今年もお世話になりました!

今年もあっという間に一年が過ぎてしまいました。
涙あり笑いありの忙しい年でしたがmaru家はみな元気で年を越せそうです。
こんなブログですが飽きずに呆れずにご覧下さりありがとうございました。
来年も間違いなく呆れかえるような内容だと思われますがよろしくお願い致します。
今年一年本当にお世話になりました。
2012年もみなさまと愛鳥さん達が健康で過ごせますように。
よい一年となりますようお祈り申し上げます。
それでは。





897a.jpg





763m.jpg 





関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/31 09:42 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

今日も好き放題です

ご心配おかけしております。
少しずつですが気持ちを落ちつけているところです。
アオ子さんは今日も好き放題やっております。





894a.jpg
ケージの前へ行けば「掻け!」と催促をし。





895a.jpg
指をしっかりと握って離しません。





896a.jpg
「離して下さい」と言っても知らんぷりです。





893a.jpg
隙あらば髪を結んでいるカラーゴムを略奪し。





892a.jpg
さんざん遊んだ後はmaru襟に嘴を突っ込み奉仕活動をさせられます。
トレーナーの襟が解れているのはもちろんアオ子さんの仕業です。



こんな様子でいつもと何一つ変わらず元気に楽しく過ごしております。
暖かいお言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます!





関連記事
[ 2011/12/28 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

健康診断 後半

アオ子さんの健康診断に行ってきました。
診察室に通された時の先生の表情を見てこれから何が起こるのかが一瞬で理解できました。
ちょうどこの日、先日の血液検査の結果が届いていました。
まさかの陽性です。
2007年12月から3年間で合計5回の検査結果が全て陰性だっただけにただ驚くばかりです。
しばらく放心状態の後、診察室でじっくり話し合いました。
11月28日の記事でも紹介したように最近分かったこととしてアスペルギルス検査の信頼性は100%ではないこと。
空気中に普通に存在する真菌なのでどんなに細心の注意を払っても何らかの形で紛れ込む可能性があり結果に反映されてしまうこともあるということ。
実際に陽性の結果が出た鳥さんが治療を行わず1ヶ月後に再検査をしたところ陰性だったという例もあるのです。
しかし、いくら陰性が続いていても免疫力のお陰で血液中に流れ出ていないだけということもありなのです。
長いこと陰性が続いていましたがそれは決して病巣が体内から排出されたことを確実に証明するわけではなく免疫力によって抑えられていると考えられることも常に頭の中にはありました。

アスペルギルスは呼吸器に病巣を作ることが多くファンガスボールといって結節ができている場合には難治性のことが多いのです。
このファンガスボールというのは生態反応により感染から身を守ろうとして感染した真菌の周囲に肉芽組織の壁を作り病原体である真菌を取り囲んでしまうものです。
分かりやすく例えるとチョコボールのピーナツ部分が病巣でコーティングしてあるチョコレート部分が真菌を取り囲む壁です。
これが大きくなることで機能障害が起きたり皮肉なことに大きくなってしまったボールのせいで薬も行き届きにくくなってしまうのです。

長いことよい結果が続いていただけにかなり混乱していますが今まで陰性が続いていたこともふまえて前述の例も考えられることから今回は治療せず年明けに再検査をすることになりました。
再検査の結果も陽性だった場合には即、治療を始めます。
アオ子さんはいつも通り元気です。
食欲もあり毎日遊び気に入らない時には大声で叫び毎晩膝の上で頭を掻かせべったりと甘えます。
呼吸の状態も異常はなく調子が悪い様子は全く見られませんのでもう一度祈ってみようと思います。
しかし頭の中ではありとあらゆることが駆け巡りこうして記事にしている今も心がどうにかなってしまいそうです。
2007年アオ子さんとの闘病生活の中でもう泣かない笑って楽しく一緒に過ごそうと決めたのに。
こんな状態でいるといつも喋りすぎなもっちまで黙っているのです。
動物は人間と違って敏感に人の心を読み取ります。
こちらの様子がいつもと違うと悲しい顔をして一言も声を発しません。
そして偶然にも(いいえ、彼はこの場面でこの言葉を言うということは理解していると思います)こんな心境の中発した言葉が「どうした?大丈夫?」なのです。
我慢できずここで声を上げて堪えていたものを全部涙とともに流しました。
2度ともっちに心配はかけません。
飼い主が落ち込んでいると鳥達にも多大なストレスを与えます。
結果はまだ決まった訳ではないのですから。
とは言っても自分のマイナス思考が邪魔をします。
どんな場合においても最悪の事態を勝手に想像してしまうこの性格が嫌でたまりません。
しかし。
努力します。
いつも通りアオ子さんともっちと楽しく笑って過ごします。
そう誓います。





関連記事
[ 2011/12/26 23:59 ] アスペルギルス | TB(0) | CM(6)

サンタがやってきた

我が家にもサンタクロースがやってきたようです。
今年はバタバタしておりツリーを出すのも忘れ当日朝になって慌てて飾るという始末でした。
サンタさんに間に会ってよかったです。





1895h.jpg
くつ下にプレゼントが入っています。





891a.jpg
アオ子さんの好きなピニャータクリスマスバージョンです。
よかったね、アオ子さん。





760m.jpg
白と赤のストライプ。
間違いなくもっちには嫌われる配色かと思われます。



こんな25日。
今夜は我が家の若いヒトとメタボがオトコ同志のお出掛けなのでmaruとアオ子さんともっちで家族水入らずという最高の夜です。
こんな機会はめったにありません。
水入らず&女子会!
サイコーっ!
あ、もっちはオトコだったか。
いいや。
この際、今夜だけ女子になっちゃお。
想像するだけで楽しみで仕方ありません。

ステキなクリスマスを!





関連記事
[ 2011/12/25 18:23 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

Merry Christmas

今日はクリスマスです。





888a.jpg
アオ子さんが考えています。
なぜなら。





1892h.jpg
コレだから。
今年はかなり手を抜いてしまったことが気に入らないのでしょうか。
とんでもない。
パプリカがツリー型なのが気に入らないのです。
手抜きというか全く手を加えないでくれたほうが嬉しいのです。





758m.jpg
もっちは手抜きだろうと何だろうと細かいことは気にしません。





889a.jpg
じっくりととうきびを味わうアオ子さん。
ただ単に目を閉じた瞬間画像なだけですが。。。





890a.jpg
唯一手を加えたツリー型のパプリカだけが手つかずです。





759m.jpg
こちらは「こんなの食えるか!」と言わんばかりに食器をひっくり返しツリー型パプリカは寂しく投げ捨てられておりました。





1893h.jpg
彼らに型抜きしたツリーの枠部分を再利用し。
ヘンタイと若いヒトとデブのクリスマスパーチーです。





1894h.jpg
よいクリスマスを!





関連記事
[ 2011/12/24 23:59 ] 行事 | TB(0) | CM(2)

最近の尾羽事情

明るい時間にもっちと遊んでいました。





752m.jpg
いつも出るのは夜なので窓から見えすぎる外の様子に少々ドキドキです。
窓から直接外を眺めるのは好きなのですが。
昼だろうと夜だろうとやはり楽しいのでゲロのプレゼントもありmaruの手にはすでにお粉が付着しています。
白いお粉は健康の証ですが毎日ものすごい量が生産されています。
リサイクルできないものかと本気で考えてしまいます。
お粉いっぱいの背中を思いっきり嗅ぐのが毎日の日課であります。
恐らくmaruの肺には黒い影と白い影があるはずです。
アオ子さんの鼻は腐敗臭ですがもっちの体臭は焙煎されたような香りです。





753m.jpg
今週末はクリスマスということでこんな嬉しいプレゼントも。
このフワフワ毛。
自分でむやみに触ってはなりません。
お口から爪へ頭へ頬へ眼球へ・・・、と繰り返すことになってしまいます。
まとわりついたら決して離れようとしないしつこいヤツです。
羽ネタといえば。




754m.jpg
とある日、夜の放鳥時。
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ、もう!
気になるー!
脱げそうで脱げない赤いヒト。
確認してみましたがまだ脱げそうにありません。
懲りずにもう一度確認してみたら「キャ」と言われました。
しかもこの赤いヒトはかれこれ丸1日はこの状態を保っています。
もっちも頑固ならば彼の着ている洋服も頑固です。





関連記事
[ 2011/12/20 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

計算ミス

アオ子さんが何やらおかしな格好をしています。





884a.jpg
必死。





885a.jpg
苦戦しています。





886a.jpg
数十秒後。
あっさりと諦め。
お口にはリゾットにしたペレットかすが付着しています。
一体彼女に何が起こったのか。





887a.jpg
これ。
シャワーに使った「止まり木T」を乾かしていたところを勝手に乗りさらにテーブルに乗り移ろうなんて無茶なことを計画していたようです。
どう考えても無理だと思います。
アオ子さん計算ミス。





関連記事
[ 2011/12/18 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

写真を撮ろう

そろそろ年賀状の準備を始めなければ・・・と思いつつまだ何も進んでいないmaru。
そうだ。
まずは2人の写真を撮らねば。
アナログmaruは合成などという高度な技を習得していないので2人がさも仲良しだと見えるようなツーショット偽装写真を撮らなければならないのです。
はい。
毎年苦戦しております。
写真を用意するだけで体力その他をかなり消耗します。





411am.jpg
もっちの真っ赤なエビが見えないのでボツですが彼のとぼけた表情はぜひ採用したくなる一枚です。





412am.jpg
というか。





413am.jpg
角度的にエビが写るのは無理なのでは。。。





414am.jpg
どう考えてもアオ子さんがメイン、もっちがおまけのようになってしまっています。





これならば。





415am_20111212103730.jpg
もっちは完璧ですがアオ子さんの非常に不機嫌な顔が残念です。





いっそのこと。





416am.jpg
エビ画像は別枠でいこうか。
しかも「禁」画像。





関連記事
[ 2011/12/15 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

2011年締めくくりもっち編

12月といえばmaru家恒例の年末健康診断です。
前半は春、後半は年末となっております。
毎年12月の健康診断をクリアして一年健康に過ごせたことを感謝しその年を締めくくるのです。
今週はもっちです。





756m.jpg
いつもキャリーにはすんなり入ってしまいますが入った後で「マジかよー」という顔をします。





757m.jpg
そしてうなだれます。
さっそくビックリ運も落下させてしまいました。





いつものことですが車中は余裕でキャリーをコンコンつついて機嫌もよろしいです。
診察室に入っても緊張はしていますが手を差し出すとキャリーからすんなり出てきてくれて簡単に保定タオルに包まれます。
マッハでmaru肩によじ登ろうとするアオ子さんとはまったく違います。
そしてやさしくて美しい魔法の手でタオルに包まれると暴れもせずじっと身を預け診察を受けます。
その辺もアオ子さんとは大違いです。
頑固者で有名な彼ですが覚悟を決めると無駄な抵抗はしません。
潔いオトコです。
単に怖すぎて動けないという説もあり。



今年も無事クリアです。
そのうも運も立派なものでした。





関連記事
[ 2011/12/14 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

幸せの

朝起きましたら。





873a.jpg
幸せのミドリの羽。
しかも立てかけてあるあたりはさすがアオ子さん。





874a.jpg
アオ子さん只今換羽真っ最中なので毎日山のように抜け羽が落ちています。





875a.jpg
大量に抜けるので背中も寂しそうです。





882a.jpg
そんな事情によりこのような事態を招くこともあります。





883a.jpg
しかし。
本人本鳥はまったく気にしていないようです。





アオ子さんの尾羽の模様。目玉のようなものがついていますが敵から身を守るため?尻尾を開くと目玉に見えるとか。蛾のように。うーん、枚数からいって目玉だらけになるか。でもそのほうが怖いかも。





関連記事
[ 2011/12/13 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)