「でんらい」さん

でんらいさん。
一体なんのことでしょう。
maru家では「らいでんスイカ」のことを「でんらいさん」と呼んでいます。
本当にアホ一家なので気にしないでください。





今年のmaru家はでんらいさんブームですでに5玉目。
いつもの年なら1/4くらいにカットされたのを2~3回買って満足するのに今年は何が起きたのか。
(凝るとアホみたいに続きますが飽きると一切食べなくなります)
アオ子さんももっちもでんらいさん好き。
食後のデザートに一緒に頂くのがお決まり。
アオ子さんは持ってあげないと食べないので彼女が食べ終わるまで三角に切ったでんらいさんをずっと持ち続けなければなりません。
面倒なオンナです。
もっちは1口サイズに切って渡すと自分で食べます。





1408m.jpg
ゲリうん○になるんだよねー。トリもヒトも。あー、腹痛っ
あまりに好きすぎて頭に「でんらいさん」が。





関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/28 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

不憫でなりません

先日の焼き肉オフ会前夜のこと。
どうしても急な仕事が入り楽しみにしていたオフ会まさかの欠席が決まった前日夜のこと。
帰宅したmaru夫ががっくり肩を落とし蚊の鳴くような声でオフ会欠席の旨をつぶやき。
そっとソファに腰掛けガサガサと袋から何かを出している。
出てきた総勢○個の玉を見て、こりゃ病んでるな・・・と。





1440a.jpg
これを。





1411m.jpg
このコンゴウさんが欲しいがために。





3763h.jpg
総勢8名になってしまったようです。
仕事帰りにスーツ姿でガチャガチャを繰り返すmaru夫。
不憫でなりません。






関連記事
[ 2014/08/27 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

タイミングの悪さが自慢です

O樽に用事があったので通り道だし以前教えて頂いた喫茶店へ行ってみようかと。
丁寧に教えて頂いたおかげで迷うことなく無事到着しました。
が。





3753h.jpg
扉の奥を何度覗いても。
closed。
定休は火曜日とのことなので他の曜日にしたのですが「定休日火曜・他不定休」とあったので運悪く不定休の日に行ってしまったようです。
いつもタイミング悪い人間なんです。
定休日を外して行ったのに「誠に勝手ながら臨時休業」とか、よくあります。
せっかく丁寧に行き方を教えて頂いたのにこんなアホでごめんなさい。
意地でもリベンジしたいと思います。
次は事前に連絡を入れてから、開店確認をしてから伺うことにします。





3749h.jpg
お店は休みでしたがにゃんこ達は日向ぼっこ中。





3750h.jpg
こんなに人懐っこくていいのでしょうか。
腹見せまくりのどこ触ってもおっけーおまかせ好きにしてくれ状態です。
気持ちよくてゴロゴロ転がり。





3751h.jpg
砂だらけ。





3752h.jpg
黒い子を触っているとさきほどの子が「掻いて掻いて~」と足元にすり寄ってくる。
こりゃ帰れないな。
足と腕を毛だらけにしながらしばらく遊んできました。





3754h.jpg
用事を済ませ、まだ時間があるのでO樽運河へ。
いつ来ても観光客で混んでいます。
この辺はよく来ますが運河沿いを歩いたのは初めてかも。





3755h.jpg
でーん!
巨大なヒト発見。
あまりに巨大なのでカメラをお持ちの方々が数人立ち止まり始めました。





3756h.jpg
むっちむち。
みなさん顔が写るポジションで撮っているのになぜかmaruは股とか尻を観察してしまいます。





3757h.jpg
尻を撮るな!
とても嫌な顔をされました。





3758h.jpg
尻ばかり撮るので逃げてしまった、と思っていたら。





3759h.jpg
違いました。
すぐ下に着地しウロウロしています。
ここでもまた、この巨大さにみなさん興味津々で足を止めてしまいます。
彼の動きをじっと見つめます。
なぜ彼がここに下りたのか。
画像右上の釣りをしているおじさんが釣った魚を分けてくれるからでした。
人気の巨大くん。





3760h.jpg
別の場所ではビニール袋にエサ持参のおじさん。
横で質問する観光客に海のトリ云々を丁寧に教えていました。
足は薄いピンク色、翼上部の羽はグレー、黄色い嘴の下嘴先端に赤斑があるのがセグロカモメ。
足は黄色、尾羽に黒い帯があり、嘴黄色に先端部が黒、最先端部に赤斑があるのがウミネコですって。
足と羽の様子以外は忘れてしまったので家に帰ってから調べたんですけどね
恥ずかしながら初めて知りました。
大きいヒトはみんなウミネコかと。
ということはさっきの巨大くんはセグロカモメだったのですね。
盗み聞きですが大変勉強になりました。
おじさん一体・・・何者なの?





3761h.jpg
空中キャッチ。
嘴の様子はよく見えないけど足が黄色なのでウミネコか。
見分けられるようになり海のヒト観察もより楽しいものに。





3762h.jpg
ボートを漕ぐみたいな角度の足もかわいい。










関連記事
[ 2014/08/26 23:59 ] 外の鳥 | TB(0) | CM(2)

焼き肉オフ会 2014

昨年は雷雨に見舞われたオフ会でしたが、今年は雨に当たることもなく焼き肉日和だったにもかかわらず急遽仕事が入り前日夜に欠席が決定してしまったmaru夫。
本当にかわいそうです。
それはそれは落ち込んでいました。
しかも今年は。





3733h.jpg
切る。





3734h.jpg
切る切る。





3735h.jpg
肉の塊を。牛の舌です
こういうものを丸ごと仕入れてくるkozu家はすごい。
それはそれは美味しかったです。
分厚く切られた牛タンは1枚胃袋に入れただけで満足する食べ応えでした。





3736h.jpg
網に乗せるのも食べるのも早い者勝ち。





3737h.jpg
毎年手作りの一品を食べさせてくれるKIKUさん、ありがとう。
かずのこ大好き。
海苔のベルトを締めシソを羽織ったかずのこ。
来年お正月のお重に、真似してみようかな。





3738h.jpg
毎年参加の彼はこんなことをしても。





3739h.jpg
ハゲを公開されても怒りません。





3740h.jpg
ところが大変。
足にしがみつく彼。
ひめたまちゃんに恋してしまいグフグフが止まりません。
グフグフというか・・・リアルな腰振り。
アオ子さんのグフグフもアレですが♂のフリフリもアレですな。





3741h.jpg
何がなんでも離れたくありません、ボク。
2人のこれからについて相談している、ように見えます。
ひめたまちゃんもウワキ・・・してしまいましたね。
かなり激しく。





3742h.jpg
今年のよも嫁さんはクマになって参加でした。





3743h.jpg
鳥グッズ交換会。
毎年クジを引く役目は子供達だったのですが今年は子供の参加がなかったのでどうしようか、などと言っていましたが問題なしでした。
ちゃんと1枚ずつクジを引いてくれます。
そんな大役を果たしてくれた彼なのに。
コンゴウの臭いがなんとか・・・とか言う声が聞こえてきましてアオ子さんの鼻はアンモニア臭だとか失礼な実話まで聞こえてきてなんだかんだ、気がついたら座らされ嗅がされておりましたコンゴウ臭。





3746h.jpg
独特の臭いはあるけれどアオ子さん鼻のようなアンモニアとか腐敗系ではなかったです。





3744h.jpg
働き者の鳥の天敵、お休み中。
今年も幹事お疲れ様でした。
kozuさんkozu夫さん、楽しいオフ会をありがとう。





3745h.jpg
こちらもお休み中。
ほぼ、仕事の合間といっていいくらい限られた時間の中参加してくれたKIKU夫さん。
本当にお疲れ様でした。
KIKUさんに頂いた南部せんべいはお決まりの流れに↓。





3747h.jpg
みなさんありがとう。
今年も楽しかった。
オフ会が終われば間もなく秋。





1409m.jpg
「おっ!びび太!」
とは言ってませんね。
かなり気になっている様子。





そして。
今回仕事で参加できなかったmaru夫が帰宅し美味しかったか聞かれたので牛の舌が1本出たことを教えてあげました。
その後、誰かがFBにアップしてしまっていた証拠写真を見たmaru夫。
美味しかった自慢をした仕返しでしょうか。




















1438a.jpg
バラしています。
ウワキ現場証拠写真。
しかも臭い嗅いでるところ。
心なしかアオ子さんが悲しそうに見えます。











関連記事
[ 2014/08/25 23:50 ] 行事 | TB(0) | CM(4)

土産 その2

今回はタマゴの他にもお土産を買ってきました。
道の駅野菜売り場にて「ミニきゅうり」などという面白い形のものを見つけたので。





1405m.jpg
ふっくらミニきゅうり。
丸ごとあげたら口をつけなかったので半分に。





1406m.jpg
刺さる~。





1407m.jpg
気に入って頂けたようです。





1436a.jpg
アオ子さんはといいますと。
きゅうりをあげた時には天井の何か(人間には見えない何か)が気になっておりこの格好のまま全く動きません。
こうなるといくら声を掛けようとも彼女の金縛りは解けないのでそっとしておきます。





1437a.jpg
放鳥時にこっそり食べておりました。
悪いことをする時の彼女はこうして背を向け見つからないようにします。
きゅうりを食べるのは悪いことじゃないのに。





3732h.jpg
これか、大惨事。










関連記事
[ 2014/08/23 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

土産のタマゴ

久しぶりに彼らに土産のタマゴを買ってきたのでさっそく茹でて差し上げました。





663am.jpg
仲良く並んで食べているように見えますが。





664am.jpg
やはりアオ子さんは一人でこっそり食べたいようです。
食べるのが早いもっちに横取りされてしまうから。
大事な黄身を握りしめ離れた所で食べています。





1404m.jpg
アオ子さんは黄身しか食べませんがもっちは白身も好きです。







関連記事
[ 2014/08/22 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

2014旅 その3

野菜を買いに、札幌から車で2時間ほどのニセコ方面へ。
今日の天気は晴れだったはずなのに。





3721h.jpg
せっかくの羊蹄山(ようていざん)、山のほとんどが見えません。





3722h.jpg
場所を変えてみても全く見えません。





野菜を買いせっかくなのでお昼ご飯を。





3723h.jpg
地元で採れた野菜達の下には地元のルスツ豚(留寿都)を使ったハンバーグが入っています。
かなり煮込んでいるのでしょう。
熱々が大好きなので冷ますこともせず口の中を火傷しまくりながら美味しく頂きました。





3724h.jpg
食後のコーヒーに向かう途中、にゃんこ発見。
遠くてよく見えませんが前足にうっすらトラ模様(というか黒い輪っか)、顔の毛は長めかな。





3725h.jpg
「京極のおいしい水」で淹れたコーヒー。
(羊蹄山に降った雨や雪が数十年の歳月をかけて地下に浸透し湧き出した湧水です)





3726h.jpg
おいしい水で作られた氷も美味しい。
冷凍庫に勝手に落ちてくる氷と違って融けづらいですね、ロックの氷は。
暑い日にもっちの水入れに入れてあげたら喜ぶだろうな。





3727h.jpg
まだ時間もあるので色々立ち寄ってみます。
あ、キップも買ってないのに勝手にホームに侵入してしまいました。
ごめんなさい。





3728h.jpg
誰もいない。
ホームと手前の仕切りもない比羅夫駅(ひらふ駅)。





3729h.jpg
奥に見えるスキー場があるニセコの山も雲に隠れています。





3730h.jpg
最近彼らにお土産を買うのをすっかり忘れていたので今回は。






関連記事
[ 2014/08/21 23:59 ] | TB(0) | CM(2)

maru菜園2014 その5

菜園の野菜達は元気です。





662am.jpg
なぜトリ達を背景に撮るのかが分からない。





3718h.jpg
そして今日は枝豆の収穫です。
豆がムチムチに成長しています。





3719h.jpg
若干黄色くなってしまった豆もありですが今年もたくさん収穫できました。





1435a.jpg
当分彼らの枝豆には不自由しないことでしょう。





1403m.jpg
もっくん、見すぎ。





3720h.jpg
人用はこれだけ。
枝つきのまま茹でてみました。







関連記事
[ 2014/08/20 23:36 ] maru菜園 | TB(0) | CM(2)

2014旅 その2 ③

生き物スポット巡りを終えプラプラ散策していたら。





3706h.jpg
橋の上に人だかりが。
何があるのだろうと急いで向かってみます。





3707h.jpg
夕日の沈むところでした。
なるほど、この美しさは人だかりができるはずです。
後に調べてみましたらK路の夕日は世界3大夕日のひとつだそう(バリ島、マニラ、K路)。北海道で暮らしながら全く知りませんでした
K路の赤い夕日は海の水蒸気だけでなく湿原の水蒸気もプラスされてより赤く見えるそうです。





3708h.jpg
ここまで下がると。





3709h.jpg
あっという間に沈んでしまいました。





3710h.jpg
船が出港です。





3711h.jpg
K路市、幣舞橋 (ぬさまい橋)からの夕日でした。





陽も沈んだのでそろそろ夕食に行きたいところですが昼食のダメージがまだ残っています。
食後6時間以上経っているのにミートソースとカツ味のゲップが出ています。
しかし、せっかくはるばるK路まで、海の街に来たのに海のものを食べないのはもったいないので何か軽くつまもうかと。





3712h.jpg
炉ばた焼きのお店へ。





3713h.jpg
カウンター席10席ほど、座敷には4人テーブルが3つ。
決して広くはない店内、ほぼ満席でした。
ご夫婦2人で切り盛りしているようです。





3714h.jpg
こだわりの焼き加減があるのでしょう。
とても丁寧に焼いていました。
しかも混んでいるのでかなり時間はかかりますが最高に美味いです。





3715h.jpg
畳の縁に海のヒト達。





3716h.jpg
釜飯も美味いです。





3717h.jpg
ごちそうさまでした。












関連記事
[ 2014/08/17 23:47 ] | TB(0) | CM(0)

2014旅 その2 ②

丹頂鶴の後は動物園です。
どこへ行ってもワンパターンな動物絡み





3684h.jpg
写真を撮っているとこちらへ近づいてくる人懐っこさ。
ごめんよ、魚は持ってないんだ。





3685h.jpg
ダチョウの喉深くを見たのは初めてです。
彼女(彼)のまつ毛はアオ子さんのそれとは比べものにならないほどにふっさふさです。





3686h.jpg
キリンも2頭いましたがK路市動物園、空いています。
O広の花火大会の日だったのでそちらへ流れてしまっているのかも。
確かにK路からO広へ向かう道路は昼間から渋滞していました。





3687h.jpg
白鳥の池横の小屋に「白鳥のエサ」が売っていたので当然買ってみます。
ペレットみたいなカリカリの丸いエサ。





3688h.jpg
白鳥の数より鯉の数のほうが断然多いような。
はじめはエサを池に撒いてみました。
もちろんそれでは物足りませんね。
手から直接食べるのだろうか、と実験してみましたところ。





3689h.jpg
手を食われました。





3705h.jpg
ヘンタイの人差し指が若干潰れているのがお分かりでしょうか。
上嘴と下嘴で完全に挟まれております。
彼らの嘴の内側には細かいギザギザがあり大変痛いです。
挟む力もなかなか強い。





3690h.jpg
それなのに、痛い痛いと笑いながら。
止められない。
後ろの仲間が心配そうに見ています。
これ以上続けると流血事件に発展しそうなので終わりにしましょう。





3691h.jpg
オオワシ。





3692h.jpg
2羽いました。





3693h.jpg
強面の彼らも顔を掻く時にはアホ面になるようです。
アオ子さんももっちもほっぺの辺りを掻く時には目と口を半開きにしアホ面になります。





3694h.jpg
クールなオオワシですが彼はなかなかのお茶目さん。
maruが木の陰に隠れそーっと顔を出すとオオワシも首を伸ばしてこちらを覗く。
そんな遊びを数分ほど楽しんでいると周りには誰もいなくなりmaru夫さえ消えていました。





3695h.jpg
黒いヒトにいたずらされ立ちあがるシカ(左)。
黒いヒトって「遊ぶ」ということをするのですよね。
つくづく、知能の高い鳥だなと思います。
本来見学すべきは黒いヒトではなくシカなのですがやはり黒いヒトの動きを観察してしまいます。





3696h.jpg
ふれあい広場の入口に到着しました。
確かにここが入口のはず。
「おす」と記されているので押してみますが20cmほどしか開きません。
もしやすでに閉店?





3697h.jpg
一応お断りを入れて彼の邪魔をしないよう細い隙間からそっと入ります。
入口扉前に陣取る彼。





3698h.jpg
コンゴウインコは人気ですね。
O広の動物園にも3羽いました。
やはり2羽が仲良くて残りの1羽が単独行動というか。
ちなみに奥の彼はヤギの鳴き声に過剰に反応して大興奮中です。





3699h.jpg
黒い顔のヒツジが好きです。
ここはふれあい広場なのでお触り自由なのですが近づくと彼らは逃げていきます。
ヒツジに嫌われたもよう。





3700h.jpg
ふれあい広場の横には小動物コーナーがありクジャクを撮っていましたところ。
なぜか突然のセクシーポーズ。具合が悪いわけではなさそうです
他にはウサギやモルモットやウサギなどお子様に人気の小動物がたくさんいました。
その中に。





3701h.jpg
うおー。
みんなに人気の白いヒト。
アオメキバタンでしたっけ。
いやもう、いつどこで見てもこの方の瞳は罪ですな。





3702h.jpg
彼の世界へ吸い込まれてしまいます。





3703h.jpg
ええ、もちろん。
噛まれたら痛いのでよい子のみんなは注意してね。
どんなに掻きまくっても冠羽の長いツクツクを勝手にほぐしても齧らないいい子でした





3704h.jpg
K路市動物園、楽しませて頂きました。







関連記事
[ 2014/08/16 23:59 ] | TB(0) | CM(4)