ウン試し

今日から12月だなんて早すぎです。
若い頃は1年が早いなんて思ったことがなかったような。
あぁ、今年は何したっけな。
これといって何もないままあっという間に1年が過ぎ去りました、今年も。
なんて呑気に考えていましたら今年の健康診断に行っていなかったことを思い出しました。
毎年秋に行っているのですが今年はO縄への旅があったため予定がずれ込み後回しになってしまいました。
今年度の期日は来年3月までなのですが面倒なことは年内に済ませましょう。
今年の汚れは今年のうちに。
ということで当日持参するブツを採取しなければ。





2834h.jpg
提出日直前の2日分を持参です。
出の悪い方は苦労するらしいのですが幸いなことにmaruは快食快便どころか頻繁に下し日に何度もトイレに駆け込むこともあるという困った体質なので採取は至って簡単です。
そして毎回試してみたくなること。
怖くて一度も試したことはありません。
どんな結果が出てくるのか。
緊急再検査通知などと赤字で書かれた封筒が届くのでしょうか。
人間にはあり得ない種のあんな菌とかこんな菌とか。
想像しただけで笑いが込み上げてきます。





1315a.jpg
1日目、アオ子さん。





1229m.jpg
2日目、もっち。








スポンサーサイト
[ 2013/12/01 23:59 ] 鳥達とmaru | TB(0) | CM(4)

痛覚のない3人

菜園で放ったらかされていた野菜達。
ししとうは赤く色づいていました。
今日のおやつは赤いししとう。





1028a.jpg
鷹の爪のように見えますが赤いししとうです。
ちなみに。
鳥達は鷹の爪も好物です。
鳥は痛覚が鈍いと言われており普通のヒトには辛い鷹の爪も平気なわけです。
栄養面では意外にもビタミンAとCが豊富で殺菌作用もあります。
ただし、過剰な摂取は胃、食道、腸などの粘膜を傷つけてしまうので注意です。
はい。
maruは過剰な摂取です。
いや、過剰のさらに過剰のまたさらに・・・。
maruもヒトではなく鳥類に分類されるのか痛覚がありません。
世に出回っている激辛という名のつくものを食べても辛さを感じません。
昔、「30分以内に完食すればタダです」という地獄ラーメンなるものを当時付き合っていた男子と挑戦しに行きました(その男子も辛い物好き)。丼に半分以上の唐辛子ペーストとほんの少しのスープで溶いた液体に麺と具。もちろんあっさり30分以内に完食し店内に名前まで貼られてしまったという恥ずかしい経験があります。
自宅では普通の一味では何もかけていないのと一緒なので激辛唐辛子パウダーやハバネロ入り激辛タバスコを愛用しております。
そんなmaruですが来月は生まれて初めてのニンゲンどっくです。
○○歳を記念してのご優待です。
「ヒトとしての数値は測定不可能」などという結果が出ませんように。





893m.jpg
もっちは下嘴が感染してしまったようです。





[ 2012/09/19 22:31 ] 鳥達とmaru | TB(0) | CM(0)

ヘンタイとインコ達

どうやらブログのタイトルを間違っていたようです。
正しくはコレ↑↑↑。



午後のひととき。
2人を同時に乗せるとこんなかんじです。
アオ子さんは肩に乗ったままどこへでも移動可能ですがもっちは移動不可能(乗せたまま進むと落ちる)なので大抵はソファに座った状態のことが多いです。





408am.jpg
もっちが眩しいです。
いつも過ごしている2階から3階へ連れてこられてビビるアオ子さん。
堂々としているように見えるもっちですが左耳からは緊張具合が伝わってきます。
「トコトコトコトコトコ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」とマッハな心音が聞こえています。




















































そして。





















































密室にて。







































































838a.jpg
臭すぎて嗅がずにはいられないアオ子さんの鼻臭。
中毒です。








[ 2011/10/25 23:59 ] 鳥達とmaru | TB(0) | CM(8)

ゴム手生活始まる

今夜、楽しみにしていたテレビ番組を観ていたところ22時過ぎ頃でしょうか。
突然グラっと。
そう地震発生です。
とても短い時間の揺れだったため暴れることもなくほっと胸を撫で下ろしていたのもつかの間。
数分後にもう一度。
これがいかん。
もっち大暴れ。
時間差でまだmaru肩にいたアオ子さんは余裕でした。
ケージカバーを外すとケージの金網に翼をすっぽり引っ掛けてしまっているもっち。
無我夢中でもっちを救出する。
意外と簡単に外れもっちを床に下ろしたところmaru家に悲痛な叫びが響き渡る。
なぜかって。






















































生々しいのが苦手な方はこれ以上下を見ないで下さい。
画像は普通サイズですので。
















































































































































































1244h.jpg
救出後、気付いたらこんな。
えぐれたお肉がぶら下がっていたので元に戻しておきました。
マジ痛いっす。
あー、でも嘴型になってるのはさすが。


明日から完治まで家事は一切無理だなー。
うん、無理無理っ。
絶対無理。
問題は洗顔と洗髪か。
ゴム手生活だな。
[ 2010/10/20 23:59 ] 鳥達とmaru | TB(0) | CM(6)

2009大晦日

2009年。
みなさま、今年もお世話になりました。







392a.jpg
こんな方や。。。







304m.jpg
こんな方の。。。


ほぼ日常ばかりをお届けして参りました2009年。
2010年もほぼ鳥ネタだと思われますが・・・。
ぜひ来年もよろしくお願いいたします。







651h.jpg
みなさまにとって2010年もすばらしい一年でありますように。

よいお年を。。。
[ 2009/12/31 15:42 ] 鳥達とmaru | TB(0) | CM(4)