FC2ブログ









T湾の旅 ④

旅3日目。
朝市で朝ごはんを食べる予定なので今日はホテルでの朝食はとらずに出かけます。
しかし、どうにも体が重だるいのが気になります。
何となく、気持ち悪い。
しかし、今日が最終日なのでそんなこと言ってられません。





4059h.jpg
朝市の様子。
とにかく混んでいて活気があります。





4060h.jpg
野菜果物も豊富で。





4061h.jpg
たくさんのお店が並んでいます。





4062h.jpg
台湾バナナは美味しいですよね。
食べたいけれど固形物も水分も摂取できない最悪な状態に。





4064h.jpg
市場の中心あたりにある学問の神様「文昌宮」を必死で撮ってみるものの。





4065h.jpg
かなりヤバい状態になっているのは確実なようで。





4066h.jpg
会話すらできなくなっております。
カメラを向けた反対側を数分も歩けば本日1つめの見学スポットである鳥街があるというのに。
そんな気力さえなくなり広場にあった木陰のベンチで少し休憩を、と思いヨロヨロと歩き出した時。
グルグル目が回り始めたと思ったら耳が聞こえなくなり、視界から一気に風景が消えました。
その場で地べたに倒れたようです。
幸いにもすぐに気づいたようでmaru夫に抱えられながら端っこのスペースで休んでみますが史上最悪の気持ち悪さです。
めまいは吐き気も伴いますからね。
あらゆる薬は持参していますがそれさえ飲めない状況。
とてもじゃないけれどこれ以上進むのは無理なのでタクシーでホテルに戻りますがこの辺の記憶ははっきりしません。
目前に鳥達が迫っているのに行けないなんて、人生最大の汚点です。





部屋に到着後、倒れ込むように横になり気づいた時には3時間が経過していたそうです。
朝から何も口にできなかったので異常な喉の渇きが襲います。
爆睡中にmaru夫が隣のセブンでカットフルーツを買ってきてくれていたので一心腐乱に食いつきます。
リンゴとミニトマト。
リンゴがこんなに美味しく感じたことはないというほど美味しかったです。
リンゴに命を救われました。
数時間前には倒れたはずの人間が数時間の睡眠とリンゴだけで復活。
体が丈夫なことだけが自慢です。

元々腸が弱いのに(頭も弱いのですが)油っこいものを摂取したせいか2日目3日目とも腹を下しているし、前日の足マッサージで肩や首もマッサージされもみ返しが起きているかも知れないし、普段は1日2食か1食なのに旅行中は朝からがっつり食べているし。
歩きすぎたことによる故障もあるかな。





4067h.jpg
異国の地で危うくこんな場所に担ぎ込まれるところでした。
このまま旅を終わらせることなどできません。
意地でも鳥達に会いに行きます。
子供の頃、体調が悪いことを訴えると母親に「寝れば治る!」と言われて育ったmaru。
「本当だ!」と納得した旅3日目の午後。






関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/04/21 20:47 ] | TB(0) | CM(8)