狙われた大物

現在換羽中の彼ら。
アオ子さんは大物を出し惜しみしていますがもっちは太っ腹です。





1192m.jpg
黒いヒトのものかと思うほどの大きさです。
羽だけでなく軸部分もかなりの大物。





575am.jpg
軸を噛み砕くことが大好きなアオ子さん。
猛烈に狙っています。
しかしこれは絶対に渡すことはできません。





576am.jpg
軸ぅ~っ!
伸びる伸びるアオ子さん。
アオ子さん頑張りましたが軸を手に入れることはできず。







関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/31 23:55 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

南の味 再び

チャンプルー好きのmaru。
夏には頻繁にゴーヤを買ってきては作っておりますが今回はこれ。





2810h.jpg
「O縄の味 ちゃんぷる~麩」
自宅用に買ってきましたがこれがなかなか幅をきかせておりました。
スーツケースの中でかなり邪魔になるけれど割れモノなため決して高級品ではないのに丁重に扱われるVIP待遇の麩。
いよいよ出番です。





2811h.jpg
裏面の作り方によると。
適当に(2cm幅と記載されています)カットし。





2812h.jpg
水を吸わせ、しっかり絞り上げ。





2813h.jpg
出汁を入れた溶きタマゴに放り込み。
タマゴ液を吸わせたら焦げ目がつく程度にしっかり焼き一度取り出しハム野菜などを炒め最後に麩を戻し適当に味付けして。





2814h.jpg
できあがり。
麩が美味すぎです。
しかし、現地のその空気を吸い込みながら雰囲気を味わいながら食べる本物チャンプルーには到底かないません。







関連記事
[ 2013/10/29 22:37 ] | TB(0) | CM(0)

アオ子さんおはよう

すっかり寒くなりました北海道。
昼は辛うじて10度を超えますが朝晩は一ケタという寒さです。
薄手のコートではちょっと寒い季節になりました。
ペットヒーターは怖くて使えない極度の心配性maru。
現在は朝晩エアコンで十分ですが来月には間違いなく暖房ボイラーのスイッチが入ることでしょう。
1度入れると春までノンストップ。
長~い冬の到来です。
雪かきの季節か。
って・・・maru夫がするんだけどね





1283a.jpg
おはよう。
起きたてのアオ子さん寝ぐせがついてます。
気にしません。





関連記事
[ 2013/10/28 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

なぜだろうオレ

確か、旅行前に二人の爪を切ったはずなのに既に肉に突き刺さるようになってしまった彼らの爪。
特にもっちは爪を砥ぐのが趣味なので2ヶ月はもちません。
頑張っても1ヶ月ちょっと。
肩・手に乗るため爪切りは必要不可欠です。
もっちほどは鋭利になってはいませんがアオ子さんも一緒に爪切りです。





1190m.jpg
せっかく尖らせたのに!
しかも今日は切りすぎてオレの左後ろ短い爪から血が出たじゃないか!
大丈夫大丈夫。ほんのちょっとだから止血剤出す前に止まってたじゃないの。





1191m
なぜオレがここから出ないかって?
それはオレにも分からない誰にも分からない。






関連記事
[ 2013/10/26 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

なぜか対抗したがる

仲がいいのか悪いのか。
詳細は謎ですが2人はいつもお互いを意識しているようです。
お互い・・・というかアオ子さんがもっちの行動を気にして何かと対抗しています。





574am.jpg
もっちがチラシ棒を齧り始めるとアオ子さんも。
「アオ子はピンクだも~ん!」
なぜ同じことをしたがるのか。





1189m.jpg
行っています・・・?
確かに。
破壊作業を行っています。
なぜかいつもタイミングよくいい仕事をしてくれるもっち。
もっくん、ありがとう。






関連記事
[ 2013/10/25 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

非常食

アオ子さんは片づけの得意なオンナです。
いつも整理整頓。
いい嫁になること間違いなしです。
あー、でも拾い食いするし嫉妬深いし鼻臭いし・・・やはりおススメできません。
彼らのケージを掃除中、アオ子さんの動く音がしなくなったな・・・と思いジムもどきを見てみると。





1280a.jpg
クルミを食べています。
というかクルミの殻を執拗に舐めています。
今日はアオ子さんにクルミあげてないのになぜでしょう。
彼女にはよくあることです。





1281a.jpg
よいしょっと♪
アオ子の秘密の場所だよっ!
また明日も舐めるんだー。
非常食。





1282a.jpg
カラスかーっ。
片づけの得意なオンナはこうしてこっそり月2回だけのクルミ(の殻)を保管することがあります。
しかもブロックの中に入れるあたりがさすがです。
気づかれにくい場所です。
中身はもらった日に完食しているので空っぽなのに未練があるのかしばらくの間舐めています。
不憫だ。
もっちのように毎日ナッツ食べても太らない体質だったらいいのにアオ子さん。







関連記事
[ 2013/10/24 23:17 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

日常に戻ったそれぞれ

嵐のように過ぎ去ったO縄の旅からすでに2週間が過ぎようとしているところ。
maru家はすっかり日常に戻りました。
暑さやら湿度やら興奮やらでおかしくなっていたmaruの身体も1週間後には何とか通常に戻ったようです。
アオ子さんは相変わらずの瞬間接着剤並みのひっつきよう。
一日中弾丸トークが止まらないのはもっちです。





1278a.jpg
久しぶりのチラシ棒(チラシを折っただけの棒状のもの)で遊び一旦片づけます。
しかもご飯入れに、です。





1279a.jpg
「アオ子眠くなっちゃったから後でまた遊ぶのー」





1188m.jpg
オレは昼寝しないオトコ。
久しぶりの枝豆うめー。






関連記事
[ 2013/10/22 22:51 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

帰ってきたふたり

短い旅を終え最終日の遅い便で無事帰ってきました。
一瞬で夢から覚めるような寒さです。
この日は遅かったのでアオ子さんともっちの帰りは翌日となります。
久しぶりの再会に心躍ります。
が。
自宅に到着直後のアオ子さん。
掻いてあげようとしたのにこの態度。





1277a.jpg
「ココハドコー、ワタシハダレー」状態・・・。
え。
アオ子さん、たった3泊しただけで自分の家忘れちゃった?
お宿で優しくしてもらって戻りたいとか思ってたりして。
とにかく辺りを見回すことに忙しい彼女です。





1186m.jpg
「おいらは甘えてみる、えへ」
お泊まり中は余裕でおもちゃで遊んでいた札幌のもっち。
「オレも陽に焼けたかなー」
というか・・・maruの手が真っ黒です。完全に焦げています。元々色黒なので陽に当たると赤くなるなどということはなくそのまま素直に真っ黒焦げになります。





1276a.jpg
ここが自分の家だということを思い出したのか肩に乗ると接着剤のように離れません。
かなりしつこいです。





1187m.jpg
「O縄のもっくんは齧らないとか言ってたけど札幌のもっくんだって齧らないよ」
いつもなら掻いていると途中でダメ出しが入るのに、この日はどれだけ掻いても文句を言いません。
やはり、O縄のもっくんの噂を聞きつけたのでしょうか。
またお泊まりできるから楽しみにしててねー。






関連記事
[ 2013/10/20 21:18 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

旅 完結編

古民家ごはん屋さんを後にして残す時間はあと2時間余り。
帰りの飛行機は夕方ですが出発の2時間前までに借りている車を返さねばなりません。
急げ急げ時間がない。
海中道路手前のここへ立ち寄ります。





2792h_201310192050263bc.jpg
目の前に果てしなく続く坂。
暑さとハードなスケジュールで参っている身体に堪えます。
しかも午後のいちばん暑い時間帯では。





2793h.jpg
世界遺産、勝連城跡です。
先を見るだけでクラクラします。





2794h.jpg
札幌ならば雪まつりでこんな雪像がありそうな。
しかしここはO縄。
30度を超える気温の中ひたすら上ります。
まさか最後の最後にこんな仕打ちが待っていたとは。
※ここはmaruが選んだ場所ではありません





2795h.jpg
おおーっ。





2796h.jpg
ぜーはーしながらの雄叫び。





2797h.jpg
頂上からの眺めはすばらしい。





2798h.jpg
苦労して上った甲斐があるというものです。





2799h.jpg
空森家畑。





2800h.jpg
O縄の住宅はコンクリートで外壁が白くて。
同じ日本なのに異国の空気が漂う場所。





2801h.jpg
いつまで眺めていても飽きないエメラルドグリーンの海。





2802h.jpg
あぁ・・・ぼーっとする。
※暑さでやられてます





2803h.jpg
こんな所で海を眺めながらのんびり生活したらmaruも優しくなれるのでしょうか。





2804h.jpg
北では紅葉が始まっている時期でもこちらの葉は青々としており。





2805h.jpg
寒い地方では生えていない草木のジャングル。
アオ子さんの母国もこんな様子でしょうか。





2806h.jpg
城を下り。





2807h.jpg
最終目的地へ。
すでに半分意識はありません。





2808h.jpg
残念。
U字になっているこの橋は車で下りながらのワイドビューが楽しめるところ。
目で見る分には透き通る海の大パノラマを実感することができますがカメラで撮ろうとしても欄干が引っ掛かりどうにもこうにも伝えることができません。
橋の上は駐停車禁止なので。
手前のトンネル上部に上がると眺望のよいスペースがあるとのこと。
しかしもう時間がありません。
次回リベンジです。





2809h.jpg
O縄最後のご飯。
タコライスを食べ残念ながら予定通り出発が決まっている便で帰路につきます。
ここで欠航になったらもう1泊できるのになーなんてことを考えておりました。アオ子さんともっちに怒られます。





トラブルありハプニングありの充実した3日間でございました。
以前に行った時よりずっと、深く心に響くものがあり完全制覇してみたい!という欲望が込み上げています。
まさかの欠航により時間も足りなかったのでリベンジ2014。
長かった旅ネタもやっとこれで完結いたします。
1週間を費やしやっと画像が片付いてホっとしております。
長いことお付き合いありがとうございました。








関連記事
[ 2013/10/19 23:59 ] | TB(0) | CM(2)

旅 最終日② 古民家ごはん編

海中道路を渡り4つの島のうち3つを制覇しました。
残すは一番手前の島経由で橋を渡り浜比嘉島です。
歴史ある住居が立ち並ぶ住宅街を通り。





2773h.jpg
別世界。
車が1台やっと通れる幅です。





2774h.jpg
左側のロープが張ってあるスペースが目的地の駐車場です。





2775h.jpg
古民家食堂。





2776h.jpg
ドラマでしか見たことのないような光景にドキドキ心拍数が上がります。
おじゃましまーす。





2777h.jpg
畳部屋の中にちゃぶ台が4つほど。
奥の部屋にも同じ数のちゃぶ台。
建物の表側の席に座りました。





2778h.jpg
奥に見えるのが裏側の部屋。





2779h.jpg
サザエさんちのような。





2780h.jpg
縁側。
薄い1枚だけのガラス、北海道ならば冬の間は暮らせません。





2781h.jpg
さて、メニューはこのようになっていましたのでそれぞれ違う種類を選び半分こです。





2782h.jpg
今日は大根ではなく冬瓜だそうです。
冬瓜と鶏肉の汁と豚バラと野菜の油みそ炒め。
冬瓜汁美味すぎです。
冬瓜もトロトロで出汁が絶妙。
油みそ炒めはちょっと甘めだけど塩気も強いご飯が進む一品です。





2783h.jpg
豚モツの汁(これを中身汁というのが面白い)と本日のチャンプルー(麩チャンプルー)です。
モツは美味いに決まってます。
チャンプルー好きのmaru。
ゴーヤも好きですが麩も美味すぎです。
こちらも味付けは濃いめでご飯が進みます。
両方食べれてよかった。
左奥に見える白い揚げ物。
ジーマミ豆腐を揚げたものらしいですが口の中に入れると融けます。
ピーナッツの香りが鼻を抜けこちらもとても美味しかった品です。
もずくそうめんも大根のウコン漬けも美味しかった。
大満足です。





2784h.jpg
お会計の時にふと目に入った写真。
秋篠宮さまが写っています。
お聞きすると今年の3月に来店された際に撮った写真だそうです。
皇室の方がお見えになるなんてすごいお店だったんだ。





2785h.jpg
庭のハイビスカスが眩しいです。
ごちそうさまでした。





2786h.jpg
道路を挟んで隣のお宅。





2787h.jpg
別のお宅には何かがぶら下がっています。





2788h.jpg
付け根にはバナナ。
こんなに大量のバナナ見たらもっくん失神しちゃうだろうな
何もかもが新鮮すぎます。





2789h.jpg
家庭菜園もあり。





2790h.jpg
時が止まったかのよう。
日常の嫌なことなんて忘れてしまう。
このままここに居座りたい。
そんな気持ちにさえさせてくれます。







関連記事
[ 2013/10/18 23:58 ] | TB(0) | CM(2)