おめでと

今日はおめでたい日だからシャワーして綺麗にしようね。
そろそろ入浴日だっただけ。。。







352m.jpg
知らんぷりのご様子。
あぁ・・・せっかくの尻尾。
真ん中に隙間があるの。。。
先日の地震で抜けた2枚の存在がいかに大きいものだったか。
よりによって真ん中が抜けなくても・・・ね。







351m.jpg
おかしくなった。







353m.jpg
立派な尻尾で今日のこの日を迎えられたことに感謝だよー。







700h.jpg
今日はSPディナーだよっ。
ちょっと食べすぎ。。。







355m.jpg
旨いねぇ、たまご。







694h.jpg
だって・・・ほら。







695h.jpg
ほらほら。







696h.jpg
もっち2歳だもーん。
おめでとー。







697h.jpg
昨年のもっちとはまた違う。







698h.jpg
今年はウロコ模様が立派。
サカナ顔負け。
もしくは○○墨仕様。
一枚一枚違う色、手間が掛かっただろうな。







699h.jpg
職人さんによって毎年大きな差の出るマジパン。
これ目当てに注文しているようなものだよなぁ。
引き取りに行き確認のため箱の中身を見せてくれる時、隣もしくは背後にいる他のお客さんの視線が・・・痛い。
何の生物だろうと不審に思ったかしら。
新種のサカナですよー。







354m.jpg
ほら、ウロコがそっくりよ。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 23:51 ] 祝い事 | TB(0) | CM(12)

ディズニー地下鉄

本日maruが偶然乗った地下鉄の車両。







DVC00177.jpg
混んでいたから座席前の吊皮につかまっていたんだけど、ふと見上げたら広告が全てディズニー。
大ファンではないけれどつまらない広告よりずっと気分がよい。
で・・・駅に降りる人々がホームで携帯を手に撮影しているの。
ホームから車内を撮ってるの?
と思ったら。







DVC00180.jpg
これだった。
さっそく自分も携帯で。
こーゆー時に限ってカメラ持ってないんだもん。
最低。。。
撮影隊は女性ばかり。
乗り込む時は混雑していたし足元ばかりを見ているから気付かなかったんだ、きっと。








DVC00181.jpg
1月29日の道新に載っていた。
雪まつりに合わせて2月11日まで地下鉄東豊線で1時間に1本走るんだって。
午前9時から午後4時までは各駅構内にディズニーの音楽が流れるなんて、楽しいね。
関連記事
[ 2010/01/30 23:59 ] maru | TB(0) | CM(2)

続・たまご

アオももっちもゆでたまご大好き。
では、殻を剥いて丸ごとならばいかがでしょう。







422a.jpg







334m.jpg







さすがに丸ごとには降参のご様子。
黄身が見えてないとたまごって気付かないよね、やっぱり。
maru家の食卓、ニンゲンの食事用でサラダの付け合わせにゆでたまごスライスなんて乗っているものなら・・・
ラーメンに半分に切った煮たまごなんかが乗っているものなら・・・ケージの中でアオが黙っちゃいません。
「食わせろーーー!」と。
食いしん坊インコだから。
アオ子さんの目には食卓の様子がはっきりと見えてしまうのね。
インコ視力恐るべし。。。

関連記事
[ 2010/01/29 23:58 ] 鳥達 | TB(0) | CM(0)

険しい道をゆくインコ

いつもは「ジムもどき」と開けた戸の間にはもっと隙間がある。
アオが余裕で通れるくらい。
そのため彼女はわざわざこの隙間を通ってリビングへやってくる。
しかし今日は狭かった。
ていうかね・・・画面には写ってないけど左側はたっぷり空間があるのだよ。
そこはアオ子さんの不思議なところ。







426a.jpg
どう考えても無理でしょ。







427a.jpg
角度を変えても通行不可能。
で。







428a.jpg
床とラック棚1段目の間をくぐってきた。
あー、彼女の発想は。。。

関連記事
[ 2010/01/28 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(4)

箸でイモを頂く

今夜もmaru夫の元へ一目散に駆け寄るもっち。
本日は理由があった。
これ。







345m.jpg
焼き芋。
都合のいい男にイモをもらう。
しかも箸で。。。
もっち真剣すぎて点目になってるし顔筋が盛り上がってるし。
しっかし、ヨウムの首は伸びるねぇ。







346m.jpg
落ちてます。







347m.jpg
大きいのがほら、今まさに落ちた瞬間。
都合のいい男よ、片づけもよろしくお願いしますよー。

関連記事
[ 2010/01/27 23:26 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

扇子

先日ちと興奮気味で尻尾を広げたアオ。
かといって、凶暴になるってことがないのが彼女のいいところ。







423a.jpg
止まらないから撮影できないよー。
暑い夏にこの扇子はいかが?







424a.jpg
いつもならカメラ目線の彼女もそれどころではない様子。
表情もほら、勇ましいでしょ。
こうしてイグアナのようにゆっくりゆっくり移動する。
例えがどうかと思うが。。。
足の向きが変だからー。







425a.jpg
12枚。
真ん中の2枚だけは色が違うのよ。
関連記事
[ 2010/01/26 23:27 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

男の料理

ここ最近どっさり雪が積もった札幌。
住宅街の道路脇には大きな雪の山ができている。
昨日はそんな雪山の排雪作業が行われていたもよう。
町内のだから作業車も小さいのね。







688h.jpg
こうやって雪山の雪を何度もトラックに積んでゆき。







689h.jpg
いっぱいになったら出発。
山盛りの雪を捨ててからまた戻ってくる・・・の繰り返し。
ご苦労様です。



大きな道路の排雪作業は雪を吐き出す大きな重機とダンプカーがコンビを組んでお仕事をするのだ。
2台が同じ速度(歩く程度のゆっくりした速度)で並んでダンプの荷台に雪を吐き出していく仕組み。
雪国での暮らし未経験の方は想像がつかないかも。
大人になってもあのシーンは見ていて飽きない。
私だけかもしれないが。。。
以前は幹線道路沿いに住んでいたのでこの作業を見ることができた。
夜中に排雪作業が始まるとこっそり一人で眺めるのが実は密かな楽しみだったmaru。
今年はすっかり住宅街に引っ込んでしまったため見れなくなっていた。
これは想定外。
くっ。







さて今夜はmaru夫が腕を振るう。
って・・・どんな豪華なメニューかと思うでしょ。
ちっちっち。
ただの焼きうどんだよ。
具材は豚挽肉、キャベツ、玉ねぎ、椎茸、チンゲン菜。
味付けは市販のソースではなく彼流。
塩コショウと中華のだしも使っていた様子。
本人曰く、挽肉の旨味がポイントだそう。
ふーん。
美味しい美味しいと褒め称えると嬉しくて、また作りたくなるmaru夫。
ホントに美味しかったんだけどね。
片づけも完璧だと拍手を贈るのだけどそこはしゃーないね。







687h.jpg

ブスコバンのお世話になっている方のブログへお見舞いコメを残したところ自分の身にも降りかかった。
それは定期的に訪れる・・・気が遠くなるような激ツー。
しかも昨夜はブスコバンが効かなかった。
飲んでから正気に戻るまで3時間。
むっ、激辛好きのせいじゃないよー。
関連記事
[ 2010/01/25 23:58 ] | TB(0) | CM(4)

オウムを見るインコ

先日テレビで高島ファミリーの特集をやっていた。
特にこの家族の大ファンという訳ではないが、彼らの家族であるキバタンのピーちゃんがお目当てだったmaru。
出ると分かっているのだからぜひ我が家の二人にも・・・と。
見せてみた。










203am.jpg
スタンドで待たされ少々飽き気味で足を格納しているもっちとまだ余裕のアオ。







204am.jpg
ピーちゃんアッープ。
何ら変化のないもっちとずり落ちそうなほどビビるアオ。
画面からはピーちゃん飛び出てこないのよ。

関連記事
[ 2010/01/24 23:59 ] 鳥達 | TB(0) | CM(6)

半端な仕事を

ヨーグルトを食べる幸せな時間。







420a.jpg
美味しそうに食べるねぇ。
しかしだ。







421a.jpg
この待ってて台。
半分ツルツル貧乏くさい。。
どうせなら全部やっちゃって。

関連記事
[ 2010/01/23 23:58 ] 鳥達 | TB(0) | CM(2)

懸垂ヨウム

もっちが最近ハマっている洗濯物干し兼ジム。
放鳥時は必ず遊んでいる。
慣れてきたのか、かなり豪快に使用している彼。
ただでさえ動きについて行けないmaruカメラだからね、全く捉えることができないの。



どんどんエスカレートしていき、こんなおっとっとな場面を目の前にしても決して笑ってはなりませぬ。
彼を助ける時はさり気なく。
そう、何事もなかったかのように。。。
なぜって、彼のプライドが傷つくから。
気分を害したぞと露骨に顔に出す彼。
いや、実際笑っちゃうんだけどね。
おかしいでしょ、どう見ても。







331m.jpg







332m.jpg







333m.jpg


関連記事
[ 2010/01/22 23:41 ] ミドリ・ハイイロ劇場 | TB(0) | CM(0)