FC2ブログ









2011秋の旅 その2

のどかな光景が続きます。





1825h.jpg





1826h.jpg
maru夫がだちょ様におやつを差し上げていますがだちょ様考えております。





1827h.jpg
よーく考えております。
○ブが差しだすおやつは気に入らないのでしょうか。





1828h.jpg
なーんて笑っておりましたらちゃんと食べてました。
今はこうして恐れずに手を差し出すmaru夫ですが知り合った当時はトリなど未知の生物でありこんなことできなかったよなぁ。調教の甲斐ありここまで成長いたしました。





1829h.jpg
対する彼女は子供の頃からこんなです。
そこに生きものがいれば何の迷いもなく突進します。
そのため一人娘であるにも関わらず子供の頃はいつも身体は傷だらけで両親も泣いて笑って諦めておりました。
この日も目の前しか見えなくなっているので背中が出ていることも当然気付いておりません。
それを忠告せず撮影するmaru夫もなかなかのヤツです。





1830h.jpg
食われます。





1831h.jpg
おやつよりmaruの手のほうが美味いのか。





1832h.jpg
食われてもなお、手から食べさせたいのです。
と。
帰り際に見てしまいました。





1833h.jpg
近寄らないで下さい?
そんなぁ、今さら言われてもねぇ。
近寄るどころか手から・・・食べさせちゃいましたけど。





1834h.jpg
よい子はこうやってあげるのだよ。





1835h.jpg
とある農場にて産みたてのタマゴがあるという看板を目にしたので入ってみましたが鶏はいるがヒトはおらず。
残念ながらアオ子さんともっちに新鮮タマゴのお土産を買うことができませんでした。





1836h.jpg
さ、帰ろ。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/09/13 23:59 ] | TB(0) | CM(2)