ヨウムは時にヒトを傷つける

今日も北海道は暖かい。
というか、暑い。
しかし、夜には一ケタになるところがさすが北海道。





4141h_20150430161353269.jpg
昼過ぎの気温25度。
数ヶ月前には氷点下で寒い寒いと言っていたのに突然夏がきたような。
昨日は髪をすいてすっきりして帰ってきました。
ただいま~と言いながら彼らのところへ。





もっく~ん。
髪型ちょっと変わったよ~。
どう?
似合う~?





出掛ける前と違う頭になって帰ってきたmaruをジロジロ観察し。





1540m.jpg
冷たい視線を浴びました。
けっこう傷つきます。
に・・・似合い・・・ま・・・せん・・・か・・・。

アオ子さんはまったく気にしませんが気づいてないのかももっちはmaruの髪型や服装に敏感です。
買ったばかりの洋服を着た時、髪型を変えた時「似合わないぞ」と言わんばかりの冷めた視線を浴びせられます。








関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/30 23:45 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

4月なのに暑いぞ

連日、全国的に暑い日が続いているようです。
maruの住む北国もまさかの20度超え。
月曜なんて25度もあったものだから頭が熱くなり我慢できず。
本日髪をすいてきました。
毛の量が少なくなり気分も軽くなりました。





暖かくなるとアオ子さんの水浴び催促が頻繁になります。
水浴び催促=ケージ内の水入れで尻湯腹湯足湯をしながらこちらをチラ見すること
出掛ける直前に催促された場合、時間がないので見えないフリをします。
今日はタイミングよく美容院へ行く1時間前に催促してきたのでシャワーです。
友達と出掛けると言っていた若いヒト。
洗面所で髪をセットしていたところを捕まえ写真を撮る間だけでも代わりに霧吹きしてくれと頼みました。
いつもは一人で両方の役をしていますが今日は楽ちん。





1575a.jpg
左~。





1579a.jpg
右~。
なぜカメラ目線なんだろうか





1577a.jpg
シャワーすればするほど汚いインコになっていきますアオ子さん。





1539m.jpg
オレは超撥水加工のため水分吸収しませんので。





1538m.jpg
オレの左羽が隙っ羽なことは内緒にしておいてください。
今朝抜けたところです





出掛ける前だったので1セットのみ(霧吹き1本分)で終わらせたため物足りなかったのか。





1578a.jpg
家に戻り尻湯腹湯足湯。
ちなみにこの水入れが小さかろうと親切心から大きな容器に替えたら尻湯はしなくなってしまいます。
はみ出し感がアオ子さんのこだわりです。









関連記事
[ 2015/04/29 21:35 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

おさがり鯉のぼり

今月は何かとバタバタしていて出すのをすっかり忘れておりました。
もっちの鯉のぼり。
毎年アオ子さんの雛人形を3月末に片づけ4月からもっちの鯉のぼりを飾っているのにうっかりしていました。
もうすでに4月末・・・。
ちなみに若いヒトの五月人形は何年も前から飾っていません。
面倒だから。特に片づける時。
購入者であるmaru母が知ったら気悪くするだろうな。





1537m.jpg
鯉のぼりとおかしな顔になるもっち。





4143h.jpg
もっちの鯉のぼりは先代からのおさがりです。







関連記事
[ 2015/04/28 21:40 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

さて、どうしたものか

旅を終え、先週から仕事へ行き日常が戻ったmaru。
長く休んでいたので体がなまっています。
そんなところへ、よろしくない話題が。

アオ子さんを迎えてよそ様のブログを拝見するようになり(それまではPCなどほとんど触ったことのないアナログ派)自分も始めてみたいなと思ったのがブログを始めるきっかけで。
初心者以下の初心者だったmaruでも簡単に開設することができたのがこのブログ。
今春で8年目に突入したところです。
アオ子さんともっちの日記程度の内容ですが長く続けているとそれなりに愛着もあるわけで。
この先どうなってしまうのか。
まさか突然閉鎖なんてことは・・・。
何せ無料で利用させて頂いているものでいつどうなっても仕方ないといえば仕方ないし。
なくなってしまったらまた一から始めればいいだけの話なのですが今までの記録が消えてしまうのでそれはそれで寂しいし。
今までのブログ記事を持って今のうちに他社に引っ越ししたほうがいいのか、悩んでいるところです。
使い慣れているこのブログを今後も続けられたらとても助かるのですが。
何軒か説明を読んでみましたが「○○ブログは簡単に引っ越しできます!」とはいっても、間違いなく作業に手間取ることでしょう。
記事データのバックアップだけは一応とっておきましたが画像は一括ではできないようで。
画像はもちろん別に保存していますが文章と一緒でなければ意味がないし。
という、いちいち面倒な性格です
なんちゃらソフトを使えば簡単にできます、みたいな説明もありましたがそもそも「なんちゃらソフト」なんてもの、使ったこともありません未知の世界です。
やはり面倒だな。
いまだに答えを出せぬまま。





022_convert_20080417215556[1]
アオ子さん2歳半、我が家へ来て1年後の様子。
ぬいぐるみでぐちゃぐちゃになって遊ぶ彼女の顔は間違いなく今より幼いです。





002_convert_20080427215530[1]
もっち生後3ヶ月、挿餌1日1回の頃。
彼は赤ちゃんの頃からムキムキです。
ちなみにこの頃の体重は450g超え、すでに2歳年上のアオ子さんを100gほど上回っておりました。





こんな思い出が、いっぱい詰まってるんですよね~。










関連記事
[ 2015/04/26 21:16 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

イン○アイス!

なんと言うことでしょう。
maruの元に鳥飼いに大人気の、あの有名なインコアイスが届けられました。
箱を開ける手が震えます。





4134h.jpg
ひゃー、こんなにたくさん!アオ子さんともっちのおもちゃも入ってる!
モモイロ、ヨウムもあるんですね。
心拍数が上がります。
わくわく。





で、当然試してみたくなる一枚。





1574a.jpg
ヨウムアイスとアオ子さん。





1533m.jpg
ヨウムアイスと本物ヨウム。





いつものことなので驚きもしません。





もったいないので届いた時、すぐには食べません。
昔から楽しみは後にとっておくタイプなんです。一人っ子なので誰かに取られる心配がなかったからでしょうか
ちょっとだけ中身を覗いてみることに。





4135h.jpg
モモイロさんはカボチャの種入り。
うっすらクリーム色のモモイロアイスにはローズジャムが入っているのですね。










さてさてヨウムは。








































4136h.jpg
どひゃーっ!
くっ、黒いっっ!!
この時点で大爆笑です。

ヨウム色のアイスにワンポイントであるエビ尻尾色が。
ゴマペーストにドレンチェリーだそうです。
他のインコアイスは白いのにヨウムだけは黒(グレー)。
表現力が素晴らしく感動です!
まさにヨウムアイス。





4137h.jpg
冷凍庫の引き出しはトリ達で満員。
アイスクリーム屋さんみたいで開ける度にわくわくします。
今夜はインコアイスぱーちーです。

夜、家族全員が揃ったところで開封しようと思っていましたよ。
さっきまでは。
無理でした。
若いヒトもmaru夫もいつも帰りが遅いので我慢できません。
食事の支度を終え、手が空いてしまったためどうしても冷凍庫の中が気になります。
無理に我慢するのは精神衛生上よろしくないのでちょっとだけ食べちゃいます。
まず、上級者向けだという3インコを。





コザクラインコアイス。





4138h.jpg
口に入れた瞬間、バニラアイスの味が広がりますがちょっとだけ違う風味も。
蓋を見てみましたところ、なるほど。
チーズが入っていました。
レアチーズ味のような風味でとても好きな味。





モモイロインコアイス。





4139h.jpg
モモイロさんは口に入れた瞬間に他とは違う香りを感じることができます。
さすが、ピンクのモモイロさんらしくローズの香りが口いっぱいに広がります。
優雅な気分です。





そして、ヨウム飼いだけに最も気になるグレーにワンポイント、ヨウムアイス。





4140h.jpg
ドキドキしながら口に運びます。
おおーっ!
ヨウム味!
いえいえ、インパクトの強いヨウムアイスはゴマ風味。
でも何となく、黒ゴマともっくん、違和感ないかも。

そしてこのアイスはベースが濃すぎないのでインコそれぞれの風味が生かされています。
大変美味しく頂きました。
もちろん3個いっぺんには完食していません。
続きは夕食後。
家族揃ってインコアイスぱーちーです。

あきらさん、感動のインコアイスありがとうございます!
ちゃんと凍ったままの状態でヤマトのお兄さんが届けてくれましたよ~。

アイスのスプーンはアオ子さんともっちのおもちゃにしてもいいですかー。







関連記事
[ 2015/04/25 19:39 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

T湾の旅 ⑦

T湾ネタ、⑦が最後。
昨年のバリネタは⑱まであったのにあっけなく終了です。
バリ島が大好きだということもありますが画像の数も昨年は1000枚を超えていたのに今回は300枚ほど。
たくさんの写真を撮る予定だった3日目が予定変更になってしまったことが大きな原因だと思われます。
ご飯食べて鳥見てきただけ、みたいな。
T湾新幹線にも乗りたかったな。
大事な時にトラブルを招くなんて、いかに普段の行いが悪いかが分かります。





4113h.jpg
屋台でみつけた甘そうなもの。





4114h.jpg
ゴマがまぶしてある揚げ物。





4115h.jpg
どちらかと言うと衣部分がぶ厚いことを望んでいたのですがどうやら中身が幅をきかせている様子。
ジャムよりずっと硬いフルーツのゼリーみたいなものが入っています。
ほとんど甘さを感じない、やはり優しい味。
maruは胃腸がすっきりしないので食欲ないですがmaru夫はお腹が空いているのでしょう。
この時間で夕方5時とか6時くらいでしたが、この日はまともにお店でちゃんと座って食事をしていなかったようです。
ちょこちょこ食いはしていますが。





4116h.jpg
で、見つけたのがソーセージ。
猪肉。
一口味見しましたが想像よりもクセはなく、肉自体が甘い。
初めての味です。





4117h.jpg
夜市はいつも賑やかです。





4118h.jpg
街の中にはO縄のような雨水回収桶がありました。





4119h.jpg
街の中には歩道橋もありました。





4112h.jpg
裏の通りは味わいのある建物が多いですが。





4120h.jpg
今回はT湾北部の台北とその周辺を観光しましたが、このようにビルが立ち並ぶ光景があちこちに見られました。





4121h.jpg
観覧車に乗り夜景を。
超高層ビル、右奥には台北101。





4122h.jpg
旅最終日のmaru夫の夕食、そぼろご飯とスープ。
都合によりmaruは断食です





4123h.jpg
ホテルに戻る途中立ち寄ったスーパーにトリの飾りモノ。





4124h.jpg
2日目にmaruの命を救ってくれたリンゴです。
胃腸がやられているため夕食は食べられなかったのですが命のリンゴは美味しく頂きました。





4125h.jpg
食べ物画像の後にこれはちょっとアレですが。
ホテルのトイレはウォシュレット完備で快適です。
が。
どうしても違和感満載だったのがこれ。





4126h.jpg
どこのトイレに入っても便器の横にはゴミ箱が設置されており普通なら汚物入れだろうと思うことでしょう。
ところが、ただの汚物入れではありません。
こちらでは下水が詰まりやすく、用を済ませ汚れを拭き取ったトイレットペーパーをそのまま便器内に流してはならないのです。
そう、この汚物入れに捨てるのです。
かなり抵抗あります。
便座に座るたび「ゴミ箱ゴミ箱!」と呪文を唱えていたのですが、うっかりそのまま流してしまったこと数回。
ごめんなさい。





翌朝は迎えのバスが来るので5時半にホテルのロビーに集合です。





4127h.jpg
フロントで朝食用のお弁当を受け取ります。
さすがに朝の6時前ではお腹も空かないし飛行機に乗ったら機内食も出るので日本まで持ち帰りました。
ベリー系ジャムのロールケーキと黒糖蒸しパン。
生地はもちもちで美味しかったです。





4128h.jpg
さようなら~、T湾。





4129h.jpg
しっかし。
日本行きの便、多すぎではないですかー。
8:45東京行きなんて3便も出てる。
なるほど。





4130h.jpg
こういう状態になりますよね。
チャイナだらけ。





4131h.jpg
飛行機が混みあっているためなのか、ここで普通に30分以上待ちました。





4132h.jpg
帰りの機内食。
肉の種類を選べたのでポークで。
甘辛ダレのポークソテーみたいな。
パンとマカロニサラダとお菓子。
そしてここでも命のリンゴ。





帰りの機内はけっこう揺れたので眠ることはできませんでした。
東北の上あたりは揺れるんですけどね、最近は色々事故が多いので気になってしまうのです。





4133h.jpg
トラブルあり思い残すことの多い旅でしたが楽しかったですT湾。

T湾の旅、おしまい。







関連記事
[ 2015/04/24 23:59 ] | TB(0) | CM(2)

T湾の旅 ⑥

人生初の体調不良を経験し、睡眠とリンゴでまさかの復活を遂げ、トリ達と戯れ体力精神力ともに使い果たし抜け殻になったmaru。
残りの時間はもう、どうでもいいんです。
鳥達を見ている時は夢中でしたが鳥街を後にすると、まだ体調は完全に戻ってはいないことに気づきます。
残りは無理をせずのんびり散策をしながら過ごすことに。





4092h.jpg
怪しい路地裏へ入ると。怪しくはないです





4093h.jpg
胡椒餅屋さん。





4094h.jpg
後ろのおばさま方が具材を包みお兄さんが表面に水をつけ樽のような窯に入れ焼き上げます。





4111h.jpg
生地は層になっていてカリカリです。
具はスパイスで味付けされた荒く刻んだ豚肉とネギ。胡椒が効いてます
齧った横から熱々の肉汁が流れ出るので要注意。
お腹の調子が完全に戻っていないのでmaruは一口だけにします。
一口にしては大きすぎやしませんか!とのツッコミはなしで。





午前中、入口の写真しか撮れなかった龍山寺へ行ってみます。
台湾最古の仏教寺院で、商売、学業、夫婦円満などの神様がいるそうです。





4096h.jpg
入口手前ではお供えの花が売られていたので購入。





4097h.jpg
いい香りがするよ、とお姉さんが渡してくれた花。
白い花がとてもいい香り。
フリージアのように見えますがほのかな香りではなくガツンとくる強めの香りです。





4098h.jpg
中に入るとこのようにお供えをする台がありました。





4099h.jpg
柱には鳥。






4101h.jpg
人気なんですね、T湾。
どこへ行っても観光バスが何台も並んでいます。





4102h.jpg
幼稚園では園児達がお兄さんと体操中。
隣は動物病院でしょうか。





4107h.jpg
ここにも餌が撒かれています。
鳩くらいの大きさですが、頭とお腹がもっくん色で翼は茶色い。
左の子なんて首輪模様が入っている、かわいい。





4103h.jpg
スーパーにも寄ってみました。
日本語の書かれた日本の商品が当たり前に売っています。
お菓子や調味料なども日本製のものがたくさんありましたが価格は日本とほぼ同じ。
ミツカ○、味ポ○などもありました。





4104h.jpg
ずっとお腹の調子が悪いのでさすがに牛乳は試しませんでした。





4105h.jpg
漢字が使われているので何となく意味が分かるような気が。
電動梯子。





4106h.jpg
再び地下鉄に乗って移動します。









関連記事
[ 2015/04/23 22:01 ] | TB(0) | CM(4)

T湾の旅 ⑤

リンゴを食べ復活したので出発です。
あんな状態のmaruを見たことがないmaru夫は無理しないほうがいいと心配していますがお構いなし。
治った治った!何としてでも鳥だけは見に行く!急いで!誰のせいで遅れをとったのか・・・
と、恩を仇で返すmaru。
今日が最終日であり見に行くところがたくさんあったのにすでに4時間ほどロスが出ています。
残念ですがメインだった動物園と九份(千と千尋映画のモデルになった絶景スポット)は泣く泣く諦めることにします。
が。
鳥街だけはどうしても外せません。
タクシーに乗りさきほど倒れた辺りまで逆戻り。
とても無駄な時間を費やしております。





4068h.jpg
鳥の街だなんて夢のようです。
もっちもT湾産、実家のコミドリもT湾産、実家でサイボーグ並に長生きしたメジロもT湾産でした。
鳥屋さんがどんな様子なのかとても興味があります。





4069h.jpg
道路を挟んで両側に鳥のお店が軒を連ねています。
さっきまでの史上最悪な体調などすでに忘れ鳥を目指して体が勝手に小走り。子供か





4070h.jpg
足元はこんなタイル張り。





以下、ヘンタイ丸出し画像につきご注意を。





4071h.jpg
キビちゃんだー。
キビちゃんの堂々たる顔つきが好きです。





4109h.jpg
こうしてスタンドに乗っている子達はもちろん慣れていて齧ったりしません。
売り物ですから慣れていたほうがいいですよね。





4072h.jpg
T湾のもっくん1号。





4073h.jpg
何が気になるって。
お店のおねえさんのミニスカ&トラ柄ブーツが気になって仕方ありません。
T湾のもっくんにパ○ツ見られちゃいますよ~。
ど派手なおねえさんですが、この格好でちゃんと挿餌していました。





4074h.jpg
モフモフなT湾のもっくん2号。





4108h.jpg
「ミニスカおねえさ~ん、ご飯ちょーだい」





日本にやってくる子達はこんなモコモコ期に何時間も飛行機乗って来るんだよね。
もっくんに初めて会った時もこんなだったな。
なんだか涙が出そうだよ、もっくん。





4075h.jpg
反対側の通りに渡りふと看板を見ると「放生鳥」。
放す生の鳥?





4076h.jpg
その看板の下に行くと確かに。





4077h.jpg
この子はケージに入っていましたが。





4078h.jpg
T湾のアオ子さん。
顔がまだ幼いですね。





4079h.jpg
キビちゃんやはり貫録あり。(勝手なイメージ)




















いやいや、ここはマズいです。

























危険地帯です。

























なぜなら。






























4080h.jpg
ボウシインコパラダイス。
なんじゃこりゃ。
ボウシインコばかりが並んでいる場面に遭遇したことなど生まれて初めてであり・・・心拍数が。
もはや普通の精神状態を保つことは不可能です。

お店のお姉さんが(ミニスカ虎柄ブーツではありませんでした)ボウシ達を撫でていたので羨ましそうに見ていると微笑みかけてくれたので自分は大変ボウシインコに興味があるという思いを伝えようと、アオ子さんともっちが写っている携帯の待ち受けを見せ「マイ、インコ!」「マイ、ファミリー!!」「ジャパニーズ!」などと知っている単語を並べ、おバカ丸出しのアピールをしてみました。
「OH!」「ファミリー?」「ジャパニーズ?」などと、画面に食いつきとてもよい反応。
頭の悪い日本人だなと思ったことでしょう。
すかさず自分も撫でくりまわしてもいいか身ぶりで尋ねてみたところOKなようなので遠慮なく。





4081h.jpg
特に慣れているのはキビちゃんと隣のキソデちゃん。
調子に乗ってよそ様の子のツクツクをほぐしてしまいました。





4082h.jpg
キビちゃんを掻いていると「見て見て~、こんなことできるんだぜ~」とキソデちゃんが猛烈にアピールしてきます。





4083h.jpg
「すごいね~、カッコイイね~」と褒めてみます。





4084h.jpg
「オイラ、日本語分かんないしー」
そうか、T湾インコに日本語は通じないか。
この子も大変慣れた子で一度掻くとなかなか解放してくれませんでした。





4085h.jpg
散々遊んで頂きましたがご飯の時間になるとあっさり捨てられたmaru。

思う存分遊ばせて頂いてそのまま帰るのもアレなので鳥達用のおもちゃを購入してきました。





4086h.jpg
T湾ブランドもあればいつもネットで購入している見慣れたブランドのものも。





4087h.jpg
大型ケージもたくさん。
アオ子さんにこんな立派なケージを見せたら「買って~」とわがまま言われそうです。





4088h.jpg
ペレットもT湾ブランドあり見慣れたZ社K社なども扱ってました。





4089h.jpg
袋がかわいいんです。
袋だけ売ってませんか~。





4110h.jpg
画像上部のヨウム。
ぶら下がって大変!と思いましたら、遊んでいるだけでした。
近くで見ていると「こんなことできるんだぜ」と言わんばかりにぶら下がって見せ、しばらくすると元に戻ります。





4090h.jpg
ヨウムがかなり多く見られました。
手前の子はまだ赤ちゃんですね。





4091h.jpg
満足です。
残っている全ての力を出し切り、抜け殻のよう。
旅3日目。
間もなく陽が暮れます。
明日の早朝にはホテルを出発するので残りあとわずか。







関連記事
[ 2015/04/22 13:24 ] | TB(0) | CM(8)

T湾の旅 ④

旅3日目。
朝市で朝ごはんを食べる予定なので今日はホテルでの朝食はとらずに出かけます。
しかし、どうにも体が重だるいのが気になります。
何となく、気持ち悪い。
しかし、今日が最終日なのでそんなこと言ってられません。





4059h.jpg
朝市の様子。
とにかく混んでいて活気があります。





4060h.jpg
野菜果物も豊富で。





4061h.jpg
たくさんのお店が並んでいます。





4062h.jpg
台湾バナナは美味しいですよね。
食べたいけれど固形物も水分も摂取できない最悪な状態に。





4064h.jpg
市場の中心あたりにある学問の神様「文昌宮」を必死で撮ってみるものの。





4065h.jpg
かなりヤバい状態になっているのは確実なようで。





4066h.jpg
会話すらできなくなっております。
カメラを向けた反対側を数分も歩けば本日1つめの見学スポットである鳥街があるというのに。
そんな気力さえなくなり広場にあった木陰のベンチで少し休憩を、と思いヨロヨロと歩き出した時。
グルグル目が回り始めたと思ったら耳が聞こえなくなり、視界から一気に風景が消えました。
その場で地べたに倒れたようです。
幸いにもすぐに気づいたようでmaru夫に抱えられながら端っこのスペースで休んでみますが史上最悪の気持ち悪さです。
めまいは吐き気も伴いますからね。
あらゆる薬は持参していますがそれさえ飲めない状況。
とてもじゃないけれどこれ以上進むのは無理なのでタクシーでホテルに戻りますがこの辺の記憶ははっきりしません。
目前に鳥達が迫っているのに行けないなんて、人生最大の汚点です。





部屋に到着後、倒れ込むように横になり気づいた時には3時間が経過していたそうです。
朝から何も口にできなかったので異常な喉の渇きが襲います。
爆睡中にmaru夫が隣のセブンでカットフルーツを買ってきてくれていたので一心腐乱に食いつきます。
リンゴとミニトマト。
リンゴがこんなに美味しく感じたことはないというほど美味しかったです。
リンゴに命を救われました。
数時間前には倒れたはずの人間が数時間の睡眠とリンゴだけで復活。
体が丈夫なことだけが自慢です。

元々腸が弱いのに(頭も弱いのですが)油っこいものを摂取したせいか2日目3日目とも腹を下しているし、前日の足マッサージで肩や首もマッサージされもみ返しが起きているかも知れないし、普段は1日2食か1食なのに旅行中は朝からがっつり食べているし。
歩きすぎたことによる故障もあるかな。





4067h.jpg
異国の地で危うくこんな場所に担ぎ込まれるところでした。
このまま旅を終わらせることなどできません。
意地でも鳥達に会いに行きます。
子供の頃、体調が悪いことを訴えると母親に「寝れば治る!」と言われて育ったmaru。
「本当だ!」と納得した旅3日目の午後。






関連記事
[ 2015/04/21 20:47 ] | TB(0) | CM(8)

T湾の旅 ③

午後は地下鉄と徒歩で街中を散策します。





4036h.jpg
たくさんの鳥達を見かけました。
この方はカササギでしょうか。(T湾にもいるそうです)
街中ではツバメが飛ぶ姿をよく見かけましたが何せ飛び去るのが早いので撮ることはできませんでした。





4037h.jpg
このように鳩の集団食餌風景もあちこちで見られます。
餌が撒かれているのですね。





4038h.jpg
ハトもスズメもたくさんいます。





4039.jpg
たまにリス。
暗くて見づらいですが「キョッ、キョッ」と鳴いているので存在は目立ちます。





4040h.jpg
こちらでは歩行者が横断歩道を渡っていてもギリギリ目の前を右折車が通過していくことが多いです。





4041h.jpg
ここにもトリが。
できれば乗りたくない車ですけどね





4042h.jpg
緑のポストが国内普通便用、赤いポストがエアメールと速達用だそうです。





4043h.jpg
滞在中、消防車の出動は見かけませんでしたが救急車は何度か見かけました。
危うくmaruも後者の車に乗せられるところだったんですけどね





4044h.jpg
屋台でおやきを買ってみました。
種類はあんこ(紅豆と書いてありました)とクリーム。
日本と同じ、おやきです。





4045h.jpg
本日は食べ物屋さんが多い屋台へ。





4046h.jpg
金魚釣りなえらぬエビ釣り。
さてこのエビは・・・飼うのか食材なのか。





4047h.jpg
ぐるりと一回りして今晩の夕食はここで。
ちょっとアレな食材があったので遠巻きに
実は全くお腹が空いていないのです。
朝ホテルで軽く食べ、近所の食堂で麺を食べ。
昼に小籠包とチャーハンとぎょうざとやきそば、しかも1皿の量は1人前の半分ほど。
量としては決して食べすぎではないはずなのにお腹が空かない。
何となく嫌な予感がしないでもないですが、せっかく来たので食べましょう。





4048h.jpg4049h.jpg
左 漬けもの2種(お通し)。
甘酸っぱいのと甘めのキムチ味。

右 タケノコ炒め。
細タケノコ、キクラゲ、青菜、唐辛子、納豆のような豆(納豆より薄味)。





4050h.jpg4051h.jpg
左 ハマグリ炒め
ハマグリ、パクチーのような強烈な香草入り

右 牛肉チャーハン

味はとても美味しいのですがさすがにお腹が空いていないので(というか胃もたれ?)炭水化物は入らず、チャーハンは一口だけ味見して全てはmaru夫の胃袋に入りました。
いちばん美味しかったのはタケノコ炒め。
納豆風の豆も美味しい。
しかし、ここでふと気づいたことが。
今日一日で食べた料理って、全て油っこくないかな。
ほとんどが油を使った「焼き」とか「炒め」とか。
そういえば小籠包の中のスープもかなり油感があったな。
そんなことを考えながら、ふとしたきっかけから隣の席で宴会中のおじさま方と言葉を交わすことに。
で、話が弾み乾杯することに。
ビール1本ごちそうになりました。
maruは飲めないので空コップで乾杯。





4052h.jpg
こういう出会いは旅のよい思い出になります。
この方(左)、とても実年齢には見えないのですが71歳だそうで。
若い頃、日本に留学して東京の大学に通われていたそうで日本語ペラペラでした。





DSC_0755.jpg
たくさん話をしてとても楽しい時間を過ごすことができました。





今日1日で15kmほど歩いたmaruとmaru夫。
毎年フルマラソンを完走しているmaru夫は平気そうですが、普段は車でしか移動しない怠け者maruは股関節のネジがギコギコいっています。
潤滑油が切れたような。
翌日のためにも足の疲れを取り除かねばなりません。
足マッサージ。
観光客が多く来るお店で痛くないやつです。





4054h.jpg
マッサージする方は女性ではなく男性なのですね。
しかもイケメン君が多いのはやはり女性のリピーター狙いでしょうか。
あ、イケメン君がマッサージしますが決していかがわしいマッサージ店ではありませんので。
隣ではmaru夫もマッサージ中





4055h.jpg
足の浮腫みも少し取れホテル前に着いた時、飲酒運転の検問中でした。
お酒を飲んだら運転しちゃいけませんよ~。





4056h.jpg
隣のセブンで買ったABヨーグルト。
どんな味かと気になっておりました。
うーん、昭和の頃におばあちゃんちで食べた甘ったるくてウソっぽいヨーグルトの味。
明日も早朝から出発です。






関連記事
[ 2015/04/20 20:28 ] | TB(0) | CM(4)