2017年 旅

連休明けの平日、ニセコへ。










この日は間違いなく晴天の予報なので、毎回雲がかかって見られなかった羊蹄山も見えるだろうと期待を胸に。










DSC_7665.jpg
でーん。
雨女、返上かもしれません。










毎年何度も行っているニセコ方面ですが、なぜか立ち寄ったことのない場所。
ふきだし公園へ行ってみました。
(羊蹄山に降った雨や雪が数十年の歳月をかけて地下に浸透し濾過され、地中のミネラルを含んだ水が湧き出る公園です)
その量1日約8万トン。










DSC_7671.jpg
軽く山登りをし。










DSC_7675.jpg
頂上からの眺め。
北海道も緑が出てきました。










DSC_7679.jpg
羊蹄山の湧き水。
左側には水を汲む場所があり、持参したペットボトルなどに入れ持ち帰ることもできます。










DSC_7689.jpg
透明すぎる湧き水の川。










DSC_7695.jpg
湧き水の池に初めて見る野鳥の姿。
頭がブルーグレーで背中はスズメっぽい。










DSC_7698.jpg
アイメイクはちょっと濃いめ。
誰だろう。










こんなに天気がよく暖かいなら弁当持ってくればよかったね、と後悔。
敷物はいつも車に積んでいるのに、残念。
これはリベンジ決定です。










DSC_7725.jpg
弁当のことを想像しているとお腹が空いたので、T橋牧場の新しくオープンしたピザ屋さんで遅めの昼食。
やはりチーズが美味い。
ポテトに添えられているフレッシュバターも美味い。
いつも立ち寄るスイーツ屋さんでアイスも食べましたが、撮る前に口に入れてしまいましたので画像なしです。










DSC_7719.jpg
羊蹄山、見る向きを変えると山の様子も違って見えます。










DSC_7716.jpg
マイナスイオンを浴び、陽の光を浴び、穏やかな1日。









スポンサーサイト
[ 2017/05/11 00:17 ] | TB(0) | CM(2)

2017年旅

登別の水族館へ。
相変わらず嵐を呼ぶヘンタイ。
本当に嵐のような強風の日でした。










DSC_7513.jpg
屋外プールでのアザラシの餌やり。
強風につき、とにかく寒い。
飼育係のお姉さんは素手で魚を与えています。
寒いだろうな。










DSC_7554.jpg
こちらは飼育されている生き物ではありませんが。
違う種同士のトリ会議かと思いきや。










DSC_7552.jpg
白鳥が怒ってます。
どちらに非があるのかは不明。










あまりにも寒いので屋内の爬虫類館へ。










DSC_7546.jpg
似てる。
目の感じといい、耳の穴といい、足のウロコといい。
もっちだ。










少し暖まったところでペンギン。










DSC_7581.jpg
お兄さんの後について行進するペンギン達。










DSC_7564.jpg
他のペンギンはお兄さんについて歩いていくのですが。この子はどうにも周りが気になるようで。
ところどころ立ち止まり、人間の様子を観察しています。
カメラ目線。










DSC_7586.jpg
みなが中心に集まっている時に、ひとり違うことをするペン。










帰りは虎杖浜でたらこ。










IMG_1047.jpg
一番人気だという「たらこ丼」。










IMG_1048.jpg
たらこパスタ。
たらこ三昧うまかったです。










IMG_1052.jpg
古民家カフェに立ち寄りアップルパイ。










DSC_7538.jpg
天気のいい日に出かけたいものです。









[ 2017/04/14 00:17 ] | TB(0) | CM(4)

Y浜の旅 その3

みなとみらい周辺を散策後は中華街へ向かいます。










DSC_7472.jpg 
中華街、再び。










DSC_7476.jpg
中華街の黒いヒト。
ラーメン好きの若いヒト、ラーメンが食べたいというので。










DSC_7471.jpg
目の前にあったお店に入ります。
あんかけ美味しかった。










DSC_7477.jpg
中華街のハト。
真ん中の子が口に茶色いものをくわえてます。
誰かが見つけた食料をつつきますが物体は蒟蒻のようにふにゃふにゃしていて、つつく度にあっちこっちへ飛んでいってしまいます。
目の前に飛んできた物体をつつくと、また他のハト前に飛んでゆく。
そんなことを延々続けていました。
みんなムチムチしていて艶があり、健康そう。

先ほどあんかけとワンタンとサラダとデザートを食べかなりの満腹状態ではあったのですが、絶対に食べようと思っていた豚まんを食べずに帰ることはできません。










DSC_7478.jpg
さすがに普通サイズは食べきれないので小豚まんを。
肉汁が溢れ出る小豚まん、満足です。
次回は絶対に普通サイズを食べることを誓います。










苦しいお腹を抱え、最後の目的地、山下公園へ。










DSC_7482.jpg
やはり目につくのはトリ。










DSC_7484.jpg
トリ。










DSC_7491.jpg
ヘンタイ親子、トリが視界に入ると立ち止まり前へ進みません。
結局、撮るのはトリばかり。










DSC_7487.jpg
少々肌寒かったのですが、Y浜は桜が咲き始めていました。










散策後は一旦若いヒトの部屋へ戻り少々休憩をし、洗濯機の使い方を教え。
どうしても羽田まで送るというので一緒に羽田へ向かいます。
この辺りまで来ると、いよいよさよならだな・・・と寂しさが込み上げてきます。
千歳から1時間半も飛行機に乗ればすぐに会える距離なのですが、やはり当たり前に一緒に生活していたのと離れてしまうのとでは違います。
Y浜駅から羽田までは30分弱だったのですが、数分で着いてしまったような感覚。
空港に着いたのは離陸の約1時間前。
この後、若いヒトは友人宅に行くというので、このままここで別れようと思っていたのですが、最後に飯食おう!とのお誘いが。
気を遣ってくれているのだな、と・・・沁みます。










DSC_7496.jpg
飛行機を見ながらの夕食。
乗りたくないな。










IMG_0923.jpg
頭がぼーっとしており、写真を撮る前にナイフを入れてしまったため肉汁が溢れ出ています。
ここで話したこと、覚えておりません。
ハンバーグの味も、覚えてません。
鉄板がジュージュー音を立てていたことだけが、はっきり耳に残っています。
若いヒトを送り出し、最後に一緒に食べたのがハンバーグだったってこと、一生忘れることはないでしょう。
自分がごちそうしたいと言うので、ここは甘えてごちそうになりました。










その後、保安検査場に向かい「ただいま」記事へ続きます。










22年間、あっという間だったな。
人生山あり谷あり嵐あり・・・でしたが、若いヒトもめでたく社会人となり一安心です。
自分の人生を大切に、そして堅実に歩んでいってほしいと思います。










本日入社式だった若いヒトに「入社おめでとう」と送ったところ、「ありがとう!ケツ痛い」との返事が。
スリムな体型なので、長時間座っていると「ケツ」が痛くなる若いヒト。
元気そうで何よりです。








[ 2017/03/31 20:29 ] | TB(0) | CM(2)

Y浜の旅 その2

旅の最終日は朝から若いヒトと観光です。
まずは、みなとみらい周辺を散策。










DSC_7377.jpg










DSC_7395.jpg
白いヒト発見。










DSC_7400.jpg
しかし、その模様は北海道で見るカモメとは違うようです。










DSC_7403.jpg
赤レンガ倉庫など観光スポットを巡り。
まさか、ここには行かないだろうと思っていた場所へ。
若いヒトの提案です。










DSC_7459.jpg
ここ。
自分だけのオリジナルカップ麺を作れるそうです。
はじめに手を消毒し、空のカップに絵を描きます。
絵のセンスは誰にも負けないmaru、この時点でかなり怪しい予感。
カップが出来上がると麺を入れてもらいます。










DSC_7434.jpg
次は好きな具を4種類まで選び、蓋をしてもらいます。










DSC_7435.jpg
こ・・・これは。










DSC_7438.jpg
人目につくところに置かれたゾウリムシカップ麺。
誰にも見られませんように・・・と祈るばかりです











DSC_7443.jpg
包装され出てきた怪しい絵のカップ麺。
大急ぎで隠しました。
だって・・・。










DSC_7420.jpg
コレですよ。










DSC_7444.jpg
こんな風にラッピングされても、人目にさらしぶら下げて持ち歩くことはできません。
急いでバッグの中へ。










あまりの絵心のなさに落ち込みましたが、若いヒトとこういったテーマパークに来たのは小学校ぶり。
大人になっても楽しいものだと思いました。










DSC_7370.jpg
次はこちらの展望フロアへ。










DSC_7373.jpg
分速750mの日本最速エレベーター。
約40秒で69階に到着するので耳の違和感が半端ない。










DSC_7463.jpg
横浜港方面。










DSC_7467.jpg
ここの真ん中あたりに若いヒトの住むマンションがあります。
北海道でいうと、札幌駅とか大通駅周辺で暮らすというイメージ。









[ 2017/03/28 19:12 ] | TB(0) | CM(2)

Y浜の旅 その1

到着した日は雨。
羽田からY浜駅へ行き、そのまま区役所へ行き転入届を出しました。
無事手続きが終わり、若いヒトの部屋を確認しに行きます。
ワンルームのマンションですが、思っていたより広くてよかった。
この日は部屋の中に荷物が何もない状態なので、ホテルに宿泊です。










IMG_0857.jpg
ホテルロビーからの眺め。
夜は夜景を見に行こうと思っていたのですが、あいにくの雨によりガスがかかっていたので断念しました。
ホテルの下の階はショッピングモールになっているので、足りない物などを買い足し夕食へ。










IMG_0855.jpg
1軒目では軽く食べ、お店のハシゴをしようという計画だったのですが、食後はどっと疲れが出てしまい部屋へ戻ることに。
早々に就寝です。










翌日、雨は上がっています。
午前中にネット回線の工事に来るので、部屋に向かいます。










DSC_7409.jpg
Y浜のハト会議。










IMG_0867.jpg
最寄駅の様子。










回線工事は早々に終わり、昼からの荷物搬入まで時間があるのでY浜駅周辺を散策しながら早めの昼食を。
若者は肉食。
アラフォーmaru、昼前からの揚げ物はかなりヘビーです。
でも美味しそうだったので食べちゃいました。










IMG_0878.jpg
牛カツ。
若いヒトはご飯をおかわり、maruはワサビを二人分食べました。
部屋に戻り荷物を待っていると、お腹の調子がどうにもこうにも怪しい予感。
午前からの揚げ物にお腹がびっくりしたのか若いヒトの新居で、滅菌済みシートが張られた未使用のトイレで、まさかの初うん◯。
ごめんなさい。










その後、引っ越し作業は順調に進み、夕方には綺麗に片付きました。
若いヒトは同じく横浜勤務となった大学の友人と出かける予定なので、夜は別行動です。
maruはボウシ友あきらさんと中華街へ。
待ち合わせ時間より少し早く着いたので、どの出口から出ればいいですか?と連絡を入れたところ、迷子になるので動かないでくださいとの警告が。
おとなしく改札で待ちました。
間もなく到着したあきらさん。
あれれ、口にはマスク。
風邪でも引いてしまったのかな、体調は大丈夫なのだろうか・・・などと心配していると、実は・・・といきなりマスクを外し中の様子を公開してくれました。
鼻にはキズパワーパッド。
痛々しく滲む血。
今朝齧られたばかりの新しい傷でした。
ブログでは何度か見ていますが、生の鼻()はお初です。
お大事にしてね。










IMG_0883.jpg
中華街を散策し、夕食へ向かいます。
お店の予約など全てお任せでした。
ありがとうございます。










IMG_0885.jpg
夕食はこちら。










IMG_0887.jpg
コース料理の前菜。
味はもちろん、目でも楽しむことができます。
この後、続々と美味しいお料理が運ばれてきます。
詳しくはあきらさんのブログで。
そして、若いヒトの就職祝いにとごちそうして頂きました。
その本人が欠席なのにお祝いをして頂き、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
美味しいお料理に、深〜いトリバナ。
楽しい時間をありがとう!
そして、ごちそうさまでした。










帰りは電車を乗り換え、一人で部屋に戻ることができました。
なーんだ、都会の電車も簡単!と、自信満々なY浜2日目の夜。








[ 2017/03/28 01:11 ] | TB(0) | CM(4)