2017年 紅葉の旅 その1

今年の紅葉見学は層雲峡へ。










DSC_8359.jpg
層雲峡に近づくと、このような景色が続きます。










DSC_8346.jpg
黒岳の駐車場で車を降り。










DSC_8300.jpg
散策路を歩いてみることにします。
往復で1時間弱、ちょうど良いではないか・・・と思っていましたが。










DSC_8297.jpg
半分ほど登った辺りから足元は険しくなっていき。










DSC_8310.jpg
足を踏み外したら、冷たい水の中へ真っ逆さま。










DSC_8315.jpg
想像より急勾配。
息を切らせながら必死に登った先には。










DSC_8320.jpg
紅葉滝。
いや、思っていたほどでも・・・。
今時期ではなく、真夏に登った方が水しぶきが気持ちいいかも。










DSC_8329.jpg
必死で登った先の滝を見るより、黒いヒトを見る方が感動を覚えるのは気のせいだろうか。










そして、駐車場に向かい温泉街を歩いていたところ。










DSC_8334.jpg
道路脇にシカ。










DSC_8339.jpg
数分間滞在し森の中へ帰って行きました。










DSC_8350.jpg
やはり、こちらは寒い。










DSC_8353.jpg
陽の光を浴びてもやはり寒い。










DSC_8368.jpg
空気が、冷たい。










DSC_8327.jpg
「紅葉の旅その1」おしまい。
「その2」は12月、鎌倉へ。









スポンサーサイト
[ 2017/10/13 20:34 ] | TB(0) | CM(2)

2017年 旅 鳥編 

旅の2日目はニセコ方面へ。
昼を過ぎると麺が完売につき閉店してしまうこともあるので、まずは昼食。










IMG_1619.jpg
ようてい庵の蕎麦、久しぶりです。
今や人気店となってしまい、30分ほど待ちました。










IMG_1617.jpg
ざると野菜の天ぷら。
ここの蕎麦を食べるために、車を1時間半走らせたこともあるほど美味しい蕎麦です。










食後はダチョウの牧場へ。
コーンとオート麦の入った餌を買い。










DSC_8127.jpg
餌やり。
こうして見ていると静かに食べているように見えますが。










DSC_8118.jpg
実はこんな。
食べ方はかなり激しい系。
の結果。










DSC_8077.jpg
餌は激しく飛び散ります。










DSC_8110.jpg
餌の乗せ方を間違うと手を食われます。
後ろで心配そうに見つめる仲間。
もしくは「その5本付いている細長い物は美味いのか?」と言っているのか。










DSC_8079.jpg
ヘンタイ②も手から餌やり。
ん?
注意書きの看板が・・・。
そうなんです。










DSC_8116.jpg
本当はここに餌を撒くのです。
が。










DSC_8155.jpg
手から与えるヘンタイ①と、勝手にお触りヘンタイ②。










DSC_8164.jpg
手から与えるヘンタイ②と、勝手にお触りヘンタイ①。
誰か、通報してください。










触った感触はゴワゴワ硬いです。
産毛のように柔らかく見える頭の毛、なかなかの剛毛です。
そんなことをして喜んでいると、小さな子を連れた家族が続々やってきたので、悪い見本のヘンタイ達は餌やり終了。










DSC_8181.jpg
長いまつ毛に。










DSC_8180.jpg
極太ツクツク。










DSC_8183.jpg
モモはツルっツル。










DSC_8223.jpg
こちらはニセコ道の駅にあるツバメの巣。
毎年営巣しているようで、下に糞が落ちないように傘を逆さに取り付けてあります。
巣の下には売店があり、人が歩く通路になっています。










DSC_8224.jpg
温かく見守る心遣いが嬉しいです。










DSC_8185.jpg
8月の旅、おしまい。









[ 2017/08/21 01:29 ] | TB(0) | CM(2)

2017年 旅

今春より横浜市民となり、東京勤務をしているシティーボーイ。
しばらく自然に触れていないだろうと余計な心配をし、1週間の滞在中、2日間だけ北海道の自然の旅に付き合ってもらいました。










DSC_8053.jpg
崩落のため今年で見納めではないか、とも言われているタウシュベツ川橋梁へ。
今年春、湖面より姿を現した時に大きな崩落箇所があり、2003年の十勝沖地震でも一部が崩落しているそうです。










DSC_8055.jpg
橋の近くまで行けるガイドつきツアーもあります。











昼食は近くの洋食屋さん。
ハンバーグが出来上がるまでの待ち時間に記念撮影を。










IMG_1609.jpg
ん?
腕に梅干し?
いいえ、梅干しではありません。
2日前に熱々の鍋の縁でジュっと焦がしてしまった腕。
パンパンの水ぶくれが丸2日続きました。
※水ぶくれは破れることなく、現在は無事しぼんでおります










IMG_1612.jpg
おろしポン酢のハンバーグ。
自宅の1階がお店になっている小さな洋食屋さん。
ご主人が調理、奥様が盛り付けやホール、そして小学生の姉弟が手伝っています。
その子達の見事な仕事っぷりには感動を覚えました。
「いらっしゃいませ」から始まり、姉がお水を運びオーダーを取り、料理を運ぶ。
弟は食後の食器の片付けやテーブルセッティングを担当。
無駄な動きは一切なくヘタなバイト君よりよっぽど真面目で働き者です。










DSC_8056.jpg
標高約800mのナイタイ高原牧場。
天気が良ければ素晴らしい景色を見ることができたのに。
残念だなと思っていると「ニャーン」と鳴く声。
振り返るとこちらに向かって走ってくるニャンコ。










DSC_8064.jpg
すり寄ってきますが。










DSC_8061.jpg
ベタベタ触るとすり抜けていきます。
首輪には名前と連絡先。
「つむつむ」です。










DSC_8068.jpg
売店の方に聞くと元は捨て猫だったそう。
今は売店の店主の方のお家で飼われているそうです。










DSC_8060.jpg
雲が厚く、高原の風景は残念。










DSC_8073.jpg
道路はこんな。
相変わらず嵐を呼んでいるようです。










IMG_1615.jpg
帰りは帯広で豚丼。
若者の胃袋に合わせて食べていたため、かなりもたれています。
脂っこいもが食べられなくなったなと、寂しさを感じる今日この頃。









[ 2017/08/19 21:41 ] | TB(0) | CM(6)

Y浜の旅 6日目

最終日。
電車に乗る前に、お土産を自宅に発送するため宅急便の営業所へ向かいます。
この日もかなり暑い。
受付のおばちゃん(自分もおばちゃんですが・・・)は何とも頼りない不安な様子でしたが、料金も払い無事発送準備完了。
炎天下の中、駅へ向かい改札を通った時。
改札にかざしたスマホの画面に「着信あり」と。
知らない携帯番号でしたが、ついさっきの話なので宅急便のおばちゃんかなと思い折り返してみると、やはりおばちゃん。
大変申し訳ないと泣きそうな声で箱代を徴収するのを忘れてしまった・・・と。
あまりにもかわいそうだったし、支払った代金に箱代も入っているのか確認しなかった自分にも落ち度はあるし、改札を通った後でしたが駅員さんに事情を話し、IC履歴を消してもらいました。
炎天下の中、再び営業所へ向かい箱代140円を払い再び炎天下の中、駅に戻りました。
あぁ、どうしていつもこうなのだろうか。
余計な汗をかいてしまったではないか。

気を取り直し、本日1軒目の目的地へ。










IMG_1368.jpg
山下公園近くにあるこちらのお店。










IMG_1372.jpg
名物のスパピザ。










IMG_1373.jpg
熱々の鉄板にトマトソースのパスタ、プリップリのエビとたっぷりのチーズが乗せられています。
思っていたよりボリューム満点だったので食べ切れるかな・・・と不安になりましたが。










IMG_1374.jpg
あっさり完食。
チーズの欠片も残ってません。










IMG_1375.jpg
満足です。










IMG_1379.jpg
元町を散策。
横浜の街は石畳が多くて美しい。










IMG_1394.jpg
坂道を上り、港の見える公園へ。










IMG_1396.jpg
ベイブリッジ方面。
この時は、まさかあんな事情でこの橋を渡ることになるとは思ってもいません










IMG_1403.jpg
公園周辺には歴史ある建造物が多く、こちらはイギリス館。










IMG_1413.jpg
中を見学。
歩いていると、所々ミシミシと音がします。










IMG_1407.jpg
大きな鏡台の細い柱。
あっという間にトリ達の餌食になるだろうな。










IMG_1428.jpg
来た時とは違う坂道を下ってみました。










若いヒトに鍵を借りていたので夕方早めに部屋へ行き、夕食を作り冷蔵庫に入れておきました。
自炊していたのは最初だけで、今では完全外食になってしまったそうです。










たっぷり遊びました。
いよいよ出発。
空港には1時間半前には着く予定で電車に乗ります。
の、予定でした。
乗り換え電車の時間も全て検索済みで完璧だったはずなのに、肝心の電車が来ません・・・よ?
横浜駅で空港行きの快速に乗り換える予定ですが、横浜駅行きの電車が来ません。
乗り換えアプリが故障?←アホです
すると、駅ホームにアナウンス。
あ、ヤバいやつだ。
本当にタイミングの悪すぎる人間だな・・・と痛感いたしました。
乗る予定の15分前に人身事故があったそうで。
アプリで検索したのは30分ほど前なので、事故の情報など出ている訳ありません。
数分遅れで電車がホームに入ってきたのでとりあえず乗り込みますが、横浜駅より先の駅で運休しているため信号が青にならないと発車できないと。
うーん。
動かない電車の中でスマホから煙が出るほど必死に検索しました。
せめて横浜駅まで辿り着けばバスなりJRなり、他の方法はあります。
しかし、バス乗り場までは少々離れているから移動に時間がかかるし、JRだと乗り換えをしなければならないので倍の時間がかかってしまう。
しかも、JRの改札までの移動時間もあるので1時間以上かかると思われます。
ということは、この時の時間19:30。
ここから1時間以上となると・・・間に合わないではないか。
飛行機は最終便の21:00発。
身体中から変な汗が滝のように流れます。
このまま電車の中にいても解決できないので改札を出ます。
さっきは小雨だったのに、なぜか土砂降り。
最悪に最悪をプラスです。
まずは横浜駅まで行かないと話にならないので、土砂降りの中スーツケースを転がしながらタクシーを探すも、一台も来ません。
そうだった、この駅。
春に来た時もタクシーがつかまらなくて困ったのだった。
やっと1台の姿が見えたのは駅を出てからすでに15分後。
車道にはみ出て必死にタクシーを止め、運転手さんに事情を話しました。
どの方法がいいか検討しましたが、ギリギリでも間に合いそうな方法はこのまま空港へ向かうこと。
駅も混雑しているだろうし、バス乗り場で降ろされても迷う自信がある。
ということで直行願いました。
時刻は19:50。
一度は通ってみたかった横浜ベイブリッジ、こんな形で通ることになるとは。
雨も強く、精神状態も不安定なため写真を撮る余裕などありません。
首都高湾岸線なんて、テレビでしか見たことのない高速を通ったのに写真を撮れるような状況ではなかったという・・・。
一度お祓いに行った方がいいのでしょうか。

移動中、念のため運航状況を検索すると、ひとつ前の便は視界不良につき条件つきとなっています。
タクシーに乗り急いで空港まで来たのに、肝心の飛行機が引き返してしまったらもう・・・笑うしかありません。

運転手さんは偶然にも札幌出身の方で驚いていました。
横浜から空港まではたまにお客さんを乗せるけど、札幌出身は初めてだそうで。
道中、話をしてくれたおかげでこちらの心も落ち着きました。
ドキドキハラハラの羽田までの道のり、車が空港入り口に着いたのは20:25、ギリギリセーフです。
助かった!
運転手さんにお礼を言い、また横浜に来た時には利用させて頂きますと伝え名刺を頂戴してきました。

千歳は濃い霧でしたが引き返すことなく無事着陸。










IMG_1453.jpg
コーヒーを入れたカップの微笑みに、ちょっとだけ癒された帰りの機内。










2017年横浜の旅、おしまい。









[ 2017/07/21 01:45 ] | TB(0) | CM(6)

Y浜の旅 5日目

この日は朝から横浜動物園ズーラシアへ行く予定。
気温は晴れの33度とか。
水持参で出かけます。










DSC_7893.jpg
正門に到着。
思っていたより暑くなかったので、歩いて見学できそうな予感。










DSC_7895.jpg
入ってすぐのゾウが水浴び中。
その他の動物も撮りましたが、省略。










DSC_7901.jpg
バリの国鳥。
南国の鳥ですから、暑さは得意でしょう。










DSC_7904.jpg
日差しが強くなり、暑くなってきました。










DSC_7912.jpg
黒いヒトも暑くて口を開けてます。










DSC_7921.jpg
決して美人顔とは言えませんが、好きなタイプです。










DSC_7920.jpg
この子は近くに寄ってきて離れません。
変な鳴き声で尻尾を広げ、クネクネダンスをしていました。
まさか、求愛されていたワケでは・・・ないよね?
動画を撮ればよかったと後悔。










DSC_7978.jpg
この子の顔も。










DSC_7977.jpg
タイプです。










DSC_7980.jpg
頭はハゲてますが。










DSC_7981.jpg
羽が眩しすぎ。
人間用のお洋服でも、こんな柄がありそうです。










DSC_7930.jpg
鳥好きならば必ず立ち寄るであろう、放し飼いゾーン。
鮮やかな羽のオシドリや鴨などの水鳥、ハト類などなど、たくさんいます。










DSC_7943.jpg
移動中のオウギバト+飛行中のスズメ。
冠羽の先が白いのがオウギバト、冠羽の先が白くないのがカンムリバトだそうです。










DSC_7934.jpg
ここは終始ヘンタイの貸切状態でした。
楽しかった。
夢中になりすぎて、気温もすっかり上がっていることに気付きませんでした。
放し飼いゾーンを出たら、急に汗が流れ始めたので急いで水分補給と木陰で一休み。










DSC_7964.jpg
休憩中に見つけた野鳥。
画像の真ん中よりやや下に写ってます。










正解はこちら
  ↓
DSC_7964-1.jpg










DSC_7963.jpg
園内は、このような道が迷路のように続いています。










DSC_7948.jpg
あぢー。










DSC_7957.jpg
ずっと同じ場所から動かない。
オオワシもカラスも暑くて口を開けているのに、口も開けずに陽に当たり続けています。










DSC_7988.jpg
午前10時半頃に入場し、入り口から最も遠いこの場所へ到着したのは午後1時頃。
2時間以上歩きました。
さすがに暑すぎなので店内で涼み。










DSC_8014.jpg
猛禽のショーや。










IMG_1348.jpg
インコ達のショー。










IMG_1347.jpg
お姉さんからお姉さんまで、一生懸命飛んでました。










IMG_1344.jpg
横浜のもっくんは、最後にバイバイしてくれます。
「いや〜、あっちいからオレ、早く帰りたいんだよね」
と、言っているかもしれません。










DSC_8029.jpg
暑かったけど、見応えある動物園でした。
過ごしやすい季節にもう一度、一日かけて園内を周りたい。










帰りは横浜駅近くの角平さんで。










IMG_1355.jpg
夕方になってしまいましたが、本日の昼食。










IMG_1353.jpg
つけ天そば。
冷たいそばですが、温かいつゆにつけて食べます。
並盛りで注文しましたが、大盛りにすればよかった・・・と、少々後悔。
そばは歯ごたえのあるツルツル麺です。
想像通りの美味しさでした。









[ 2017/07/14 19:18 ] | TB(0) | CM(2)