いつもの道で

通勤途中の道。
昨日はこんなに葉が落ちていなかったのに、今日通るとこんな。










IMG_1888.jpg
強風でほとんどの葉を落とし、落ち葉の絨毯。









スポンサーサイト
[ 2017/10/31 00:47 ] その他 | TB(0) | CM(0)

雨女 名誉挽回

本日maru夫が旅に出ました。
行き先は横浜。
明日の横浜マラソンに出場するためです。










IMG_1881.jpg
羽田から横浜に向かう車内。
「初京急」などと、ご機嫌で画像を送ってきましたmaru夫。
そう、この時はまだ何も知らないmaru夫。
可哀想に。
その後しばらくして、maru夫と合流した若いヒトから電話が。
「マラソン中止になったらしいよ」と。
初の横浜、初の横浜マラソンに胸をときめかせ、ゼッケンを受け取るため最寄駅で下車したところ。
「横浜マラソン中止」のプラカードを持った係員が立っていたとのこと。
あぁ、可哀想に。
記念品があるそうなので(それもまた悲しいかな)ゼッケン受け取り場所へ向かったmaru夫を待つ間に、若いヒトが知らせてくれました。
当選した時には1/7の確率だとか、オレは強運だとか言っていたのに。
今まで散々maruのことを雨女だと笑ってきたmaru夫。
一緒に旅行に行って季節外れの雷雨だったり、台風で飛行機欠航させてしまったり・・・それって実は、maru夫が雨男だったのでは。
雨女、名誉挽回の兆し。









[ 2017/10/28 22:46 ] その他 | TB(0) | CM(2)

雪が積もった朝 

本日午後の様子。










IMG_1878.jpg
午前中積もっていた雪は午後からの雨で溶けています。
今日の最高気温は5度を下回り。










IMG_1856.jpg
北海道は暖房の季節です。









[ 2017/10/23 21:14 ] その他 | TB(0) | CM(2)

梅干し その後

梅干し・・・ではありませんが。
先月中頃の火傷。
面白いほどのパンパン水膨れでした。
日々観察しておりましたので結果報告を。
火傷の水膨れは破ってはいけないので大切に大切に保護しておりました。
パンパンだった水膨れは3日後にはしぼみ始め、さらに3日後には消えました。
が、焼けてしまった表面の皮膚と、その内側にできつつあるだろう新しい皮膚の間にはうっすら水分らしきものが滞在し、表面の焦げた皮膚を触ろうものならペロリと剥がれてしまいそうな危なっかしい状態が2〜3日。
特大絆創膏を貼りVIP待遇で過ごした結果。










※そんなに気持ち悪くはないですが、苦手な方は拡大しないでね










IMG_1641.jpg
完全に乾燥し、焦げた皮膚が少しずつ剥がれていきます。










IMG_1669.jpg
剥がれは進み、新しい皮膚が顔を出します。










IMG_1713-1.jpg
現在の様子。
赤かった新しい皮膚が落ち着いた色に変化しつつあります。
火傷した部分は日光に当てると跡が残るので、外出時は万全の紫外線対策を受けるというVIP待遇。
とはいえ、歳とともに傷を治す力も落ちているのは事実。
無駄な努力かもしれない。










IMG_1686.jpg
しぼんだ梅干しの話なんていいからー、足マッサージして!









[ 2017/09/03 22:26 ] その他 | TB(0) | CM(4)

2017年 北海道マラソン

8月の最終日曜日。
毎年恒例の北海道マラソンです。
今年も参加しました(maru夫が)。
毎年応援に行っているmaru。
仕事だからと応援に行くのをやめた時に限って救急搬送などされてしまったら責任を感じるので、やはり仕事を休み応援に向かいます。










DSC_8231.jpg
いつもの場所へ。
この辺まで来ると、熱気が伝わってきます。
さらに沿道に立つと、息づかいや汗のにおい、この場でしか感じることのできない空気があります。
maru夫がここ、40km地点に到着する予定時間まではまだまだ余裕があるので沿道から離れ。










DSC_8255.jpg
黒いヒト観察。
巣立ち間近の子がたくさんいます。
そうこうしているうちに、間もなく到着しそうなmaru夫。
スマホの画面を見ると刻々とmaruのいる地点に近づいてきています。
マラソンのアプリ、昨年よりもリアルにランナーの位置を確認することができるようになってました。










DSC_8237.jpg
おおー、maru夫が気づいたようです。
笑って手を振っているので余裕かな。










DSC_8246.jpg
嬉しそうなmaru夫。
残りあと2kmあまり、頑張れ。
ここまで来ると本人も安心するそうで、残りの2kmは周りを観察しながら楽しんでいるらしい。
こちらも、maru夫の無事が確認できて安心して応援することができます。










DSC_8249.jpg
目の前を通り過ぎる白バイ。
かっこええ。
でも、なぜか、反射的にちょっとドキドキ。










DSC_8251.jpg
閉門時間までに通過できなかったランナー達も。
しかし、沿道からは大きな拍手が送られます。
この暑さの中、40kmも走るなんて、5時間近くも走り続けるなんて、すごいです。










DSC_8254.jpg
黒いヒトを観察しながら歩きます。










DSC_8259.jpg
子カラスがたくさん。










DSC_8263.jpg
裏方の支えあっての大会ですね。
お疲れさまでした。
Pカーは今の丸い形より昔の角ばった形の方が好き。いや、それ自体は好きではないけれど
やはり、Pカーを見ると反射的にドキッとする自分。
ちょっと挙動不審。










IMG_1693.jpg
交差点ポリスのみなさま、お疲れさまでございました。










IMG_1697.jpg
今年は昨年より早いペースで走ることができたので自己ベスト。
毎年ペースを上げ自己ベストを更新し続けているmaru夫。
完走し続けているのもプレッシャーになり無理してしまうのではと心配し「来年あたりリタイアしてみたら?楽になるよ?」と提案してみましたが却下されました。









[ 2017/08/27 23:11 ] その他 | TB(0) | CM(4)