FC2ブログ









A山ZOO その2

猛禽たちの住まいへ。










DSC_1560.jpg
うふっ。とは言っていません










DSC_1567.jpg
A山に来ると、観察時間の大半は猛禽たちに費やします。










DSC_1573.jpg
脇のお手入れは入念にね。










DSC_1574.jpg
「おとーさん、遅かったわね」とは言っていません
モモヒキの縞模様が美しすぎる。










DSC_1580.jpg
彼らの住まい。
多摩動物公園に比べたら随分小さいけれど、道内ではかなり大きい方だと思います。










DSC_1593.jpg
頭突くヒト。










DSC_1609.jpg
キリンの頭を間近で見たのは初めてだけど、シワシワになっているんだ。










DSC_1615.jpg
気温はマイナス2.5度。
A川にしては随分暖かい。










お昼の時間はとうに過ぎてしまいましたが。










IMG_4822.jpg
森の中のこちらで。










IMG_4811.jpg
お昼ご飯。










IMG_4817.jpg IMG_4818.jpg
スープとサラダと自家製パン。










IMG_4819.jpg
アグー豚のトマトソースパスタ。










IMG_4813.jpg
つらら。
最近は無落雪屋根ばかりだから、つららを見る機会も減ってしまったな。
子供の頃はポキっと折って遊んでいたっけ。実はけっこう危ないんだけどね
「つらら注意!」「落雪注意」なんて立て看板があったりして。
子ペンギンの足元の雪玉といい、つららといい、懐かしいものを見ることができたA川の旅。









スポンサーサイト



[ 2020/01/24 00:28 ] | TB(0) | CM(2)

A山ZOO その1

A山動物園へ。










DSC_1508.jpg
やっと、まとまった雪が降ったところ。
到着したタイミングでペンギンの行進が始まるとのことなので指定場所に向かいます。










DSC_1513.jpg
もはやここには、ペンギンと賑やかなツアー客のみ。
日本人の姿はほぼ見当たりません。










DSC_1517.jpg
着膨れMAXな子、足元が気になる。
そういえば子供の頃、maruも同じ経験をしたなぁと思い出す。










DSC_1518.jpg
雪で遊んだ後は毛糸の足カバーが雪玉だらけになったっけ。
これ、引っ張っても簡単には取れないんだよね。バリバリの昭和ネタです










DSC_1528.jpg
この日は日差しが強く。










DSC_1532.jpg
みんな気持ちよさそう。










DSC_1542.jpg
頭上に移動した雪ひょう。










DSC_1540.jpg
肉球が。










DSC_1545.jpg
尻が。










DSC_1554.jpg
日向ぼっこ気持ちいいね。









[ 2020/01/23 14:12 ] | TB(0) | CM(2)

2019年 K戸0縄の旅その7

最北端から南下し、お昼過ぎにはホテルに戻ります。










IMG_4692.jpg
和牛カルビのひつまぶし。
食後はお部屋でのんびり過ごします。










DSC_1495.jpg
強風。
しかし雨は止んでいるのでベランダで海を眺めてみたり。










夕食は予約していたホテル内のレストランにて。










IMG_4698.jpg
最終日の夜、O縄の旅に乾杯。
どこでも出没する黄色いヒト










IMG_4710.jpg
天気がよければテラス席が気持ちよさそう。










IMG_4699.jpg
グリルまぐろとごろごろ野菜の熱々ニース風サラダ。
ロメインレタス大好きです










IMG_4700.jpg
沖縄近海魚アクアパッツァ。
濃厚なお出汁、自分で作るものとは別物です










IMG_4701.jpg
魚介と島豚ソーセージ 季節野菜のラクレットチーズ掛け。










IMG_4702.jpg
この中でmaruが一番好きなもの。
それはズッキーニ。
熱々のお料理にはストウブ鍋が使われています。
我が家でも愛用していますが平らなタイプは持っていない、これがあればmaruのお料理も少しは美味しくなるかも!
それ以前の問題だよな・・・










IMG_4703.jpg
サーモンとイクラのカルボナーラ。










この辺りでお腹がパンパン気味だったのですがやはりデザートも。










IMG_4704.jpg
さんぴん茶のブランマンジェ、紅塩アイスとシチリアのオリーブオイル。
以前、初めて食べた時には「合うのだろうか」と疑問でしたがオリーブオイル、合うんです。
ごちそうさまでした。










IMG_4678.jpg
翌日は午前にホテルを出発し。










IMG_4712.jpg
A320にて関空へ。
これに乗りたいがために経由便で帰りました。
座席数160余りの機材、札幌↔︎各空港では運行していないので搭乗できる機会が滅多にないのです。










IMG_4713.jpg
近距離国際線にも使用されているため、すべての席にモニターが付いてます。
そして、いちばん驚いたのはエンジン音が静か、とても。
出力を上げてもB777や767のような音が聞こえてこない。
旅でのんびりしすぎて色んな器官が鈍ってしまったのかと思ってしまうほど。










IMG_4648.jpg
O縄では天気が悪かったのですが、ホテルでのんびり過ごすことができ、よい休養になりました。










2019年 K戸O縄の旅、おしまい。




[ 2019/12/02 22:22 ] | TB(0) | CM(0)

2019年 K戸0縄の旅その6

翌日。










DSC_1498.jpg
前日よりは明るいものの雲は厚く、相変わらず風は強い。
曇っているのに海の色が美しすぎる!










IMG_4687.jpg
朝食は和食。
プラス白米と納豆もいただきました。
旅に出ると、なぜこんなにも食欲が出るのだろう。










IMG_4688.jpg
デザートにも南瓜の煮付けをいただく。ものすごく美味しい










食後早々に出かけた先はこちら。










DSC_1456.jpg
ゆいゆい国頭。










DSC_1449.jpg
踏ん張るヤンバルクイナの歓迎を受け。










DSC_1453.jpg
トイレのプレートもクイナ。










DSC_1455.jpg
入り口にはデカクイナ。
嘴の先はみんなに愛されすぎて禿げてしまったのだろうか。










こちらではヤンバルクイナの陶器などを購入。
お買い物を済ませ北へ向かいます。










DSC_1466.jpg
最北端の岬、辺戸岬。
那覇市内から約120㎞。
北に向かうにつれ天気は悪くなる一方で、とにかく風が強い。
天気がよく風も弱ければ遊歩道を散策したかったのですが今回は諦めます。
大石林山の散策コースも行きたかったのですが雨と強風のためキャンセルです。










DSC_1460.jpg
でん!










DSC_1462.jpg
ででん!










DSC_1463.jpg
でででん!










DSC_1464.jpg
でーんっ!!もう、いいって?










DSC_1458.jpg
巨大なこのお方の内部は展望室になっており。










DSC_1469.jpg
お胸のところと。










DSC_1461.jpg
脇のところから海を望むことができます。
「ヤンバルクイナ展望台」










DSC_1474.jpg
胸からの景色。
ほとんどの方は岬にある展望台から景色を眺めることと思いますが、maruとmaru夫はこちらから。
ちなみに、岬の展望台には観光客の方々がいましたが、ここには誰一人いません。
んー、我が家の行きたいポイントはやはり普通とちょっとずれている?










DSC_1482.jpg
下から。










DSC_1489.jpg
雨風さらに激しくなり、本日の予定はこれで終了。









[ 2019/11/29 23:50 ] | TB(0) | CM(0)

2019年 K戸0縄の旅その5

インコランド(正式名ではありません)を出て向かった先は。










DSC_1422.jpg
森の中のカフェ。










DSC_1424.jpg
バリの絵が飾ってあります。我が家もバリの絵だらけなので妙に落ち着く










IMG_4645.jpg
ゴーヤピザとアイスコーヒー。
こちらのコーヒーの香りとコク、好みの味なんです。
テーブルの向かい側で「気をつけ」をして撮影が終わるのを待っているmaru夫のことは見なかったことにしてください










軽く食事をいただいた後はホテルへ。
夕食までお部屋でのんびり過ごします。










IMG_4657.jpg
ただいま。ポインコは連れて出ていますのでご心配なく・・・って、心配してない?










DSC_1445.jpg
リビング。










DSC_1442.jpg
顔の塗装をするこちらの場所はとても重要なポイント。










DSC_1443.jpg
お風呂も十分な広さがあり。










DSC_1448.jpg
キッチン完備。
長期滞在も可能です。
っていうか私、ここに住んでもいいですか?










そして何より嬉しかったのは。










DSC_1433.jpg
ベッドルームが二つ。
maruにとってはここが大問題となります。
自宅ではそれぞれの寝室で就寝しているため、旅に出ると同じ部屋で眠るということが大問題になる。
いびきで眠れない、寝息も気になってしまう。
結果、旅の間はほぼ睡眠時間ゼロに等しい。
若い頃はそれでも平気でしたが、ここ最近はさすがに堪える。
いつもはツインで予約しておりますが、今回は嬉しい2ベッドルーム。
横になった瞬間、眠りにつける幸せ。










IMG_4672.jpg
この日の夕食はこちら。
ん?「猫」出勤中!?










IMG_4660.jpg IMG_4661.jpg
お刺身とゴーヤチャンプル。
そして。










IMG_4663.jpg
ニャンコ先生。
んー、カワイイ!
ステキな模様に唐草模様の襟巻きをしたオシャレさん。
店主の方に撫でてよいかお聞きしたところ、遠慮なく触ってください、とのお言葉をいただいたので。










IMG_4665.jpg
遠慮なく。
「あ・・・変なおばちゃんが来た」
「父ちゃん、撫でていいとか勝手に言わないでよね!」
若干かなり?顔を背けているあたり、センセイ的には迷惑行為なのかもしれない。
ごめんよ、触らせてくれてありがとう。










IMG_4666.jpg
カウンター上にもひとり、爆睡中。










IMG_4667.jpg IMG_4668.jpg
紅芋のコロッケとグルクンの唐揚げ、もずくの天ぷら。










IMG_4669.jpg IMG_4671.jpg
厚揚げと紅芋アイス。
どのお料理も器がとってもステキ。
特にゴーヤチャンプルの器、魚の絵。










沖縄を代表するお料理たち、大変美味しかったです。









[ 2019/11/28 18:41 ] | TB(0) | CM(4)