれアピールです。
アオ子さんといい勝負のベタベタインコなのかも。

今の段階でのこの行動が正解なのか間違っているのかは分かりません。
環境が変わったばかりなので、お世話の時以外はむやみにケージ近くをうろつかないように、過剰に構わないようにしてきたのですが。
彼女達にとって、maruは知らないおばちゃん。
ご飯をくれて身の周りの世話をしてくれる家政婦のおばちゃんですよ。
我が家へ来て間もなく2週間。
ここは危険な場所ではないと、分かって頂けたかな。





10k.jpg
クーちゃんの様子。
彼女達が今まで使っていたおもちゃ。
クーちゃんはたまに遊んでます。
ナスカンもひっくり返りながら齧って遊んでます。
怖がらなくなったら齧って楽しいおもちゃを入れてあげようと思ってます。
体を触らせてはくれませんが好奇心旺盛な彼女。

キーちゃんを肩に乗せていると気になるのかケージ前面にへばりつき足を出します。
試しに指を見せると触ってみたいのか恐る恐る嘴を近づけ、一瞬触ります。
ケージの間から伸ばした足でmaruの指を捕獲しようとしますが、さすがに指を掴ませる勇気はないので触るのは嘴だけ。
面白い。
今はまだ恐る恐る触る程度ですが興味はある様子。
この先の彼女の心の変化が楽しみです。






関連記事
[ 2015/08/29 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(10)

早食いもっちとマイペースアオ子

とうきびを食べるアオ子さんともっち。
もっちは早食いなのでアオ子さんより先に食べ終わり。





767am.jpg
当然、アオ子さんのとうきびを狙います。
いいな~、オレも食べたいな~。
という顔で見ていますが無理矢理奪うようなことはしません。





768am.jpg
トウキビトウキビトウキビ・・・と呪文を唱えてみます。
こんなに見つめられると人間だったら食べづらくなりますよね。
しかし、そこは鳥。





769am.jpg
アオ子さん、優しい目で見ていますが自分のとうきびはしっかり握りしめ、分けてあげるなんてことは決してしません。







関連記事
[ 2015/08/28 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

2015年枝豆

今年も我が家の枝豆、無事収穫。
バタバタしていてすっかり忘れるところでした。





4192h.jpg
大半は鳥達用ですが人間達も少しだけ頂きます。





1663a.jpg
アオ子さん、茹でたての歯ごたえある豆より一度冷凍した豆のほうが好きなトリ。





1608m.jpg
茹でたてだろうが冷凍だろうが、オレは何でも食べるトリ。





16k.jpg
興味がありそうだったので試してみますが触ってやめたキーちゃん。
鞘をむいて豆だけあげても美味しいものとは認識されない様子。





17k.jpg
何でも食べる、どすこいクーちゃん。
枝豆の薄皮を残すのは全インコ共通なのでしょうか。







関連記事
[ 2015/08/26 21:22 ] 鳥達 | TB(0) | CM(12)

夜の問題

なんだか、意味深なタイトルです。

maruが半日を費やして製作したケージカバー。
キーちゃんクーちゃんには不人気でした。
ま、想定内ではありますが。
前のお家ではケージカバーをしていなかったのかも知れないし。





9k.jpg
このようにお互いが見えるようにカバーの一部をめくってみたりもしたのですが、どうにも落ち着かない様子。
彼女達のいる場所はリビング奥、アオ子さんともっちの部屋の隣の部分です。
今まではmaruのパソコンを置いていた場所です。
彼女達が来るにあたり、maruのパソコンはダイニングへ引っ越ししました。
アオ子さんともっちの部屋は、夜遅くまでmaruが起きていても暗くできるようにリビングとの間に扉もあるし横のパソコンスペースとの間には遮光性のロールスクリーンがあるので暗くすることができます。
しかし、彼女達がいるパソコンスペースにはリビングの明かりを遮る扉はないのでケージカバーがダメならば何かしらの対策を取らなければなりません。
で、考えたのがこれ。





765am.jpg
3階ベランダ窓の遮光カーテンを簡易的に取り付けてみました。
天井にネジを差し込みカーテンフックにつけたリングで引っ掛けてます。
カーテンの幅が若干足りてませんが。
ベランダのある部屋は誰も使っていない部屋なので夜は明かりを点けることもなくカーテンも閉めてないんです。
使っていないのでちょっと拝借。
これだと、リビングからの明かりはある程度遮られ、かと言って真っ暗でもない。
アオ子さんともっちは真っ暗なのには慣れていますが、彼女達は慣れない我が家で人の気配がするのに真っ暗なのは怖いだろうかと。
面倒ですが朝取り外し、夜取り付けるという作業が増えます。




4191h.jpg
アオ子さんともっちも寝た後はこんな様子。
カーテン1枚だと30cmほど幅が足りない。
もう1枚、上から外してこようかな。





766am.jpg
昼間の様子。
彼女達が完全に慣れ、アオ子さんともっちも完全に慣れたら鳥部屋の台を増設して一列にケージを並べる予定なのです。
そうすれば鳥部屋の扉を閉めることで夜の明かり問題も解決なんですけどね。
で、ケージカバーも使って頂きたい。
まだまだ、先の話だな。

キーちゃんクーちゃんが我が家に来てから1週間が過ぎました。
恐ろしいほどあっという間の1週間。
日々、思考錯誤しながらの生活を送っております。






関連記事
[ 2015/08/24 23:06 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

ご飯の問題

我が家へやってきたキーちゃんとクーちゃん。
どちらも14歳くらいなのですが、今までの食餌がオウムミックスだったそうでペレットはほとんど食べません。
しかも、どちらも肥満気味。
6月末に感染症などの血液検査をした時の健康診断によると、この先ダイエットが必要とのこと。
現時点では環境の変化が大きいので食餌内容を変えるダイエットは厳禁です。
環境が変わった上に食餌も変化させることは大きなストレスがかかり体調を崩す原因にもなるので、慣れるまでは当面今まで通りのオウムミックス+大好きなナッツ類で食餌量を落とさないように気をつけなければなりません。






7k.jpg
仕事から帰宅したら野菜果物を与えていますが、クーちゃんはほぼ何でも食べます。
初めは人が近づくと奥に逃げていたのでかなりの臆病タイプかと思いきや、食べることにはとても興味を持っている子です。
我が家で採れたししとうも足で持ってバリバリ食べています。

問題はキーちゃん。
お迎え翌日にドレミの歌やら水浴びらやで驚かせてくれて人に寄ってくる彼女ですが、ご飯に関しては気難しいところがあるようです。
我が家で初めて野菜果物を与えた時、一切食べませんでした。
食べないといったら食べません、頑固です。
嫌な物を見せるのはストレスになるので、キーちゃんには野菜果物を与えるのは一旦中止です。





8k.jpg
そして昨日になってリンゴだけは手から食べてくれるようになり餌入れに入れても食べるようになったところです。
無理は禁物なので当面はリンゴのみ。





764am.jpg
夜はいつも通りアオ子さんともっちの時間。
スプーンを待ち切れず皿から直接食べるもっちとスプーンで食べさせてほしいアオ子さん。
そしてmaruの手には飛ばされたヨーグルト。

お迎え後2~3日は何かと大騒ぎしていたアオ子さんですが、一昨日あたりから無駄に騒ぐことはなくなりました。
彼女なりにこの変化を飲み込んでくれたのでしょうか。
いつも通り、ご飯食べて遊んで昼寝して・・・の生活を送っています。
もっちも昼間は相変わらずの弾丸トークを披露しております。






関連記事
[ 2015/08/22 18:57 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

お昼寝の時間です

アオ子さんともっち。
もっちがご飯を食べ始めるとなぜかつられてアオ子さんも食べ始め(逆の場合も)、毛繕いをするのも同時なことが多い彼ら。
野生ならば集団で暮らす彼らの行動は仲間に影響されるのでしょうか。





763am.jpg
休日に撮った写真。
4羽揃ってぼーっとする時間。

飼い主は、と言いますと。
あっという間に日付が替わっている毎日。
予想通り、毎日慌ただしく時間が過ぎています。






関連記事
[ 2015/08/20 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(8)

いきなり・・・ですか

環境が変わり疲れているだろうから、そっとしてあげようと思っていたお迎え翌日の朝。
そっとケージカバーを開けると朝一でドレミの歌を披露してくれたキーちゃん。
ミの音が抜けたり、ソの音がオンチだったりするんですけど。





さて、食後にキーちゃんが水入れに頭を突っ込んだので当然水を飲んでいるのだろうと思っていましたら。





3k.jpg
バシャバシャ水を飛ばしています。
まさかの水浴び。
慣れない家での突然の行動にクーちゃんも心配そうに見ています。
風呂場に連れて行きたいところですが、前日に我が家へ来たばかりの彼女を驚かせてしまってはいけないのでその場で手動シャワー決行。





4k.jpg
初めて見る我が家の手動シャワーに驚くこともなくノリノリです。
さすがはラテン系ボウシインコ。
彼女の順応性には驚かされます。





5k.jpg
ずぶ濡れのキーちゃんとびしょ濡れの新品アクリルケースとケージ、床上浸水の我が家。





6k.jpg
クーちゃんは嬉しくなさそうだったので少しだけ。





1661a.jpg
先日浴びたばかりのアオ子さんもずぶ濡れ。





1607m.jpg
水をはじくオトコ、もっち。





湿ったボウシ臭と湿ったヨウム粉の匂いが漂っております。









関連記事
[ 2015/08/18 21:00 ] 鳥達 | TB(0) | CM(10)

ボウシ+2=♀3+♂1

本当は昨夜のうちに更新するつもりだったのですが、あれこれとバタバタしており1日遅れになってしまいました。
待たせてしまってごめんなさい。





さてさて。
実は3ヶ月ほど前から我が家では着々と準備を進めていたことがありました。
まさか、こんなことになるとは。
アオ子さんを迎えて8年、もっちを迎えて7年。
maru家はトリ×2+ヒト×3の5人家族です。

3ヶ月ほど前のこと。
トリトモより、大型インコを飼ってくれる人を探しているとの連絡を受けました。
ボウシ+ボウシ+オオハナ。
年齢は14歳くらいで、手に乗らなくはないけれど、しつけはしていないとのこと。
飼い主さんの体調が悪く、お世話することができなくなってしまったそうです。
止むを得ず別れなければならなくなった飼い主さんのお気持ちを考えると大変辛いだろうと思います。
急なことだったのか、とりあえずその時はこちらに住む息子さんのところで一時預かりでした。
息子さんのお宅は住環境その他の理由で迎えることはできず、新しい飼い主を探しているとのこと。

私も彼女も鳥飼いさん数人に当たってみましたが、なかなか難しい状況が続きます。
大型インコは長生き、しかもボウシは雄叫びもします。
ある程度の住環境が必要です。
できれば飼い主との辛い別れは2度と経験させたくはないですよね。
連絡を受けてから色んなことが気になっていました。
そんな時、再び連絡があり「会いにいく?」と。
もちろん二つ返事です。
実際に会ってみたほうが頼んでいる鳥飼いさん達に様子を伝えることもできるし、と思っておりました。
その時は。

しかし。
実際に会ってみると、取り返しのつかない事態になっておりました。
まさか、こんな展開になるとはこの時まで想像もしていませんでしたよ、もちろん。

はるばる日本の南から北海道まで数時間も飛行機に乗ってきた彼女達をこれ以上移動させるのは可哀想に思えてしまったのです。
ボウシ2羽、我が家で何とかできないだろうか・・・。
この時すでにオオハナインコは新しい飼い主さんのお宅にお引っ越ししていました。
知らなければもちろん、実際に会っていなければこの結果にはならなかったでしょう。

少なくてもお迎え不可能な環境ではない我が家。
考えるはアオ子さんともっちのこと。
焼きもちアオ子さんとビビりなもっち。
聞いたお話だとボウシ2羽はベタ慣れではないような印象。
毎晩、アオ子さんとの時間を作っているのでそこはカバーできるのでは。
ビビりなもっちも、とりあえず慣れるまではケージを離す(丸見えにならない場所に置く)など配慮すれば大丈夫ではないか。
新しいおもちゃにはビビるけどトリトモ宅のヨウム嬢が遊びに来た時はビビって落ちるなどということはなく適度な距離を保っていたし。
追いかけられて逃げてはいましたが。
アオ子さんに至っては自分から近づいて行くという行動に出ていたしな。
いちばん考えなければならない彼らのことを色々。
足りない脳ミソで様々なことを考えましたよ、頭から煙が出ていたはず。
非常事態です。
こんな話が入ってきたのも、会ってしまったのも運命なのかな。
ふと横を見るとmaruを誘った彼女も、うんうんと頷きながらこの決断に安心した様子。

我が家には先住がいるので感染症などの血液検査をお願いし結果を待ち。
サイテス申請も必要なのでその手続きを待ち。
初対面から約3ヶ月後、maru家の家族となりました。

maru家は一気に7人家族に。
しかもヒトの数よりトリの数のほうが多いという。
ボウシの鼻臭も3倍。
そして、ボウシ女子が3羽に。
ガンバレ、もっくん!

大型インコ、オウムは長生きです。
30年40年、これは平均でありもっと長生きする子もたくさんいます。
2代3代に渡ってお世話をしなければならない場合もあります。
身内間で無理ならばその他の方法で最善を尽くさなければなりません。
彼らは飼い主さんのことを一生忘れません。

テレビで見た方も多いと思います。
施設に入ってしまった元飼い主のおばあさんとボウシインコの話。
お別れして何年経ってもおばあさんのことは決して忘れないんです。
面会が終わって帰ろうとしても帰りたくないとだだをこねるんです。
ボウシインコが「帰りたくない!」と、おばあさんから離れないんですよ。
我が家も人間3人で号泣しました。
動物は人間なんかより、ずっと愛情が深いんだ。

我が家の環境に慣れるまで時間が必要ですが、飼い主さんとお別れしてしまったことによる寂しさを少しでも埋めることができればいいなと思っております。
そして、元の飼い主さんにも安心して頂きたい。
ん?こんなヘンタイ我が家で安心していいのか?





1k.jpg
キエリボウシのキーちゃんと、キビタイボウシのクーちゃんです。
どうぞよろしく。





2k.jpg
「とても慣れている」といった話ではなかったのですがキーちゃんは触られるのが好きなようで、さっそく手にも肩にも乗ってました。2羽とも我が家へ来て数時間でご飯も食べ毛繕いも始めたので一安心。
アオ子さんともっちの反応が意外。
見物するかのような目で様子を眺めていますが、驚く訳でもなく怖がる訳でもなく。
アオ子さんはいつも通りのマイペースな動き、もっちはいつも通りのお喋りをしております。
とりあえず、お互い大丈夫そうで一安心。






関連記事
[ 2015/08/17 12:40 ] 鳥達 | TB(0) | CM(14)

新築2棟

先月、久しぶりにミシンを出して製作いたしました。
前回作ったのが8年も前なのでどうやって縫い合わせたのか全く覚えておらずアオ子さん(もっち)のを見本にしながら遮光布に印をつけ、切り、縫い合わせること数時間。





4187h.jpg
出来あがったのはケージカバー。
前開き式です。
アオ子さんともっちの時は1枚ずつの製作だったのでそんなに苦労した記憶はなかったのですが、2セット同時に作るとこんなに辛いとは。
休日の半日を費やしました。
目が痛い肩が痛い頭が痛い。
○キソニン飲みました。





で。





4189h.jpg
新築2棟。
我が家で何が起こるのか。





1660a.jpg
不法侵入アオ子さん。






関連記事
[ 2015/08/15 21:02 ] 鳥達 | TB(0) | CM(11)