FC2ブログ









ヨウムですから

昨夜の出来事です。
maru夫が笑いを堪えながら「カメラカメラ!」と騒いでいるのでカメラ片手に駆け寄ってみると。





793m.jpg
大惨事です。





794m.jpg
嘴はケージに届いたものの身体がどうにもこうにもならず戻ることすらできなくなっています。
どうやら移りたい先までの距離計算を誤ったようです。
もっち大失態。
なぜ彼がこんなことをしようとしているかというと。
ジムもどきからケージに乗り移りケージの底板を引っ張り出し敷紙をボロボロにするという悪い遊びが流行しているのです。
それが今日は微妙な距離となってしまっていたためこのような惨事を招いたと思われます。
しかしここからどう解決への糸口を見つけるのか興味があったためmaruも
maru夫も助けようとしません。
鬼の飼い主です。
きっと賢い彼なら安全な解決策を見つけてくれることでしょう。
ハラハラしながら見守っておりましたところ。







































































































































































795m.jpg
落ちた・・・・・。
ヒトはこんな瞬間、反射的にハっとした表情をしてしまいますがヨウムも同じだということが分かりました。
顔に出すぎです。
笑ってはいけません。
決して笑ってはいけませんよ。
なぜなら彼は。





796m.jpg
必死なのです。





797m.jpg
とにかく必死。





798m.jpg
彼の思いはただ一つ。
プライド高きヨウムの名にかけて。





799m.jpg
何事もなかったかのように装うことです。
そうです。
何もなかったのです。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/03/06 20:39 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)