FC2ブログ









おめでとう

今日は我が息子の14歳の誕生日おめでと~

047h

記録的な猛暑の年に生まれた彼は数時間保育器に入ったにも関わらず、その後は健康優良児で昭和の子供のような素朴さを持った子供でした。
万年鼻たれっ子でいつも生傷が絶えない幼少期。
保育園時代は爪を剥がした事も・・・
熱性痙攣を起こす子だったので、抱いて走った事もしばしば。
初めての時はさすがに救急車を呼んでしまいました。
男の子は小さい時に手がかかると言いますが本当でした。
何度寿命が縮まった事か。。。
6年生(自転車で転倒)と中1(走っていて転倒)でたて続けに腕と小指を骨折した時は、整形の先生もさすがに「せっかく治ったのにまた骨折かい」と爆笑でした。

そんなわんぱくな彼ですが、5年生の時クラスにちょっと悪ガキな子がいて、いじめられて帰ってきた日がありました。
わんわん泣いて帰ってきたのですがその数十分前、先代のブルーボタンが8ヶ月の闘病生活を経て亡くなったのでした。
私の手の中で眠っているブルボを見て「オレがいじめられた事なんて全然大した事ない、我慢できる。死んじゃった事の方がずっとずっと悲しくて辛い」と更に大泣きしていました。
私はその言葉がとても印象的で今でもはっきり覚えています。
その後しばらく学校でも元気がなく、先生が聞いた所「誰にも言わないで」という約束でブルボが亡くなった事を打ち明けたそうです。 (後に先生から聞きました)

勉強が多少(あくまでも多少)できなくても、人として大切な思いやりの気持ちを持っている事の方が大切かなと思っています。
命の大切さとか人との関わりの大切さとか・・・
どうもクールな大人が多い最近ですが、せめて困っている人には手を差し伸べる位の余裕は持っていてほしいですね。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2008/09/07 23:32 ] 祝い事 | TB(0) | CM(2)