FC2ブログ









「みらくる」な出会い

先月、よほどのことがない限りは扉を開けることのない、とある場所へ。
できれば一生お世話になりたくはない、そっとしておいてほしいと願う「ポイント」を診ていただく場所。
そんなに行きづらい場所なのになぜ決心したのかと言いますと。

2年前の健康診断より「便潜血検査」で陽性が出るようになってしまったから。
この時点では目に見える出血は全くないし快食快便だし、きっと10年以上も前から自覚症状のある「アレ」のせいだろうと。
しかし再検査のお知らせが届いてしまった以上、放っておくわけにもいかないので(消化器外科の先生宛てのお手紙つき)昨年、意を決して大腸内視鏡検査を受けました。
結果、異常所見なし。
やはり昔から気になっていた「アレ」の仕業に間違いないな・・・と確信。
少しは労らなければ・・・と思い、大好きだった刺激物である香辛料を中止するも内視鏡検査からわずか数ヶ月後に事件が。
排便後の便器内が血の海に。
あ・・・これはさすがに、ちょっとヤバそう。
「アレ」がかなり悪化しちゃったかなー。
つい数ヶ月前に内視鏡を受け異常なしと診断されたばかりなので、腸の病気は考えられないという確固たる自信があり、市販の坐剤や飲み薬で様子を見ることに。
しかしその後、時間の経過とともに「うん◯」に鮮血が付着するようになり、さらに経過すると膿のようなものまでが確認できる。
そして、忘れた頃にやってくる大出血。
これが見事なほどに鮮やかな赤で便器の中をじっと見つめてしまい・・・いやいやそれよりも、これだけの量を出血してよく貧血にならなかったなと。
こんな状態になってもまだ、鮮やかな赤の正体は「アレ」で間違いないだろうと思い込んでいる。
赤黒い出血の場合は上部消化管からの出血が疑われるが、自分のは違う。

そして、もちろん今年の健康診断でも「便潜血検査」陽性。
ですよね。
これで出なかったらこの検査の意味はないですよね。
しかしこの時点ではまだ「アレ」だと思い込んでいるので(だって、内視鏡やったばかりだし)秘密の扉を開けようなどとは思っていません。
たまたま札幌駅界隈のクリニックにお世話になった時、調剤薬局の壁に貼られたポスターがふと目に止まる。
「札幌駅前 ◯◯ おなかとおしりのクリニック」
おしり・・・これは運命の出会いかも、「行け」ってことだな・・・と、やっと受診する決心がつく。
しかも薬局の名前は「みらくる薬局」。
まさにここでの出会いが「ミラクル」でした。

数日後、その扉を開けることに。
そこは大腸肛門疾患で有名な某クリニックの前院長が数年前に開業されたクリニック。
時間によっては大変混雑しております。
女性でも若い方でも入りやすい病院っぽくないオシャレなインテリアが、勇気を振り絞って扉を開けた患者の心を軽くしてくれます。
先生は患者の話をしっかり聞いてくれるし、目を見て話してくれる。
目すら合わせない医者もいますが個人的には好きではない
問診票を見て、今の状況を詳しく聞かれ「うんうん、じゃあちょっと診てみようか」と、カメラのついた肛門鏡で覗いてみる。
目の前にはモニターがあるので自分の目でも確認できる。
「そうだね、内痔核はあるね」
そうか、やはり出血の正体は「ぢ」か、と一瞬ホッとしたところでしたが。
そこから少し進んだ辺りで素人の自分が見ても様子がおかしいことに気づく。
「んー、内痔核よりも直腸の炎症が気になるな・・・」と先生。
「1年前に内視鏡検査受けたのは大きな病院?異常なしって言われたんだよね?」と首を傾げる先生と看護師さん。
もしや、あれは妄想で実際は受けてなかったのか?いやいや、診断書ももらっているし間違いないよ、先生。でも、そこは大きな病院だけど担当医に対しては不信感だらけだったよ(とは言ってません)
炎症がどの範囲まで広がっているのか確認しなければならないので検査をしましょうとのこと。
検査、カメラと聞いて瞬時に反応してしまったのか「内視鏡を受けた時、辛かった?」と心配する先生。
大腸全体を診る検査は1年前に受けたばかりなので、S状結腸まで進むカメラで診てみましょうと。
下行結腸までは進まないので痛みも苦しさもないとのこと。
しかも検査前の処置が必要なく、食事制限も一切なし。
前日夜にアローゼンを服用するだけで済むので腹痛もストレスも全くありません。
早めに検査を受けるよう言われ数日後に予約を。
「早めに」ということは、ちょっぴり深刻な状況が疑われるのだろうか。
この日からスマホの検索履歴が「大腸炎症」「大腸出血」「粘血便」「血便」「鮮血」「下痢」「下血」だらけに。
見た目にはいつも冷静沈着らしいのですが、頭に中はプチパニック。

数日後の検査は驚くほどに全く苦痛がなく順調に終え、その後診察室に呼ばれます。
先ほど撮影した画像を見ながら説明を受けるのですが・・・直腸が、えらいこっちゃになっておりました。
カメラが触れただけで出血するほどの炎症があり、その先は潰瘍だらけ。
この時点で潰瘍性大腸炎の疑いですが、診断を確定するために3ヶ所から組織を採取し生検に出しますとのこと。
結果が出るまで時間がかかるので2週間後に来てください、と。
な・・・長すぎる。
待ってる間に他の病気になっちゃうよ。
で、これは聞こうかどうか本当に迷った事案。
そんなこと聞くなんて恥ずかしいな・・・と、かなり迷いましたが、ええい!この際だ。
秘密のポイントも診せた仲だし聞いてしまえ!と。
「先生、実は・・・出血が始まった頃と同時期から・・・お・・・おならが・・・」
「この世のものとは思えないほどに臭いんですけど・・・」
言っちゃった。
もう、恥ずかしいことなど何もない。
もしかすると、潰瘍が関係しているかも知れないね、との優しいお言葉をいただきました。
この日から潰瘍の内服と坐剤を始めるのですが、これが非常によく効いている。
服用、挿入後すぐに効果が現れ、毎日欠かさず出血していたのがウソのようになくなった。
そもそも、この時点で病院に行けという話です
そして、強烈な悪臭を放っていた「おなら」も徐々に臭いが薄くなり、数日後には無臭に。
出血が止まったことよりもこちらの改善の方が正直驚いた。
外出時にちょっと出ちゃっても、もうバレないな
1年以上付き合っていた悪臭、いとも簡単に消え去ってしまい寂しいような何だか複雑な気分。
頭もかなり、やられてます

2週間後、検査の結果「潰瘍性大腸炎」との確定診断が。
現首相も患っている病気らしく、年々患者数も増えているようです。
自己の免疫が異常な働きをしてしまい、守るべき自分の腸を攻撃してしまうとか。
原因が不明で現段階では完治させる治療法が確立されておらず、症状が中等度以上の方は国の難病指定になっているそうですが、maruの場合は潰瘍が直腸のみの軽症で済んでいるので投薬を数ヶ月続けて様子をみましょうとの治療方針。
お薬で活動を抑え、寛解期を長く保つことが大切だそうです。
軽症のうちに発見できたので普段の生活での注意点もなく、食事制限もまったくなしで今まで通りの生活を続けて問題ないとのこと。










DSC_1115.jpg
次の受診日までの1ヶ月分のお薬。
坐剤は袋からはみ出ております。デリケートなお薬なので人目につかぬようバッグにしまい込んで持ち帰りましたとも
冷所保存の左の赤い錠剤、先生にも飲み込めるかどうか聞かれるほどに大きい。
胃では消化されず大腸で溶けて成分を放出する薬剤だそうです。
その仕組みに感心してしまう。

あの時、薬局のポスターが目に止まってよかった、本当に。
何年も放っていたら大腸まで潰瘍が広がって重症化していたことでしょう。
血便が出た際には「ぢ」だと楽観視せず、早めに受診しましょう。
って、説得力ないな。

アオ子さん達のかかりつけ医は「ことりのクリニック」。
maruのかかりつけ医は「おしりのクリニック」。
みらくる薬局から始まり、不思議な運命を感じる今日この頃。









スポンサーサイト



[ 2019/10/10 20:11 ] maru | TB(0) | CM(6)

下剤は飲むべからず

2015年健康診断、無事終了です。
結果はまだですが
昨夜は遅い時間に飲食禁止だったため大変つまらない夜を過ごしましたが、解禁です。
検診後は昼食が出るので迷わず昼から(正確には11:00)トンカツを選びます。
朝起きてからは水分補給さえ禁じられていたため食前にすでにコーヒー2杯。





4164h_20150804124959256.jpg
お一人様はカウンター席だったため両サイドのおじさま方と並んでトンカツを頬張ります。
ちなみに、ご飯とみそ汁はおかわりし放題。
ドリンクも飲み放題と、至れり尽くせりです。

さて。
初めて白い液体を飲む検査をした時、言われるがままに下剤を飲んでしまったところ悶絶級の激腹痛を引き起こしたので今回は飲んでいません。
腹が緩いヒトは飲んではいけないようです。
その時の詳細は→こちら
飲んでいませんがやはり、トンカツを食べている途中で腹痛が始まったので急いで平らげて車に乗り込みます。
脂っこいものは即、腹にきます。
家までは車で20分ほどですが「イテテテ・・・」と言いながらも無事帰宅。
セーフです。
美味しい画像の後に汚い話で申し訳ないのですが、もし、これからこういった検査をする方がいれば参考まで。

胃カメラに比べれば胃X線などかわいいもんですが、ゲップを我慢するというのはなかなか難しい。
発泡剤を飲んで数秒後に不本意にも空気が上がってきましたが口の中に留めておけばバレないかな、と思っていましたがバレました。
当たり前です。
胃の膨らみが足りずに再度、胃が膨張する顆粒を飲まされます。
もうひとつ、問題なのは無理な体位を強要されること。
真っ逆さまにされたり2回転しろと言われたり。

検査技師さんが明るくて楽しい方だったので救われましたけど、マジ顔で強要されるのならかなり辛いものがあると思います。

年に一度の面倒な行事が終わりすっきりです。
あくまでも、結果はまだ先ですけどね。






[ 2015/08/04 14:54 ] maru | TB(0) | CM(6)

一日の最後に

アオ子さん、毎晩のエステ。





1512a.jpg
①肩で毛繕い、15分コース(自力)。





それが終わると平らな坂道を下り。





1513a.jpg
②フェイス&頭皮マッサージ、30分コース。
テーブルに足をかけているのは見なかったことにしてください





1514a.jpg
コースの最後は足を差し出し。





1515a.jpg
何が始まるのかというと。





1516a.jpg
③足マッサージ、30分コース(延長あり)。あまり長引くとお互い寝てしまうことも
ちなみにコース料金は未だ未払いです。









[ 2015/01/23 23:59 ] maru | TB(0) | CM(4)

なぜタイゾウは嬉しそうに話すのか

先月初めから激しい首の痛みに襲われていたmaru。
まぁ、これは年に数回あることなので「またか」と思っていました。
痛みが始まる原因はほぼ、重い物を持つことが多かったり真上を見上げることを繰り返したり・・・などがほとんどです。
5月9日以降から痛み始めいつものように痛みが強まり上から5番目の骨の辺りに電気が走ります。
その電気は腕、背中、腰にまで伝わり上を向くことはもちろん顔を洗うのも髪を洗うのもかなり難しくなってきます。
起きてても横になっても、とにかく一日中痛みから解放されることはありません。
自慢じゃないですがmaruは痛みには強いほうだと思っています勝手に。
足指を骨折した時もただの捻挫かと思いパンパンに腫れ紫色になった足で運転して(当時乗っていたのはマニュアル車)夜間の当番病院へ行きセンセイにひどく叱られたこともあります。
しかし首痛は違います。
いつもはロ○ソニンでかなり痛みが軽減されるのですが今回は全く効きません。
それどころか右腕にしびれが出始めたのです。
皿は落としてしまうし、細かい作業が難しくなる(マウスを操作できなかったのが少々怖かった)。
今回はちょっとヤバいかなと思い日を追うごとに痛みも増すので仕方なく(病院嫌いです)かかりつけのせーけー外科に行きましたところ担当医(杉○タイゾウ似)に今回は右手にしびれが出てるし握力も異常に弱くなっているから検査しましょうと言われ後日MRI検査を受けました。



2986h.jpg
本当はマシンの写真を撮りたかったのですがさすがにそれは無理です。
ここに収まったのは15年ぶりくらいでしょうか。
とにかくうるさいですね。
痛みのため寝付けずかれこれ3週間ほど寝不足続きだったため検査中昼寝しようと思っていましたが耳の鼓膜がどうにかなりそうで眠れやしません。
検査を予約した日はタイゾウがいない日だったので後日受診。

大きい病院は待ち時間が長くて疲れます。
いつも激しい待ち時間ですがこの日は4時間半待ち。
座り心地のよいソファでしっかり昼寝させて頂きました。
11時に受け付けを済ませ診察室に呼ばれたのは15時半すぎ。
寝起きで意識がもうろうとしながらも間もなく映し出されたパソコン上の画像を見た瞬間に分かりました。
素人でも分かりやすい。
上から4番目と5番目の間の黒い物体が脊髄側に大きくはみ出し今にもくっつきそうになっています。
あまりにも分かりやすすぎて笑ってしまいました。
タイゾウもほほ笑みながら。
「頸椎椎間板ヘルニアだね~♪」
本当、こんなイメージの話し方なんです。ヘルニアと言われたのになぜか嬉しくなってしまいます。
出っ張っているブツが右側の神経を圧迫してしびれが出るのだそう。
現在はその症状やブツの様子を見ながら投薬などをし手術しない方向で治療することも多いそう。
元気で明るいタイゾウはアホな患者maruにとても分かりやすく説明してくれます。
この明るさ、分かりやすさのため人気のセンセイなのかもしれません
確かに薬を飲み初めて1週間たちますが完全ではないもののかなり痛みは軽減されています。
しびれはほぼなくなりました。
そんな訳で痛み止めを追加されしばらく薬で様子を見ることに。
「仕事で重い物持ったりしないでね。医者に止められてるからって言って他の人に代わってもらってねー。上向くのも禁止ー。どうしてもって時は上半身ごと上向いてー。無理するとまたひどくなるから~♪」とにかくハキハキ元気なタイゾウです。





疲れたので夜はパックしました。


















































2987h.jpg
maruにこの類のものを与えてはなりません。
その後どんな行動をとったのか。
想像通りだと思いますが詳細は後ほど。






[ 2014/06/05 23:59 ] maru | TB(0) | CM(8)

自分が悲しくなるとき

お弁当のおにぎりホイルに絵を描いてみた。
自分のではなくmaru夫の。
昼にこんなイラストを見たら楽しい気分になれるかな・・・との心づかい。
けっこう真剣に描いたつもり。
しかし。
輪郭を描き・・・目を描き・・・この時点で自分の感覚がちょっとだけおかしいことに気づく。
描けば描くほどおかしなことになっていく。
いや。
本気でヤバいと思った。
心づかいのつもりがただの嫌がらせに。
どうか・・・どうか誰にも見られませんように。

































































































































2894h.jpg
カッパとゾウリムシ。
なぜ?






[ 2014/01/16 23:59 ] maru | TB(0) | CM(6)