FC2ブログ









大惨事

あれだけ恐怖を抱いていたニンゲンどっくでしたが意外なことに楽々全工程を終え無事帰って参りました。
おまけにご褒美のランチつきです。





2161h.jpg
メニューは3品から選ぶことができて「カロリー控えめ和食」「軽い麺類」「ガッツリとんかつ定食」とありましたがもちろんmaruは軽食で。
あ、違う。
定食で。
食べ過ぎとドリンクの飲み過ぎでお腹の調子が悪くなり食後にお手洗いへちょいと失礼。

ええ。
ここまでは順調でした。
というか元気でした。
昼食後は処方された薬を言われた通りに飲みました。
今回の検査では初のバリウムを飲んだのでそれを早く排出するための下剤を飲むように言われました。
時間が経つにつれ固まってくるので排出が困難になる方もいる、と脅されました。
うーん。
maruはゆるゆる体質ではありますが言われた通りに飲みました。
これが悪夢の始まりです。
飲んで1時間ほどで突然の激腹痛。
以前、真ダチを食べ過ぎた時にお腹を壊しトイレにこもり意識が薄らいでいったあの時の激痛に匹敵する痛みです。
まったく動けずどうすることもできず倒れ込んだままひたすら耐えておりました。
3時間後。
ようやく激から解放され鈍い痛みに変わりました。
その後もずっと鈍い痛みが続き就寝時間がやってきます。
いつも数秒で眠りにつける幸せ者ですが鈍痛があるのでなかなか寝付けません。
やっと寝付いたものの突然激腹痛で目覚めます。
トイレへ駆け込みすっきり落ち着いて再びベッドへ。
すると再び1時間後に激腹痛で目覚めトイレへ駆け込み・・・・・・・・・の
エンドレス。
結局起きる時間まで1時間おきに激痛に襲われておりました。
もう出るものは何も残っていません。
腸の一部さえも排出してしまったかのような感覚です。

記念すべき○○歳の秋。
一つ学びました。





484am.jpg
下剤は二度と飲むべからず。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/10/12 23:00 ] maru | TB(0) | CM(6)